無料出張相談無料出張相談
資料請求資料請求
メールでのお問い合わせはこちらご相談・お問い合わせ
お任せコース制作の流れについて 打ち合わせ編

信頼できるコンサルティング会社を選んでホームページ制作を成功させよう

ホームページを介した集客は多くの企業にとって重要な広告戦略の1つとなっています。そのため、コンサルティング会社や制作会社へサイトのデザインや保守を依頼するというケースも少なくありません。「ホームページ制作のコンサルティングを請け負います」という広告は非常に多いですから、本当に実力のある制作会社を見極めることが大切です。

■クライアントとの打ち合わせに十分時間を取るか
ホームページ制作に関して良い評判を得ているコンサルティング会社は、打ち合わせに十分な時間を用いることでクライアントが本当に必要としていることを見極めます。また、話し合いの中で難しい専門用語を使用せず、平易な表現を用いることで互いの理解に齟齬が生じないよう注意してくれるでしょう。制作の進捗に関しても頻繁にクライアントへ報告と確認を行い、適宜必要な修正を実施することにより、最終的に満足度の高いサイトが出来上がるというわけです。

■検索エンジン対策をしてくれるか
ホームページ制作の主な目的は集客力の向上です。せっかくおしゃれなデザインのサイトを作ったとしても、検索エンジンを使うユーザーがクライアントのサイトを見つけられなければ集客効果はほとんど期待できません。ですから、SEO対策として適切なキーワード設定を行い、クライアントのサイトが検索エンジンの上位に表示されるよう調整する技術を持っているかという点は、コンサルティング会社を選ぶうえで非常に重要なポイントとなるのです。

■ホームページ制作だけでなくメンテナンスもしてくれるか
ホームページの作成だけでなく、更新や運用などに関してもサポートをしてくれるかどうか確認しましょう。クライアントがサイトの管理に関して専門的な知識を持っていない場合、ホームページ内の情報を更新したり、エラーが発生した時に対処したりするのはほぼ不可能です。ですから、総合的にバックアップしてくれる制作会社を選ぶことをおすすめします。また、月々の料金体系が明確化どうかも合わせて確認しましょう。

スタッフブログ|2021年01月27日

ホームページ制作後に成果が出ない!どこを改善すればよい?

念願のホームページ制作が完了して運用を開始したものの、思うような集客効果が見られずに悩んでいるという人は少なくありません。もちろん、サイトを訪れる人が増えるまでしばらく時間が必要となるのは事実です。とはいえ、数ヵ月が経過してもほとんど成果が見られないというケースでは、いくつかの要素を見直す必要があるでしょう。

■サイトそのものは本当に魅力的か
成果が思うように見られない場合には、「ユーザーにとって本当に魅力的なサイトになっているか」という点をチェックしてみましょう。サイト内で情報やアイテムを探しやすいか、ネットショップなら決済システムは使いやすいかなどを改めて確認してみるのは効果的です。コラムや解説などを掲載している場合には、オリジナリティのある内容となっているかを精査するのも良いでしょう。そこで問題点が見つかったなら、すぐに改善するためのポイントをリストアップしておきましょう。

■検索エンジン対策の効果は出ているか
魅力的なサイトが完成していたとしても、検索エンジンでサイトが上位に表示されなければ成果は限られてしまいます。ですから、ホームページ制作の段階で行ったSEO対策が成功しているかをチェックしてみましょう。デザインの段階で行ったキーワード選定と設定がうまく機能しているかをチェックします。設定があいまいで希望するような成果につながっていないと判断できるなら、必要な改善を行いましょう。

■SNSと組み合わせて露出を増やそう
ホームページ制作を行っている企業やお店は非常に多いので、SEO対策のみで知名度向上を目指すのは簡単ではありません。そこでおすすめするのがSNSとの連携です。SNSの公式アカウントを介して積極的に情報発信を行い、そこからホームページへ誘導するというのは昨今非常に効果的な広告戦略となっています。ホームページと連携したイベントを開催して集客を目指すというのも良いでしょう。そうしたプラスアルファの努力を行うことで、サイトにおける売り上げアップなどの成果につながりやすくなるはずです。

スタッフブログ|2021年01月26日

ホームページ制作をスタートする段階で明確にすべきポイントはこれ!

スマートフォンの普及に伴って、インターネット上で情報を探す人がますます増えています。ですから、業種や職種に関わりなく、もっと多くの顧客を獲得したいのであればホームページ制作は欠かせません。基本的なポイントを押さえておくと、ホームページ制作はスムーズにスタートすることができるでしょう。

■サイトに呼び込むターゲットを設定しよう
ホームページ制作の方向性を決める1つ目の要素は「誰に向けて情報を発信するか」という点です。SNSを使いこなす若者たちに情報を発信したい場合と、介護で悩む中高年に向けてアイデアを提供したい場合とでは、ホームページのデザインや掲載する情報の量なども大きく異なるでしょう。「年代」「性別」「仕事」「家庭環境」「抱えている悩み」など、ホームページを見てほしい人に関する具体的な設定をしておくなら、制作の途中で迷ってしまい、方向性が見えなくなるという事態は避けられるはずです。

■サイトのスタイルを決めよう
ホームページ制作において大切な2つ目の要素は「どんなタイプのサイトにするか」という点でしょう。小売店を営んでいるのであれば、オンラインショップを立ち上げるのが一般的です。そうなると、商品紹介と購入ページの作成が必要となります。一方、弁護士や司法書士などのサイトであれば、法律に関連したコラムをメインコンテンツとして提供しつつ、無料相談のフォーマットを用意するというケースが多いでしょう。こうしてサイトのタイプが決まると必要なコンテンツがおのずと見えてくるでしょう。

■サイトの制作方法を考えよう
3つ目の要素は「ホームページをどのように制作するか」という点です。基本的には制作会社へ依頼するか、それとも個人でホームページ制作用のソフトを使って立ち上げるかのいずれかになります。制作会社に依頼するとコストは発生するものの、クオリティーの高いものができるでしょう。一方、個人で作る場合、時間と手間は必要となるものの、コストは抑えられるという利点があります。予算やホームページに求めるクオリティーなどを念頭に置いて検討しましょう。

スタッフブログ|2021年01月25日

検索対策はホームページ制作において不可欠なプロセス

何かの商品が欲しい、あるいは分からないことを調べたいと思う時、大半の人はインターネットの検索エンジンを活用しています。特定のキーワードを入力し、検索結果として表示されるサイト一覧から気になるホームページをチェックするわけです。ですから、注目度の高いホームページを制作したいのであれば、検索エンジンの上位に表示されるよう検索対策をしっかりと行う必要があります。

■キーワード設定は基本となる検索対策
先述の通り、多くのユーザーは特定のキーワードを入力して検索を行います。ですから、ホームページ制作の際にはどんなキーワードで検索してもらうかを念頭に置きながらデザインを進めていく必要があるのです。特に、具体的なキーワードを意識して各コンテンツを制作するのは大切です。ただし、頻繁に検索されるメジャーなキーワードに関しては、ランキングの上位がほぼ不動のものとなっています。ですから、検索対策として検索用キーワードをよりニッチなニーズに絞って設定することをおすすめします。

例えば、弁護士事務所のホームページ制作を行う場合、「東京、弁護士」というキーワードでは競合が多すぎて上位表示は見込めないでしょう。一方、「弁護士、離婚、勝てる」といったキーワードを設定すると、よりピンポイントの需要になるので競合は少なくなります。つまり、検索結果の上位に表示されやすくなるということです。また、サイト内の各コンテンツや小見出しなどにキーワードを使用することも忘れないようにしましょう。そのようにして選定したキーワードをサイト内にバランスよく織り込むことは、検索対策に必須ということを覚えておきましょう。

■サイトをスマホ対応にしておくのも検索対策として有効
今は子どもから高齢者までスマホを使って簡単に情報を検索する時代です。ネットショッピングもスマホを使って行う人が増えていますから、ホームページ制作の段階でサイトをスマホ対応にしておくことは非常に大切と言えるでしょう。そのようにして「使いやすいサイト」という評価が高まると、検索結果のランキング上位に表示される可能性が高くなります。

スタッフブログ|2021年01月22日

成果を目指すならホームページ制作だけでなく運用も重要!

ホームページ制作はサイトが完成した時点で完了ではありません。そこから継続的にサイトの中身をブラッシュアップする運用が必要となります。この運用をしっかりと行わないと、サイトの利用者数はなかなか伸びないでしょう。ですから、どのようなポイントに重点を置いて運用するかを理解しておくことは大切です。

■コンテンツを更新していこう
ホームページ制作時からサイト内のコンテンツがまったく更新されないと、ホームページを定期的に訪問してくれる人の数は伸びないでしょう。事業内容と関連したコラムをメインコンテンツにしているなら、コラムを増やすだけでなく、これまでに作成したコラムのデータを最新のものにしていく必要もあります。ネットショップであれば、新商品の情報を定期的にアップしていくと良いでしょう。こうして掲載されている情報を定期的に更新していくのは運用の重要なポイントです。

■コンバージョン率をチェックしよう
コンバージョン率とは、サイトを訪れた人の中で、サイト内の商品を実際に購入したり、サービスを契約したりした人の割合を指します。コンバージョン率が高いということは、サイトがユーザーにとって魅力的であるということを意味します。ホームページ制作時からコンバージョン率がほとんど、あるいはまったく伸びていないなら、おすすめの商品やサービスの購入を促すポイントであるランディングページの構成を見直す必要があるでしょう。こうしてホームページの効果性を高めていくのも運用の一環です。

■問い合わせへの対応も重要なポイント
サイトにお問い合わせフォームが設置されていたり、お店や会社の連絡先を掲載していたりすると、サイトを閲覧した人から問い合わせが届くようになります。商品やサービスに関する感想が届くこともあれば、クレームの連絡が来ることもあるでしょう。また、メディアから取材の申し込みが来ることも考えられます。こうした問い合わせにしっかりとスピーディーに対応するのも運用において重要なポイントと言えるでしょう。

スタッフブログ|2021年01月21日

ホームページ制作とシステム開発の違いとは?

【ホームページ制作とシステム開発の違いは?】
ホームページ制作を行う会社と、いわゆるシステム開発という業務を行う会社は別物です。というのも、両者の間には、目的や用いる技術、扱う範囲などの違いが存在するからです。たとえば、システム開発は特定の業務や作業を効率よく遂行するための、限定された目的を果たすために開発を行います。そのため、ほとんどの場合凝ったデザインや見栄えの良い構成などは不要で、むしろシンプルに仕上げることで、より使いやすいシステムとします。一方でホームページ制作においては、宣伝や物品販売、オンラインサービスの提供など、様々な目的を同時に果たすサイトを作ることが多いです。そして、デザイン性を重視し、より見た目に魅力的なものとすることもホームページ制作で力を入れる点です。

エンドユーザーという意味でも、両者には違いがあります。システム開発の場合は、特定の企業で業務を行う作業者に向けられたものです。利用者が限定されていると言うこともできます。一方でホームページ制作の場合は、実際に制作物を見るのは、一般ユーザーです。そのため、対象に限定はなく広い範囲に向けてサービスが提供されることになります。

【技術的な違いも大きい】
実際の開発、制作現場における作業でも違いが見られます。たとえば、主に使われるプログラミング言語です。ホームページ制作では、HTMLを中心としてJabaScriptなどがよく使われます。一方でシステム開発では、LinuxやJava、アプリケーションに携わっている現場ではRubyやPHPなども多いです。

さらに、必要とされる技術の範囲も大きく異なります。システムを開発する際には、関係するプログラミング言語によるコーディングとちょっとしたデザインのスキルが求められます。一方でサイトを作るためには、画像編集やイラスト加工、文章作成、コーディングなど、異なる分野におけるスキルが必要です。

スタッフブログ|2021年01月05日

ポータルサイトのホームページ制作をするポイント

【ポータルサイトのホームページ制作をする際に検討すべき点】
どのサイトでもそうですが、ホームページ制作作業に取り掛かる前に、じっくりと検討を重ねることは、そのサイトが成功するための秘訣と言えます。特にこれはポータルサイトに当てはまる原則です。たくさんの情報を提供しますし、競合サイトも多いので、より質が高くユーザーにとって利便性の高いサイトにしないと収益を上げることは難しくなってしまうからです。

具体的には、市場とターゲットユーザー、そして競合のリサーチを徹底して行うべきです。ほとんどのジャンルにおいて、何らかの情報を取り上げるポータルサイトはすでに存在しています。そのため、他サイトとは切り口の違う取り上げ方をしたり、潜在的なユーザーを掘り出していく必要があるのです。また、掲載するサイトや企業の選定基準を考えておくことも重要です。ポータルサイトのホームページ制作においては、取り上げるサイトや企業によって大きくサービスの質が変わってくるからです。

【機能と利便性を重視する】
ポータルサイトでは、ユーザーが求める情報を的確に提供することがカギです。そのため、ホームページ制作をする際には、ユーザーにとって便利な機能を工夫して実装する必要があります。最も重要な機能の一つとして、検索画面があります。たくさんの選択肢の中から、よりユーザーが重視する条件に適った企業や情報を提示できるようにしなくてはなりません。そのためにも、検索窓やジャンル分け、見やすいアイコンの設置などが求められます。これにはノウハウが必要となりますので、成功しているサイトを分析するなどして、利便性の高い機能を付けられるようにしたいものです。

また、運用オペレーションもホームページ制作の段階から綿密に計画しておくべきです。最新の情報への更新をしやすような仕様にすることや、ユーザーからの問い合わせなどを一元的にチェックできる機能を付けておくことができます。こうした機能を最初から設けておけば、運用がとても効率的になります。

スタッフブログ|2020年12月29日

ホームページ制作時に意識したいデザインについてのポイント

【ホームページ制作時に押さえたいデザインのポイント】
ホームページ制作では、情報豊かな記事を制作するだけでなく、見栄えが良く見やすいデザインを考えることも重要な点となります。見た目によっても、かなりの程度アクセスや成果が変わってきますので、時間をかけて検討する価値が十分にあります。ホームページ制作時に意識しておきたいポイントとしては、まずターゲットとなるユーザー層や宣伝したい商品もしくはブランドにマッチしたデザインとなっているかという点です。若い世代に向けた商品であれば、ポップで明るいトーンのカラーを選ぶことができます。一方で、信頼を重視するサービスを提供しているのであれば、シンプルで落ち着いた雰囲気の構成にする方が効果的です。

表示のしやすさ、読みやすさという点にも考慮する必要があります。かっこいいサイトにしたいと奇抜なイメージの画像を多用したり、とにかく目を惹くようにと動画をたくさん挿入すると、肝心の記事が見つけにくくなったり、ページの読み込みが遅くなったりして不便なサイトになってしまいます。また、パソコンよりもスマホで閲覧するユーザーの割合が増えていますので、小さな画面でも読みやすくするという配慮も求められます。ただ見栄えの良いサイトにするということではなく、快適にサクサクと見られるページにするというバランス感覚もデザイン設計の際に必要となってくるのです。

【技術的な点も考慮する】
どうせホームページ制作をするなら凝ったものにしたいというのは、多くのクライアントが考えることではあります。しかし、技術や機能について考えてデザインを決めることはとても重要です。たとえば、更新や変更がしやすい構成にしておくことが求められます。サイトは制作後も、適宜分析をして改善点が見つかったら変更を加えていきます。そのためにも、複雑な構成にするのではなく、更新や変更作業がしやすいようにシンプルにしておくことが肝心なのです。

スタッフブログ|2020年12月28日

年末年始営業日のお知らせ

平素は格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ながら 2019年12月30日(水)~2020年1月4日(月)の間、 年末年始休業日とさせていただきます。
新年は1月5日(火)より通常営業を開始いたします。

休業期間中は大変ご不便をおかけ致しますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

新着情報|2020年12月28日

ホームページ制作においてコンサルティングを活用するメリット

【ホームページ制作コンサルティングとは?】
ホームページ制作を効果的にするためには、幅広い知識とノウハウが必要です。サーバーの契約と管理、記事作成、コーディング、デザイン、集客方法などの知識がないと企業が求めるようなサイトにすることはできません。そのため、素人が作っても、なかなか思ったような成果を上げるのは難しいものがあります。そこで、WEBコンサルタントと呼ばれるプロの助けを求めることができます。ホームページ制作をするに当たって、目的を達成するためのノウハウをコンサルティングしてくれるのです。

ホームページ制作に入る前に、クライアントの業種や強み、サイトを通して成し遂げたいことなどを確認して、それをターゲットに合ったサイトにするプランを立てていきます。ユーザーのニーズを調査して、よりターゲットについての情報を得るという作業をすることもあります。その上で、ホームページ制作にかかるポイント、たとえば全体のデザインや文章の雰囲気、サイト構成などについてのコンサルティングをします。こうしたサポートを得ることで、ターゲットにとってより魅力的なホームページとすることができるわけです。

【運用についてもWEBコンサルタントからのサポートを得る】
ホームページ制作をする時点でも、プロからのコンサルティングは大きな効果を生み出します。しかし、サイトオープン後も的確なアドバイスを受けることによって、より成果を出しやすくなります。たとえば、アクセスを増加させるために、SEO対策をどのように強化していったら良いのかをコンサルティングしてもらえるのです。既存サイトの分析をし、弱点を発見したり、より評価を高めるための具体的な改善点を提案してもらったりすることができます。さらに、自社サイトとターゲットにとって相性の良いネット広告やSNSの媒体を検討してもらうこともできます。より効率よくアクセスを伸ばすことができますし、無駄な施策を採らなくて済みますので労力とコストを節約することにもつながります。

スタッフブログ|2020年12月25日

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP