メールでのお問い合わせはこちらご相談・お問い合わせ
面白いサイト

面白いサイト

先日面白いサイトを見掛けました。
wranglerというファッションブランドの広告サイトなのですが、マウスで服を脱がしたり人を動かしたりと、面白い表現方法を取っています。

image

WRANGLER BLUE BELL SPRING/SUMMER 2010

Flash好きの自分としては血が騒ぎますね。

マウスで人を動かす感覚はクセになります。是非一度体験してみて下さい。

スタッフブログ|2010年05月28日

白い物体(?)

neko

先日黒い物体という記事がありましたので、対抗してアップロードさせていただいています♪

本当は背中と尻尾がグレーのトラ柄なので、なんとも変なアングルでの撮影となりました(笑)

猫といえば、(人生の不思議がハラオチする)web R25に猫特集がありましたので勝手にご紹介させていただきます。
私も是非「猫の楽園」に行ってみたいです!

スタッフブログ|2010年05月26日

IE6とブラウザについて

IE6のサポートが終了しているにもかかわらず、IE6ユーザーがいまだに6割を占め、ついに開発元が「IE6は9年前の腐った牛乳を飲むようなものだ」と発表、海外サイトで話題になっています。

詳しい記事はこちら↓
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1005/17/news033.html

先日IE7でもバグが生じたように、インターネットブラウザも常に新しい情報、修正パッチが出続けています。IE8が現在リリースされておりますが、速度は確かにIE6に比べるとめちゃくちゃ早いです。まだインターネットブラウザがIE6の方は、是非早めのアップグレードをオススメ致します。そのうち携帯のように「お使いのブラウザではご覧いただけません」なんて表示になる可能性もありそうです。

私のオススメブラウザはやっぱりFireFoxですね。IEよりキレイに表示してくれるので断然オススメです。
FireFoxダウンロードはこちら↓
http://mozilla.jp/firefox/

是非試してみてください。

スタッフブログ|2010年05月26日

5/23 私が一番受けたいココロの授業

会社で入社した際に配っている本があります。

この本のタイトルは『私が一番受けたいココロの授業~人生が変わる奇跡の60分~』です。

kokoro

本の中で仕事に対する心構えなど具体例を元に分かりやすく書かれています。

毎週の社内会議で、この中のディズニーランドの話をメンバーで朗読しました。
この本では3話ほどディズニーの体験談が紹介されており、その中の1つを紹介したいと思います。

———————————————————————————————–

この話はタイトルにあるディズニーランドで起きた話です。

ディズニーランドには毎日沢山のお客様が入場します。

その中で他の人とはちょっと変わったお客様が入場しました。

ご夫婦二人での入場。

このご夫婦はアトラクションを一通り乗り終わった後、
レストランに入りました。

このレストランに入ってくるお客様は家族で入るお客様が多く、
カップルや夫婦二人で食事をしているお客様はいませんでした。

そのレストランに入ってきたご夫婦に、キャストは「お二人ですか?」聞きました。

「2人です。」と答え、二人用のテーブルへ案内。

「ご注文は?」とキャストが尋ね、

二人分の食事コースとお子様ランチを注文しましたが、

「申し訳ございません。お子様ランチは子供の方しか注文することが出来ません。」とキャストは答えました。

しかし、キャストはなぜこのご夫婦がお子様ランチを注文したのかを聞きました。

このご夫婦には一人娘がいましたが5歳で亡くなってしまい、
娘が『ディズニーランドに行きたい』とよく言っていたので、誕生日の日に
してあげようと思いがあって、お子様ランチを注文したのです。

その訳を聞いたキャストは、
「それは大変失礼なことを申し上げました。どうぞ、こちらの席へ移ってください。」と言い、ご夫婦をファミリー用のテーブルへ移動させ、
二人の間に子供用の椅子を用意しました。

そして、二人分の食事コースとお子様ランチが運ばれてきて、

「このお子様ランチは私どもからのサービスです。」と言い、

しばらくすると照明が落ち、アナウンスが入りました。
声のするほうを見ると、ろうそくの火がついたケーキを片手に持って、行儀よく立つキャストの姿。
『本日は特別な日です。
ここにいらっしゃるお子様の誕生日なのです。
どうかみなさま、ご一緒にバースディソングを歌ってください』。

・・・

この夫婦は娘が亡くなったことで、夫婦間に亀裂が走り、
「このイベントを最後にしよう」と離婚の決意をしていましたが、
このディズニーランドのキャストの『おもてなし』で「もう一度二人で頑張ろう」と言い合ったそうです。

———————————————————————————————–

この話を読んで仕事に対する心構えを新たに教えてもらった気がします。

ラクーも仕事上の効率を上げるためにマニュアル化を徹底しています。
いろんな細かい作業を全てマニュアルして効率を上げています。

ただ、そのマニュアル化もお客様があってのマニュアルです。
自分達の都合だけであったり、押し付けてであってはなりません。
お客様の要望をかなえるためのマニュアル化でなくては本来はいけませんね。

弊社のサービスは低価格で品質の良いITサービスをお客様に提供するのが
ラクーのミッションです。これからもお客様本位の姿勢を忘れずにいきたいと思います。

社長ブログ|2010年05月25日

ほしいものリスト

最近ほしいものリストに入ったものです。

Hammock2000

IMG_0339

スタッフブログ|2010年05月25日

黒い物体

黒い物体

上の写真、見方によってはただの黒い物体にしか見えないかもしれません。
でも実は違います。実家で飼っている猫なのです。

先代の猫は白95%くらいでした。
そして現役の猫は黒100%です。
なのでまともに写真に写らないのです(笑)
上手く写真を撮るコツがあれば教えてください!

先週も野暮用で実家に立ち寄る機会がありまして、
とにかくまぁ極めて甘えん坊なんですね。
猫ストーカーならず、猫にストーカーされるという状態です。

ちなみに今マンションではウサギを飼っています。
次回はそのウサギとやらを紹介しようかなと思います。

スタッフブログ|2010年05月20日

04

前回は意味不明な記事失礼いたしました。
寒くなったり一気に暖かく(暑く?)なったり、春はどこいったのか。
なんて思っていたら、最近は過ごしやすい天候が続いていますね。冷暖房が要らない日々というのは大変すばらしいと思います。

話は変わって、みなさまは洋服など買うときやコーディネートするとき、色合いはどれくらい気にされるのでしょうか。
わたしはいわゆる差し色といわれる、同系色の中にひとつ違う色を混ぜるのが好きなのですが、でも最近はそれが行き過ぎてただカラフルなだけになってきてしまいました。

最近はまっている色の組み合わせは

こんな感じです。
オーソドックスですね。でも多くの人を惹きつける魅力があるから、オーソドックスになるんだと思います!

冬は紺色と黄緑ブームだったのですが、
最近は水色と茶色ブームな感じです。
特に茶色は何色に合わせてもかわいいのでたまらないですね。

でも、もう若くないのでこれからはもう少し落ち着いた色を着たいと思います。

スタッフブログ|2010年05月18日

5/16 『縁を生かす』

最近読んだ「心に響く小さな5つの物語」の本をご紹介します。
人間学の致知出版社『致知』が発刊しています。

5story_cover

5章に分かれており、とても感動するお話が多かったので
ここで紹介させて頂きます。

その中でも最後の5章目のお話はぐっと来ました。

——————————————————————————————-

『 縁を生かす 』

その先生が五年生の担任になった時、

一人、服装が不潔でだらしなく、どうしても好き

になれない少年がいた。

中間記録に先生は

少年の悪いところばかりを記入するようになっていた。

ある時、少年の一年生からの記録が目に止まった。

「朗らかで、友達が好きで、人にも親切。

勉強もよくでき、将来が楽しみ」

とある。

間違いだ。他の子の記録に違いない。

先生はそう思った。

二年生になると

「母親が病気で世話をしなければならず、

時々遅刻する」

と書かれていた。

三年生では

「母親の病気が悪くなり、疲れていて、教室で居眠りする」

三年生の後半の記録には

「母親が死亡。希望を失い、悲しんでいる」

とあり、

四年生になると

「父は生きる意欲を失い、アルコール依存症となり、

子どもに暴力をふるう」

先生の胸に激しい痛みが走った。

だめと決めつけていた子が突然、

深い悲しみを生き抜いている生身の人間として

自分の前に立ち現われてきたのだ。

先生にとって目を開かれた瞬間であった。

放課後、先生は少年に声をかけた。

「先生は夕方まで教室で仕事をするから、

あなたも勉強していかない?

わからないところは教えてあげるから」

少年は初めて笑顔を見せた。

それから毎日、

少年は教室の自分の机で予習復習を熱心に続けた。

授業で少年が初めて手をあげた時、

先生に大きな喜びがわき起こった。

少年は自信を持ち始めていた。

クリスマスの午後だった。

少年が小さな包みを先生の胸に押しつけてきた。

あとで開けてみると、香水の瓶だった。

亡くなったお母さんが使っていたものに違いない。

先生はその一滴をつき、

夕暮れに少年の家を訪ねた。

雑然とした部屋で独り本を読んでいた少年は、

気がつくと飛んできて、

先生の胸に顔を埋めて叫んだ。

「ああ、お母さんの匂い!

きょうはすてきなクリスマスだ」

六年生では先生は少年の担任ではなくなった。

卒業の時、

先生に少年から一枚のカードが届いた。

「先生は僕のお母さんのようです。

そして、いままで出会った中で一番すばらしい先生でした」

それから六年。またカードが届いた。

「明日は高校の卒業式です。

僕は五年生で先生に担当してもらって、

とても幸せでした。おかげで奨学金をもらって

医学部に進学することができます」

十年を経て、またカードがきた。

そこには先生と出会えたことへの感謝と

父親に叩かれた体験があるから

患者の痛みがわかる医者になれると記され、

こう締めくくられていた。

「僕はよく五年生の時の先生を思い出します。

あのままだめになってしまう僕を

救ってくださった先生を、神様のように感じます。

大人になり、医者になった僕にとって

最高の先生は、

五年生の時に担任してくださった先生です」

そして一年。

届いたカードは結婚式の招待状だった。

「母の席に座ってください」

と一行、書き添えられていた。

『致知』連載にご登場の鈴木秀子先生に教わった話である。

たった一年間の担任の先生との縁。

その縁に少年は無限の光を見出し、

それを拠り所として、それからの人生を生きた。

ここにこの少年のすばらしさがある。

人は誰でも無数の縁の中に生きている。

無数の縁に育まれ、

人はその人生を開花させていく。

大事なのは、与えられた縁をどう生かすかである。

——————————————————————————————-

ご縁というのはとても不思議だと思います。

周りの友人、会社のメンバー、お客様などいろんなご縁があります。

ご縁を生かすも殺すのその人次第です。
そのご縁を大事にして、恩に報いるという気持ちがなければ、
せっかくのご縁も生かすこともできません。

ご縁を大事にして、相手のことを思いやり、大切に考えることが
人生をより豊かにすることなんだなぁ思います。

会社に集まっているメンバーも、やる気があり前向きな人が多いのも何かご縁です。
とてもよい環境、雰囲気の中で仕事をさせてもらっています。

そして、私がホームページ制作の仕事をさせてもらっているのもご縁があるからです。
立上げ当初は仕事が少なく、仲間の経営者の会社のホームページをボチボチと制作させてもらいました。
中には会社立上げのお祝いとして制作させてくれた方もいます。
それを元に今は実績ができ、より大きな仕事もとれるようになりました。

これからもいろいろなご縁を大事にしていきたいですね。

社長ブログ|2010年05月17日

お誕生日

先日、会社でお誕生日を祝ってもらいました!

IMG_6807

お祝いのケーキは、春らしいストロベリー+チーズケーキでした!

とってもおいしかったです!
ありがとうございました!

スタッフブログ|2010年05月15日

東京

GWに東京へ行ってきました。結婚式の翌日で一日しか居られませんでしたが、東京の観光という観光をしたことが無かったのでお台場へ行ってきました。フジテレビ生まれてはじめていきました。芸能人には会えませんでしたが、セットやおみやげ物がすごくよかったです。番組ごとのグッズも売っていて思わずたくさん買い物してしまいました(笑)

Image951
球体。はちたまに入りました★

ガンダムはもう撤去されてしまっていませんが、最近出来たガンダムバー行ってきました。かなりのちょうだの列でした!
Image952

スタッフブログ|2010年05月14日

ホームページ運用相談作成依頼はこちらから

0120-982-419

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP