無料出張相談無料出張相談
資料請求資料請求
メールでのお問い合わせはこちらご相談・お問い合わせ
自転車

ホームページ制作とシステム開発の関係性とは

ホームページ制作とシステム開発は似たような印象を受けると思いますが、厳密にいうとかなりの違いがあります。HTMLやCSSを使用してサイトの見た目を作り上げるのがホームページ制作で、CMSを活用すれば個人レベルでもある程度は作成することができますし、コンサルティング会社に依頼をすればよりキレイでデザイン性に富んだもの比較的安価で仕上げることが可能です。しかし、システムも含めて作るとなると金額・難易度ともに跳ね上がるため、料金を見てしり込みしてしまう方も多いでしょう。

1.ホームページの土台となるシステム開発

好みのデザインのホームページで文章を書ければいいという場合は、HTMLなどで完結するブログやホームページを使用することで事足りますが、それに対してECサイトなどユーザー側の処理やアクションがあるものの場合は、HTMLよりも難解なPHPなどのプログラミング言語が必須となります。見た目に現れないバックグラウンドで稼働する機能を作ることをシステム開発といい、webアプリやソフトウェアもこれにあたります。開発のためには基礎知識や開発言語スキルが膨大に必要で、人材、労力のためのコストがかかるため金額設定が高くなります。

2.利便性を高めるのなら、システム面から見直しを

ブログや自社サイトの運用をするだけだからシステム開発は必要ないと思う方も多いかもしれませんが、実のところホームページ制作後の運用を考えた時にはシステムを作った方がよい場合があります。WordPressなどの既存のCMSを使うにしてもプラグインを調べながら自身で調整が必要となりますが、独自のCMSを作ることで利便性が高まり、コンテンツの更新がしやすくなったりメールシステムやお問い合わせの管理などがしやすくなったりとさまざまなメリットがあります。外注でホームページ制作をする場合は、システム面から作るべきかも含めて相談をするとよいでしょう。

スタッフブログ|2021年02月22日

ホームページ制作でポータルサイトが人気を集める理由とは

ホームページ制作と聞くとブログや企業などの自社ホームページを連想する方も多いですが、より規模の大きいポータルサイトなども含まれます。ポータルとは入り口や玄関という意味で、代表的なものとしてはインターネットブラウザを立ち上げた時に表示されるGoogleやyahoo!などもこれにあたります。とはいえ、世界規模で有名なサイトと同じものを作るというわけではありません。一口にポータルサイトといってもさまざまですが、ニュース・地域・専門など多彩な種類があり、ジャンルに特化したホームページ制作を行うことで多くのPVが見込めるので注目を集めています。

1.専門性の高い情報を集めて固定ファンを獲得する

ポータルサイトがユーザーを集める理由として、知りたい情報やそれに関連する情報が一つのサイトに集まるということが挙げられます。例えばオンライン辞書やニュース、ブログなどの新着情報や内部検索など多くのサイトを検索しなくても欲しい情報がすぐにわかるため、ブックマーク登録されやすく固定ファンの獲得につながります。強力な競合サイトが多い総合的なものよりも、ジャンルを絞った専門的なサイトの方が、ユーザーの滞留時間やアクション、広告収益などのコンバージョン率などで成果を上げやすいといえます。

2.企業内部用のポータルサイトも構築できる

集客を目的としたホームページ制作に限らず、社内情報を企業内で共有する社内ポータルなどもあります。一般的なサイトと違い社員などの限定的な利用環境となっており、各種申請やスケジュール管理、勤怠などの機能を盛り込むことで仕事の円滑化を図ることが可能です。テレワークを行うことが増え、ペーパーレス化を推し進めている企業も増えている中で、社内ポータルの重要性はより顕著になってきているといえるでしょう。

3.制作はコンサルティング会社に依頼したほうがよい

ポータルサイトは魅力的なものではありますが、作成難易度や制作後の運用管理は非常に難しいものです。社内での運用をしたいがどうすれば良いか悩んでいるといった場合ははホームページ制作実績の高いコンサルティング会社に相談し、依頼することをおすすめします。

スタッフブログ|2021年02月19日

ホームページ制作でデザインが重要と言われる理由とは

ホームページ制作ではデザインに力を入れるのも非常に重要なポイントです。サイトは無数に存在しますし、内容がいかに素晴らしいものでも訪問したユーザーの興味を引けなければすぐに離れてしまいます。では、ユーザーはどういったサイトに興味を持つのかというと、雰囲気が洗練されていたり、シンプルでも使い勝手がよかったりと、サイトの見た目が大きなファクターとなります。

1.見やすく、使いやすいサイトを意識する

デザインが大事とはいってもあまり凝りすぎたものを作ると、今度はコンテンツに影響が出てしまうこともあるため、装飾華美になりすぎずユーザーの利便性に配慮したホームページ制作を意識しなければなりません。他サイトのレイアウトなどを調査し、サイト設計を一から始めてももちろんよいですが、ノウハウがない状態ではなかなかうまくいかないものです。そうした場合は、サイトの基本構成がすでに作られているWordPressのテンプレートを使用するとよいでしょう。

2.WordPressのテンプレートを活用する

WordPressとは、webサイトの作成をすることができるサービスで、CMS(コンテンツ・マネージメント・システム)と呼ばれており、テンプレートを使用できるのも魅力の一つです。テンプレートは無料のものから有料のものまで幅広くあり、どれを選ぶかによってサイトの出来が左右されます。無料でも優秀なものはたくさんありますが、有料のものを使用したほうが管理もしやすく、より洗練されたホームページ制作ができる傾向にあります。しかし、高額だったり数が多すぎたりでどれを選んでよいのかわからない場合もしばしばです。

例えばラクーのホームページ制作コースでは、100種類もの独自に作成したテンプレートをご用意しています。用意されたテンプレートでは他のサイトと同じような物になるのではないかとイメージしがちですが、独自テンプレートだからこそ依頼までの流れのなかでそのサイトに本当に必要なデザインを見出し提案することが可能となります。こうした外部のサービスを活用するのもよい選択肢といえるでしょう。

スタッフブログ|2021年02月18日

ホームページ制作でコンサルティングを活用する3つのメリット

近年ではホームページ制作ができるサービスも増えて、個人レベルでサイト作成をすることも多くなりました。趣味の情報発信を行う場合はそこまで力をいれる必要はありませんが、これが収益を伴う事業としてのサイトとなると事情が変わり、なかなか成果が上がらないばかりかユーザーの流入自体がなく、得られたはずの機会を失っているパターンは非常に多く、そういう場合、コンサルティング会社を利用するのも一つの手といえるでしょう。外部に委託した場合に得られるメリットはさまざまですが、大きく分けて3つのメリットがあります。

1.相談・ディレクションが受けられる

ホームページを作るにあたりノウハウがない状態で作成しても、サイトの方向性をどうしたらよいのかわからず意外と難しいものです。プロのディレクションを受けられれば、何を売りにしてどんなサイトに仕上げればよいのかを決められますし、相談することでより成果につながる道筋を見つけることが可能となります。

2.デザイン性の高いホームページ制作が行える

サイトはデザインも非常に重要で、ユーザーの興味を引くホームページ制作は必要不可欠です。ゴテゴテしすぎず、かといって味気ないデザインにもせずといったバランス感覚は、サイト作りに慣れていなければなかなか得られるものではありません。例えばラクーでは100種類のテンプレートを使用し、より完成度の高いサイトにするようカスタマイズを行っています。クライアント様の要望以上のデザインを提供できるのも、コンサルティングの大きなメリットといえるでしょう。

3.SEO対策を取り入れることができる

検索上位表示を狙うのは、インターネット上でサービスを展開する以上避けて通れません。SEO対策をせずにコンテンツを更新しても検索結果の1ページ目に載ることは稀で、検索下位だとユーザーの流入が得られず成果があげられないのもよくあることです。SEO対策の仕方はさまざまなサイトで発信されていますが、全て実践するのは難しいでしょう。プロの目線で対策を行えるというのも、コンサルティングならではのメリットです。

スタッフブログ|2021年02月17日

成果を生むホームページ制作はペルソナを設定するのがポイント

ホームページ制作をするにあたって、成果を上げるためにはペルソナを設定するのが必要不可欠です。ターゲットを想定せず漠然とサイト運営をはじめた場合、何を売りにしているのか伝わらないため、顧客となる見込みのある層にアプローチできず機会ロスを起こしてしまう可能性が大きいです。そのため、どのような人に向けて情報を発信するのか明確にすることが重要で、より具体的にターゲットを絞るために作りあげるのがペルソナという架空の人物像です。

1.細かくペルソナを設定しターゲットの明確化

ペルソナを作る場合に大事なポイントとして、サイトを通じて伝えるお客様はどういった人物か、細かく設定することが挙げられます。ターゲットの年齢をはじめとして、名前・性別・仕事や学校などの背景・生活状況・興味・自社のサービスを求める理由などを実在の人物さながらに作りあげ、実際に接客することを想定しましょう。そうすることで、年齢や性別程度でぼやけていたターゲットがより鮮明になり、ホームページ制作をどのようにするかのアプローチ方法が定まりやすくなります。

2.ペルソナに合わせたコンテンツを作る

ペルソナの設定ができたら、その人物像にあわせてコンテンツを発信して行きます。サイト検索の仕方は人によりさまざまですが、検索には調べものをするという前提があるため、ペルソナがしっかりと作られていれば想定する人物がどのように検索するのか予想、把握することも可能となり、興味に合致したコンテンツを作ることで自社のファンを獲得することができます。閲覧する人にとって価値のあるコンテンツでなければ成果が出にくいため、お客様がどのような情報を欲しているのかをしっかり把握するためにペルソナを事前につくり、流行に合わせて情報を更新しましょう。

潜在的な顧客を発掘するためには、事前の準備と状況に合わせた更新をすることが大切です。設定に近い見込み客にピンポイントで届けることで、やみくもにホームページ制作を行ったりコンテンツを更新したりするよりも効率的に成果を上げることができるでしょう。

スタッフブログ|2021年02月16日

流行に沿ったホームページ制作をするべき理由とは

ホームページ制作をするにあたり、デザインやシステムなどに流行があることは意外と知られていません。制作方法や内容は専門性が高いため難しく、結果として流行に乗り遅れていることに気付かずに間違った運用をしてしまい、思わぬ場面で機会ロスにつながってしまいます。2020年から続く在宅時間の増加に伴いインターネット需要は高まりを見せており、さまざまなサイトを見ているユーザーからの評価はさらに厳しくなることでしょう。そうした中で、流行のデザインを取り入れたホームページ制作を行うということは、他社との差別化を図る上で欠かせないポイントといえます。

1.他社サイトをチェックするときはサイトデザインもしっかりと確認する

ホームページはコンテンツと同じくらいデザインも非常に重要です。自身でホームページを運用する場合、トレンドの把握も自分で行わなければなりません。サイトコンテンツの研究や解析のほか、見ているサイトの使い勝手はどうか、デザインがうるさくなってしまいコンテンツの邪魔をしていないか、など見るべき点は意外に多く、そうして改良されてきたものが流行という形で最適化された結果といえます。

2.流行を把握しユーザビリティを高める

近年ではユーザーの使いやすさに配慮したデザインが多くなっており、例えばヘッダーにはインパクトのあるものを使用し、本コンテンツ部分は極力そぎ落としたシンプルなデザインが主流です。これは検索エンジンの評価基準がモバイルユーザビリティとなっており、スマートフォンやタブレットで見やすいサイトデザインとなっているかを重要視していることから広がった流行です。トレンドを把握し取り入れるということは、ユーザーの利便性が高まるということにもつながります。

3.コンサルティング会社を活用する

ホームページ制作が小規模な場合は自力でも問題ありませんが、ECサイトやポータルサイトなど大規模なホームページを作るとなると容易ではありません。外部のコンサルタント会社を活用すれば、負担を感じずにサイトの方向性やコンテンツに即したデザイン、流行の判断などもしっかりとできるためおすすめです。

スタッフブログ|2021年02月15日

ホームページ制作をする際に効果的な検索対策とは?

ホームページ制作をするにあたり気を付けなければいけないことは多くありますが、自社サイトを立ち上げるからには、まずはユーザーに検索して見てもらう必要があります。一生懸命コンテンツを作り上げても検索結果の上位に来なければ人の目につかず、ユーザーの流入は望めません。そのため、Googleなどの検索エンジンに認知されるようにしっかりと検索対策をすることが必要不可欠で、上位表示を目的とした対策を取ることを総称してSEOといいます。

1.基本的なSEO対策を理解する

SEOとは、どのように検索されるのかを予測し、上位に表示されるようにする検索対策です。検索エンジンはコンテンツの内容やキーワードなどさまざまなものをチェックし、価値のあるサイトかどうかを判断します。ホームページ制作するときにもSEOを意識したサイト作りをすることが望ましいですが、SEOの内容をすべて理解することは非常に難しいといえます。検索キーワードを選定し単語の配置を工夫するのが一般的なSEOで、ワードをきちんとチョイスをするだけでも順位に影響するので、SEOの手法は覚えて損はないでしょう。

2.検索キーワードを予測し、タイトルなどに入れ込む

検索キーワードは、ビッグワード・ミドルワード・スモールワードの順で入力されます。ユーザーが調べものをする場合はおおよそ2~3の単語を入力しますが、キーワードを入力するときにでる検索予測や検索結果下部のキーワード欄、Googleキーワードプランナーなどを参考に予測し、タイトルや見出しに入れることで検索エンジンにコンテンツを認知されやすくすることが可能です。

3.読みやすさを重視し充実した内容を作成する

キーワードの選定が重要と述べましたが、単語をたくさん入れればよいというわけではありません。意味なく単語を入れすぎても悪質なコンテンツと判断されペナルティを受ける可能性がありますし、なにより読みにくいとユーザーが離れてしまうので、ある程度SEOを意識しつつホームページ制作を行いコンテンツの充実度を高めるのが何よりも重要な検索対策と言えるでしょう。

スタッフブログ|2021年02月12日

ホームページ制作後の運用で実践したい3つのポイント

ホームページ制作が完了すると達成感がありますがそれで終了ではなく、制作後の運用こそが本番です。実際、せっかく素敵なホームページを作り上げても、PV(ページビュー)が増えない・コンバージョンが得られない・離脱率が高いなど、結果が得られなければ作った意味がありません。成果を上げるために努力をするべきですが、どういう点に気を付ければよいのかわからない方も多いでしょう。ホームページ制作後に運用するにあたり、基本的なポイントは分析・最適化・更新の3つです。

1.自サイトの弱点をしっかり分析

自社ホームページの見るべき点として、まずはPVの流入経路が挙げられます。検索エンジンを通しての閲覧なのか、他サイトからの流入なのか、ブックマークからなのかなどユーザーがどういった行動をして何に興味を持ち、どの時点で離脱しているのかという部分を分析すると、自社サイトの改善点やコンテンツを最適化するためのポイントが見えてきます。

2.コンテンツや構成などの最適化

例えば離脱率が高い場合、ホームページの内部リンクが十分でない可能性があります。離脱率とは端的にいうと、訪問したユーザーが閲覧をはじめてからページを離れるまでの行動を示したデータです。検索結果からユーザーが来た時、多くの場合は1ページを読了せずに終わるか、もしくはページを見終わったあとにすぐブラウザバックしてしまいますが、この離脱率を下げるために関連したページへのリンクを適宜貼る必要がある、などのデータは分析をしなければ得られません。その他にも、たくさんの記事やページがあるサイトの場合、それぞれのコンテンツごとにPVや商品購入に至るコンバージョン率なども細かく違うため、それらを高めるように最適化を行うことが必要不可欠です。

3.日々の更新を行えるよう運用方法を定める

分析・最適化を日々行なったとして、変更した場合はその結果を更新しなければなりません。そして、調整した成果物を更新したら、次はまた新しいコンテンツを生み出す、というルーティンを滞りなく行えるように運用方法をしっかりと定めておくことが、ホームページ制作後の運営における基本的なコツといえます。

スタッフブログ|2021年02月10日

ホームページ制作を依頼するならシステム開発もできる会社を選ぼう

IT技術の進歩とインターネットの普及に伴い、ホームページ制作のプロセスは複雑化してきています。サイトのデザインがおしゃれであれば人気が出るということはありません。ユニークなデザインを使用することに加えて、提供するコンテンツのクオリティーにもこだわる必要があります。こうしたプロセスには専門的な知識が必要となるため、最近ではホームページ制作会社やフリーランスへ依頼する人が増えてきているのです。

■システム開発ができるホームページ制作会社を選ぼう
ホームページをより魅力あるものとするためには、動画やコラムを掲載したり、コミュニティサイトやECサイトと連携させたりして、さまざまなユーザーのニーズに応えられるポテンシャルを持ったホームページ制作を行う必要があります。そうした多機能のサイトを構築するためには、個々のクライアントに合わせたシステム開発を行うことが不可欠です。ですから、お店や会社のホームページ制作を外部へ発注しようと考えているなら、熟練したシステム開発チームを持つ会社かどうかを確認しましょう。実際にこれまでの納品事例を見て、どれほどの開発能力を持っているのかを確認しておくことも大切です。

■ホームページをバランスよく多機能化できる会社がおすすめ
最近では、ホームページとSNSを連携させたり、オリジナルのアプリケーションと連動させたりしているケースも見られます。ショッピングサイトを運営したいのであれば、クレジットカード決済だけでなく、楽天ペイやLINEペイなど各種QRコード決済などにも対応できるようなシステムが不可欠でしょう。国際的な決済システムであるPayPalなどとの連携ができれば、外国人向けの市場開拓も期待できます。一方、多機能になればなるほどホームページの動作は遅くなってしまいがちです。そこでホームページの読み込み速度が遅くならないようなシステム開発及び調整ができるスタッフがいるか、という点もホームページ制作会社を選ぶ際には必ずチェックしましょう。

スタッフブログ|2021年02月01日

ポータルサイトとは?ホームページ制作はどんな会社に頼むべき?

企業が会社の情報を公開したり、自社の商品やサービスを紹介したりするサイトは「コーポレートサイト」と呼ばれます。一方、さまざまな情報をまとめたサイトは「ポータル(入口)サイト」と呼ばれます。最近では、いろいろなテーマに関して情報を集約したポータルサイトが数多く登場して人気を集めているため、新たにホームページ制作を目指す人の中にはポータルサイトの立ち上げを目標とする人も少なくありません。

■ポータルサイトは「全般型」と「特化型」の2つがある
全般型のポータルサイトとしては、Yahoo!やGooなどが挙げられます。これらのサイトには各エリアからのニュースが掲載されるだけでなく、求人サイトやショッピングサイト、さらにはFXなどの金融関連サイトとも連携しており、生活に関連したあらゆる情報を閲覧できるのが特徴です。一方、特化型としては、ぐるなびやトラベルコちゃんなどが挙げられるでしょう。これらのサイトでは、検索システムを利用して食事や旅行など特定の分野に関連した情報を検索することが可能です。どちらのタイプも複数の言語に対応していることが多く、世界中から非常に多くの利用者が訪れるという強みがあります。そのため、新しいホームページとしてポータルサイトを選ぶ人がとても多いのです。

■ポータルサイトの制作はホームページ制作会社へ依頼するのが無難
ポータルサイトはシンプルに情報を集める掲示板ではありません。ユーザーの細かなニーズに対応できるよう、高度な検索システムを備えている必要があります。また、先述の通り、複数の言語に対応できるようにしたり、様々な企業からの問い合わせを円滑に処理できるようにしたりする必要もあるでしょう。こうした機能をすべて兼ね備えたホームページ制作を実現するためには、非常に高度なシステム開発・プログラミング技術が必要となります。ですから、豊富な経験を持つ場合を除き、ホームページ制作は専門家チームが揃っている制作会社へ依頼するのが無難です。

スタッフブログ|2021年01月29日

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP