よく検索されているキーワードは何?

よく検索されているキーワードは何?

ホームページを運営していて、アクセスした方がどんなキーワードで検索して欲しいのか
検討される場面も多々あると思います。

その際に思いついたままに検索キーワードを考えるよりは、ネット上でどんな
キーワードがよく検索されているのか分かるホームページがあります。

それが「キーワードアドバイスツール」です。
ヤフーとGoogleがそれぞれ提供しており、検索すると月間でそのキーワードが
どのぐらい検索されているのか分かります。

説明ホームページ

http://promotionalads.yahoo.co.jp/online/startnavi/ss/ss_navi14.html

凄いのが関連している類似キーワードの月間検索件数も表示されるので便利です。

例えば、弊社のお客様でレンタルボックスを扱っているお客様がいます。
この「レンタルボックス」の月間検索件数は、2,900件。
類似キーワードで「貸し倉庫」は、5,400件になります。
そのため貸し倉庫の方がキーワードとしてはよく検索されています。

また、「貸倉庫」でも、1,600件検索されております。
ひらがなの付け方も考慮したり、いろんなパターンを考えて
SEO対策やリスティング広告をされることお勧めしております。

ホームページから反響があるためには、アクセス数が増えないといけません。
そのためにはネット上でどんなキーワードで検索されているか調べる必要があります。

自社のサービスと連携するようなキーワードが多く検索されていれば、ネットからの
反響も見込めます。逆に全く検索がされていないようであれば、ホームページを作成しても
ほとんど反響がないと思われます。

リスティング広告をやっていないと「キーワードアドバイスツール」は利用できません。
何か調べて欲しいキーワード等があれば、ラクーまでお気軽にご相談ください。

社長ブログ|2015年10月13日

感覚を磨くということ

先日、東京の青山で料理シェフをやられたいた方とお話しました。

料理の技術は毎日何年かやっていれば、誰でも身につくそうです。
最初は難しいと言われる大根の桂剥き(かつらむき)も、何年かやれば
誰でもできるとのこと。

最終的にはセンスの良し悪しで、その料理人の評価が決まるそうです。
特に料理は育った環境が大事。その人にとっては美味しい味付けが、
他の人にとっては塩辛い。それを直すことは難しいそうです。。。

では、そのセンスを磨くためにどうするのか。
努力でなんとかなる部分もあるそうです。

その方は、感覚を磨くために休みの日は美術館に絵画を見に行ったり、
芸術に触れる機会を増やされたそうです。
そういったところに行くことで、不思議と料理のセンスもあがるそうです。

また、テレビで成功された社長さんの自宅訪問で、いろいろな美術品が
数多く飾ってあることがあります。これは常にまじかで本物に触れることで、
自分の感覚が研ぎ澄まされることも多いにあるのでしょう。

我々のホームページ制作の仕事も、デザインと深い関わりがあります。
そのセンスを磨くために、本物に触れる機会は必要でしょうね。

社長ブログ|2015年10月05日

ホームページ運用相談作成依頼はこちらから

0120-982-419

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP