「クラウド」について調べました

「クラウド」について調べました

「クラウド」という言葉は以前からなんとなく知っていましたが、この業界にいるし、ちゃんと知っておこうと思って調べました。
素直に「雲(cloud)」という意味だと思っていたら、「群集(crowd)」という意味もあるみたいです。

分かりやすく説明してある記事はこちら↓
「クラウド」という言葉の意味と使い方の基礎知識(nanapi)

そして、調べていくうちに「クラウドHACK!」という本を見つけました。
もっと効率よく仕事ができないものかと悶々としていた私にとって、とっても興味深い内容でした。
twitterやEvernoteやDropboxはもちろん、全然知らなかったクラウドサービスがたくさん紹介されています。
内容は広く浅く、という感じですが、興味を持ったものは調べていって、取り入れてみたいと思います。

クラウドHACKS!

クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル 小山龍介

スタッフブログ|2011年04月27日

4/24 夜と霧

東北地震の被害は、いろいろなところに波及しています。
東北以外の地域でも、2次災害、3次災害と広がってきています。
先日の政府や東京電力の対応を見ると目を覆いたくなります。

まだ、名古屋は直接的な被害はありませんが、
周りの経営者の話を聞くと少しづつ、そして大きく影響を受けてきています。。。

再度お亡くなりになられた方やその家族には心からお悔やみを申し上げると同時に、
決して希望を失わないようお願い申し上げます。

人生には、理不尽かつ無慈悲な不幸が襲いかかる瞬間があります。
そんな事態に直面した時、一体どうすればいいのか。

blog

この「夜と霧」は、そんな時のヒントを与えてくれる一冊です。
ある紹介で震災後に読んだ本ですが、とても衝撃的な本でした。

目を覆いたくなるほどの非人間的行為、野蛮と不潔とサディズムが支配する地獄
のアウシュビッツ収容所から、奇跡の生還を果たした心理学者、ヴィクトール・E・フランクル
による永遠の名著。

ナチス・ドイツの残虐行為の記録として、また戦争の悲惨さを伝える
ノンフィクションとして、長い年月、読み継がれている本だそうです。
この本には、絶望のなかで、人間がいかにして強さを持ちうるか、
そのヒントが書かれているような気もします。

本の中でそして一番心に残ったのは、(著者の言葉ではないのですが)著者がドストエフスキーの言葉を
引用した、 「わたしが恐れるのはただひとつ、わたしがわたしの苦悩に値しない人間になることだ」 という言葉です。
これは真理だと感じます。

収容所の中で、自分を諦めた人間にはある「発症」がおきるそうです。
ある朝、急に着替えることも、洗面にいくことも、点呼場にでることもしない。
彼は何も恐れない、頼んでも、脅しても、叩いても、すべて徒労で終わってしまう。
自分を放棄して、糞尿にまみれて横たわったまま、もう何もしない。そして廃人になる。

苦しみを苦しみと感じられる人間は素晴らしいと思いますし、苦しみを感じられるからこそ、
幸せを幸せと感じることができるのだと私は日々感じます。

収容所の中でも、自分の内面をふりかえり、素晴らしい生き方をした方も多くいたようです。
本文から引用します。

————————————————————————————

たとえば、強制収容所で亡くなった若い女性のこんな物語を。

これは、わたし自身が経験した物語だ。
単純でごく短いのに、完成した詩のような趣きがあり、
わたしは心をゆさぶられずにはいられない。

この若い女性は、自分が数日のうちに死ぬことを悟っていた。
なのに、じつに晴れやかだった。

「運命に感謝しています。だって、わたしをこんなにひどい目にあわせてくれたんですもの。」

彼女はこのとおりにわたしに言った。

「以前、なに不自由なく暮らしていたとき、わたしはすっかり甘やかされて、精神がどうこうなんて、まじめに考えたことがありませんでした。」

その彼女が、最期の数日、内面性をどんどん深めていったのだ。

「あの木が、ひとりぼっちのわたしの、たったひとりのお友達なんです」

彼女はそう言って、病棟の窓を指さした。外ではマロニエの木が、いままさに花の盛りの時期を迎えていた。板敷きの病床の高さにかがむと、病棟の小さな窓からは、花房をふたつつけた緑の枝が見えた。
「あの木とよくおしゃべりするんです」

わたしは当惑した。彼女の言葉をどう解釈したらいいのか、わからなかった。譫妄状態で、ときどき幻覚におちいるのだろうか。それでわたしは、木もなにかいうんですか、とたずねた。そうだという。ではなんと?それにたいして、彼女はこう答えたのだ。
「木はこういうんです。わたしはここにいるよ、わたしは、ここに、いるよ、わたしは命、永遠の命だって…」

いろいろと考えさせられる本でした。

悩みがあって生きているのが人間ですし、それを乗り越えれるのも人間です。
人間に希望という心の種がなくなってしまったら、廃人になってしまうのか、
生きる気力もなくなってしまいます。

震災で被災にあっている方々も、震災の2次被害にあっている方々も
何か1つでも希望をもって生きてほしいと思います。

社長ブログ|2011年04月24日

久田見祭り♪

先週末、地元の春のお祭り「久田見祭り」がありました。
私の実家はお祭りのど真ん中にあるので、ほぼお客さんの
相手で1日が終わったのですが、甥っ子を抱っこしながら
少し見に行くことができました!お祭りはこんな感じです。

b0150598_17445282

6台のだんじり(山車) が曳き回され、糸きりからくりが
演じられます。 すごい田舎ですが、この日はたくさんの人で
神社や道がいっぱいになります。 ちょうど桜も満開でとても
きれいでした。興味のある方は、来年ぜひ見に来て
ください!

スタッフブログ, 社長ブログ|2011年04月22日

出産準備

最近、出産準備に追われています。
と言っても、出産するのは僕ではありません(当たり前か・・・)。

妻が6月に出産予定で、ついに9ヶ月に突入しました。
お腹もかなり大きくなり、本人以外でも簡単に胎動が感じられるようになりました。

ベビー服も少しずつ買い始めていますが、すぐに体が大きくなって着れなくなるということなので、迷ってしまいます・・・
そんな中、richesseというメーカーのベビー服が気になっています。
ネットではあまり出回っていないようなのですが、例えば・・・

img57721535

とても可愛い絵と、淡い色味が印象的です。

何かのタイミングで堰を切ったように買い漁ってしまわないか自分自身が心配です・・・

スタッフブログ|2011年04月21日

4/17 不況克服の心得十カ条

松下幸之助さんが残したものに、「不況克服の心得十カ条」というものがあります。
リーダーは、しっかりと心に刻むべき言葉だと思います。

今後、東北地震の震災から日本経済が深刻な不況や危機に突入しても、
こういった意識で、会社の仕事や事業に取り組んでいきたいですね。

不況克服の心得十カ条

第一条・「不況またよし」と考える

不況に直面して、ただ困ったと右往左往していないか。不況こそ改善、発展のチャンスであると考える前向きの発想から、新たな道もひらけてくる。

第二条・原点に返って、志を堅持する

ともすれば厳しさに流されて判断を誤りやすい不況時にこそ、改めて原点に返り、基本の方針に照らして進むべき道を見定めよう。ここから正しい判断も生まれ、断固とした不況克服の勇気と力が湧いてくる。

第三条・再点検して、自らの力を正しくつかむ

ふだんより冷静で念入りな自己評価を行ない、自分の実力、会社の経営力を正しくつかみたい。誤った評価が破綻を招くのである。

第四条・不退転の覚悟で取り組む

なんとしてもこの困難を突破するのだという強い執念と勇気が、思いがけない大きな力を生み出す。不況を発展に変える原動力は烈々たる気迫である。

第五条・旧来の慣習、慣行、常識を打ち破る

非常時ともいえる不況期は、過去の経験則だけでものを考え行動してもうまくはいかない。これまで当然のこととしてきた慣習や商売の仕方を、徹底的に見直したい。

第六条・時には一服して待つ

あせってはならない。無理や無茶をすれば、深みにはまるばかりである。無理をせず、力を養おうと考えて、ちょっと一服しよう。そう腹を据えれば、痛手も少なくなる。終わらない不況はないのである。

第七条・人材育成に力を注ぐ

「苦労は買ってでもせよ」というが、不況とはその貴重な苦労が買わずとも目の前にあるときである。好況のときにはできない人材育成の絶好の機会としたい。

第八条・責任は我にあり、の自覚を

業績低下を不況のせいにしてはいないか。どんな場合でも、やり方いかんで発展の道はある。うまくいかないのは、自らのやり方に当を得ないところがあるからである。

第九条・打てば響く組織づくりを進める

外部環境の変化に対する敏感な対応は、良い情報も悪い情報も、社員からどんどん上がってくる。お互いの意思が縦横に通いあう風通しの良い組織であってこそ可能となる。

第十条・日頃からなすべきことをしておく

不況時は特に、品質、価格、サービスが吟味される。その吟味に耐えられるように、日頃から為すべきことを為していくことが必要である。

社長ブログ|2011年04月17日

ブレイクタイム

友人から誕生日祝いに紅茶を頂きました。蜂蜜つきでちょっとおしゃれですv

最近のブレイクタイムはもっぱら紅茶です。癒されます(^^)

18333942_1069378031_145large

今日も仕事がんばるぞ・・・!!

スタッフブログ|2011年04月14日

香に便乗

香の紹介が素敵だったので、便乗してみたいと思います。

今好きな香はコレです↓

「伊勢のかほり 木蓮の香り」
http://okageshop.jp/SHOP/KU0019.html

お土産品かと思いきや、侮るなかれ。
すごい上品な感じです。

香といえば、インドへ旅行に行ったとき買った香が、
煙・香りともにとんでもなく強烈で、
一本フルで焚くと、まるでインドの教会にいるような感覚におちいりました(笑)

いろいろありますねー。

スタッフブログ|2011年04月13日

365DAYS

みなさんおうちでリラックスする方法は人それぞれだと思いますが、
私はよくお香を焚きます。

DUMBO(ダンボ)
ちょっと高いけどこれはおすすめです。

残念ながらまだ名古屋で売ってるのを見たことがありません…。
よろしければ1本差し上げますので是非お試し下さい。

スタッフブログ|2011年04月12日

soup

少し前からスープにはまっています☆
夜遅い時にはもってこいです!

【カボチャの豆乳ポタージュ】
kabotya

【いろいろ豆スープ】
mame

【デトックススープ】
detox

【豆乳スープ】
soybeanmilk

簡単に作れて消化も良く、栄養も取れる万能さんたちです!
もっといろんなレシピに挑戦してみます。

スタッフブログ|2011年04月08日

全部入りの椅子!

全部入りの椅子というものを見つけました。

http://www.low-ya.com/item/vg-newathlete/

弊社のオフィスチェアはデザインはオシャレなのですが、
結構肩こりには辛い椅子だったりします。

自宅も普通のOAチェアなのですが、今回自宅の椅子を上記の椅子に買い替えをしました。
まだ届いていないのですが、実際に使ってみてよさそうなら会社にも導入してみたいです。

スタッフブログ|2011年04月07日

ホームページ運用相談作成依頼はこちらから

0120-982-419

メールマガジン会員募集

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP