WordPress機能のご紹介-画像のサイズを小さくしよう-

WordPress機能のご紹介-画像のサイズを小さくしよう-

デザイナーの朝日です。

今回は久しぶりに画像系のプラグインのご紹介です。

突然ですが、私が初めて手にしたガラケーは撮影できる最小サイズが320×480くらいでした。
デジカメも最小サイズが480×640くらいだったかなぁと思います。
最近では、スマホでも画像の最小サイズが1000px以上のもの、最大サイズが5000pxを超えるものも撮影できるようになりました。
高性能なカメラでなくとも、充分きれいで高画質な写真がとれるようになりました。

掲載する写真のリサイズはされていますか?

ブログを更新する時に、デジカメやスマホで撮影した画像をそのままアプロードされる方が多いかと思います。
Wordpressのアップロード機能では、デフォルトで最大下記4サイズの画像を作成してくれます。
・サムネイル(正方形)サイズ 150px
・中サイズ 上限300px
・大サイズ 上限1024px
・フルサイズ
WEBに掲載する写真であれば、そこまでサイズの大きいものである必要は無いのです。
このスタッフブログの横幅(枠線)も1000px程度なんですよ。
5000pxの画像となるとブログの横幅5個分になります。大きいですね。
それならばと、記事の中にはサムネイルや中サイズを掲載して、クリックすると大サイズを表示させればよいですし、
大きい画像のフルサイズを表示させてもブラウザによっては縮小表示してくれますから、問題無いと思えるかもしれません。

しかし、ここで問題なのは、大きいサイズの画像をアップロードし続けていると、
着実にサーバー(HPのデータを置いておくスペース)の容量は埋まっていってしまうことなのです。
大サイズまでしか使わなければ、フルサイズが大きければ大きいほど容量を圧迫するだけの存在に…
必要以上に大きい画像であれば、ある程度縮小してからアップロードしたいですが・・・
・画像を加工できるソフトがない。
・操作に不慣れでうまくできない。
・リサイズをしてからのアップロードが手間。 などなど理由は様々あるでしょう。
そのような場合、このプラグインを使用すると、手間なくリサイズとアップロードが同時に行えます。

使用したプラグイン:Imsanity

どことなく怖い雰囲気の女性のイメージが印象的なプラグインページ...

設定は簡単、インストールして上限サイズを決めるだけ。デフォルトは2048px。
5000px超のフルサイズ画像も設定したサイズ内に縮小され、残り3サイズも作成されます。

Imsanity設定画面

これで、今後は画像のサイズを気にすることなくアップロードが可能ですね。

でも、ちょっとまってください。
今までにアップロードしてきた画像たちはどうすれば?とお考えのお客様、ご安心ください。
このプラグインの良いところは「一括画像リサイズ」の機能がついているところです。

Imsanity のインストール前にアップロードされた既存の画像がある場合は、それらを一括でリサイズしてディスク領域を回復できます。

既存の画像の中から縮小したい画像だけを選択し、リサイズすることができるのです。

Imsanity設定画面

念の為、事前に画像のバックアップは取った上で、
画像を検索して、縮小したい画像をチェック、変更ボタンを押せば既存画像のリサイズが行われます。
リサイズの進行・結果が表示されるので、進行具合もわかりやすいですね。

いかがでしたでしょうか。
極端に大きな画像は縮小し、容量を削減。空いた容量で更にコンテンツを充実させていきましょう。

実装のご相談は弊社までお問合せくださいませ。

スタッフブログ|2017年07月28日

今のホームページに戦略はありますか?

ホームページを新規で立ち上げたり、リニューアルをする際に、今あるパンフレットの資料から
単純にそのままホームページに掲載していないでしょうか?

ホームページにアクセスして、そこからお問合せや資料請求に繋げる導線を明確にしていかなくては
望むような成果を出すのは難しくなります。
そこにはある程度のストリーを立てて、ホームページを構築する必要があります。

よく商品やサービスを導入する際に、下記のようなステップを踏むと言われています。

1.認知

 まずは会社を知られないと意味がありません。
 テレビや新聞などで広告するのは費用が高いため、自社の業界ニュースやトレンド情報を流したり
 するのは効果的です。その他、基礎的な知識を分かりやすくまとめたページを設けたり、何かしら話題に
 なるようなマスコミ受けする情報を流すことも重要です。

 また、リスティング広告等のネット広告でせっかくアクセスしても、ホームページが更新されていないと
 二度とアクセスしてくれません。積極的にブログなどで情報発信をすることも大切です。
 その内容も自然検索でアクセスされる場合もあるので、掲載する内容も吟味する必要があります。

2.興味・関心

 アクセスしたユーザーが、その企業の商品やサービスに興味をもって頂くための説明ページも
 よくありますが、その内容もよくよく吟味する必要があります。
 特徴や要点が分かりやすく掲載されているか、先進の事例や問題解決の方法が明記されているのかなど
 興味がわくようなホームページ作りは必須となります。

3.理解

 企業の商品やサービスの詳細な情報が掲載されていなくはなりません。
 そのために導入事例や商品の仕様や料金紹介が分かりやすく掲載されているのか検討する必要があります。
 特にお客様の声で、客観的に自社商品やサービスの良さをアピールできるとアクセスした方により
 理解されやすくなります。

4.比較・検討

 最終的に購入や契約する際の最後に後押しする情報が掲載されているかも重要となります。
 そのために社員からのアピールだったり、第三者評価や料金シミュレーションがあると分かりやすく
 なります。特に第三者から信頼ある助言があると購入への重要な後押しになります。

上記1~4の流れを検討した上でホームページの構成も検討する必要があります。

現状の企業サイトでは、最後の商品を比較・検討する際に

・他社の製品・サービスとの比較情報
・製品・サービスの導入や購入にかかる費用

が明記されていないホームページも多くあります。
上記が明記されているホームページは全体の6~7%しかないというデータもあります。

戦略的に価格をあえて掲載しない場合もありますが、それは大企業やある程度ネームバリューが
ある企業がやることです。価格の掲載もどこまで表示するのかをよくよく検討し、見た方に便利な他社と
の比較情報があるとより反響があるホームページとなります。

現在のホームページからより反響を増やすために、一度、ホームページの内容を見直して
みたらどうでしょうか?

社長ブログ|2017年07月27日

無料コンサルティングについて

こんにちは。営業の水野でございます。

株式会社ラクーでは、無料コンサルティングを行っております。
最近ページに追加をしましたので、初めて見た、という方も多いのではないでしょうか。

各ページの最下部に表示されるように設定してありますので、
丁度このページの一番下からも確認ができると思います。

ホームページを作成したい、リニューアルしたいと思われる方の多くは、
・作りたい、変更したという気持ちはあるものの、実際にはどのような段取りを組んで行えば良いのか解らない。
・見積もりを取ってみたのはよいものの、どういう基準で選べば良いのか解らない。
・ホームページの運用をしているものの、何を改善していけば良いのか解らない。
という様なお悩みを抱えております。

ラクーの無料出張コンサルティングでは、
わたくし水野を含めて、複数のWEBディレクターが実際にお伺いをさせて頂き、
お悩みに対してご回答、ご提案をさせていただくサービスになります。

必要に応じてご提案、お見積もりをさせて頂き、皆様のお悩みの解決をお助けします。

ホームページに関するお悩みがございましたら、
まずはお話しをお伺いできれば幸いでございます。

営業ブログ|2017年07月21日

サジェスト対策について

こんにちは!!
デザイナーの松田です(^^♪

最近よくサジェスト対策のお問い合わせを多くいただきます。
今回は、サジェスト対策についてご説明したいと思います。

サジェスト対策とは?

例えば、Yahoo!やGoogleにおいて、会社名で検索する際に「会社名 倒産」や、「会社名 ブラック」などが入力候補キーワードとして表示されることがあります。
僕が就職活動とかをしていた頃は表示されるかどうかをけっこう気にして就職活動をしていました(-_-;)
ですが、やはり企業側としては、こういった風評被害や会社にとってマイナスになるようなものはできるだけ避けたいものです。

しかし表示されてしまったものは仕方がありません。
再び表示されないように対策をする必要があります。
弊社では、表示がされないための対策や、解消方法などもご提案させて頂いております。
ホームページだけでなく、WEBに関することでお悩みがあれば、ぜひお気軽にご相談ください(^^)/

スタッフブログ|2017年07月21日

梅雨明け

こんにちわ。
アルバイトの神谷です。

しばらくジメジメとした天気が続いていましたがようやく梅雨が明けましたね。
ジメジメがなくなるのは嬉しいですが、これから本格的に暑くなると思うと憂鬱です。。

今後、暑くなるので熱中症には気をつけたいところです。
最近は室内にいても熱中症になる人も多いみたいなので、常日頃から栄養バランスとこまめな水分補給は心がけていきたいです。
適度な運動をして体力も作るのも大事みたいですが、中々暑いと動く気になれないですよね。
冷房のきいた部屋にずっといると身体の免疫も落ちてきてしまうので、少しでも運動はするように心がけていきたいです。

スタッフブログ, 新着情報|2017年07月20日

デジタル時代における「売れる営業」とは?

アクセル

最近、読んだ営業に関する本です。
サブタイトルで「デジタル時代の営業 最強の教科書」と書かれています。
神田昌典氏が惚れ込み、教材に使うビジネス書と紹介されています。

著者のマーク・ロベルジュ氏は、MITで経営学修士(MBA)を取得し、
現在はマーケティング・オートメーション(MA)分野の代表企業、
「ハブスポット社」の副社長を務めています。

このマーク・ロベルジュ氏がハブスポット社の売り上げをたった7年間で
ゼロから年商100億円に急伸させたノウハウが書かれています。

もともと理系の著者が、営業をデジタルに考えるとこのような営業手法になるのかと
有効なロジックかつシステム的に考えにはいろいろと納得できる箇所もあります。

本の中で興味深かった点は3点

1)自社で営業マンを採用する際に、人材紹介会社に頼ることなく、社内で紹介制度を
 構築した方がよい。確かに本当によい人材は、表には出てこず、会社を辞める際には
 次の就職先が決まっているのが普通。

2)営業マン自身が情報発信をする時代である。
 今はネットの時代でFaceBookなどのSNSでつながっている。そのようなソーシャルメディアで
 権威のある人になれれば、それだけ仕事につながるケースも多くある。

3)何かしらサービスを検討する際に、ホームページで検索することが当たり前に
 なっているが、まだまだホームページの重要性に気が付いていない会社が多い。
 当たり前のホームページでは何の意味もなさない。

最近では、DMや展示会に出展しても反応が少なくなっている声が多い。
確かに私もDMや展示会に行って、よい情報があったら、戻ってきてからホームページで検索します。
そのサービスを導入しようとしたら、ホームページで類似サービスを検索して
3~4社に絞ってアプローチをかけます。そうなるとよほど、サービスや価格帯等で
優位性がないとDMや展示会も意味をなさなくなります。

そのためにはホームページの充実は必要不可欠です。
自社サービスを分かりやすく掲載しているか、料金表は分かりやすいのか、客観的な意見が
掲載されているか等々、ホームページの内容を吟味することは非常に重要になってきます。

また、インターネット普及やAIやロボットで営業マンはいらなくなるという話も
ちょくちょく聞きます。従来は営業する側の方が知識が豊富なため、営業の話を聞かないと
いけないという情報不足がありましたが、今はインターネットでちょっと検索するだけで、
多種多様な情報が検索されます。新人の営業マンよりお客様の方が詳しかったりする
ケースもでてきています。。。

その情報不足どうするのかで、売れる営業マンと売れない営業マンの差が歴然とできます。
各営業マンが提案力をつけなればならないのは必須です。

それをこの本では、データサイエンスをもとに解決しています。
どの企業にとっても勉強になる事例かなと思います。
自社の営業を抜本から見直した方には、おすすめの一冊です。

社長ブログ|2017年07月14日

はじめまして

今年の4月からデザイナーで入社いたしました
坂(ばん)と申します。

今まであまりwebについては勉強をしておらず
入社した頃は、ほとんど作業が出来ませんでしたが、
メンバーの方に色々とお教えいただきながら
この3ヶ月仕事をし、やっと少しですが出来るように
なってまいりました。

デザイン以外でも電話対応や来客応対をしているのですが、
まだ落ち着いて出来てないので頑張ってまいります。

今後ブログの担当がまわってきたら
自分が仕事の中で覚えたことや、デザインについて
書いていければなと思います。

よろしくお願いいたします。

スタッフブログ|2017年07月07日

ホームページ運用相談作成依頼はこちらから

0120-982-419

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP