ブログ記事を複製する

ブログ記事を複製する

こんにちは、朝日です。

日々のブログ更新の中で、記事を複製したい場面はございませんか?
例えば、定期開催するイベントの告知、事例やお客様の声の紹介など、
ある程度形式を統一したい記事を作成する場合ですと、一から作るのは大変ですね。
かといって、前の記事を開きコピーして新しい記事に貼り付ける…という工程を踏むのも
毎回のこととなるとやや手間でしょう。

WordPressのプラグインには、作成した記事をかんたんに複製できるものがございますのでご紹介します。
試しにこちらのイベントのお知らせ風の記事を複製してみましょう。

00

使用するプラグイン:Duplicate Post

プラグインをインストールし有効化を行うと、投稿一覧に[複製]というボタンが追加されます。
01

[複製]をクリックすると、複製された記事が[下書き]状態で保存されますので、
あとは、[編集]をクリックし複製された記事を編集してください。
03

本文もしっかり複製されていますので、画像を差し替えたり、表の中身を書き換えたりすればOKです。
04

いかがでしょうか。
いつもの記事作成が少しでも簡略化できれば、幸いです。

もっと手間を減らしたい!そんな方には、
カスタム投稿機能を利用するのも一つの手ですよ。

スタッフブログ|2018年02月23日

アンガーマネジメント研修

先日、アンガーマネジメントの研修を受けてきました。
名前を聞いたことのある方もいるかと思います。

最近では仕事が忙しかったり、グローバル化や雇用形態も多種多様に
なっておりストレスが溜まりやすい世の中になっています。
自分でも気が付かないうちにストレスは溜まっているそうです。

アンガーとは日本語だと「怒り」です。
怒りをうまくマネジメントしましょうという趣旨のセミナーでした。

ただ、怒らないことを推奨するのではなく、
怒る必要があることは上手に怒り、
怒る必要のないことは怒らないようにするコントロールしましょう
ということでした。

怒りは人間にとっては必要なことで、
喜怒哀楽にあるように「怒」も人間にとっては必要な感情表現の1つです。
また、怒ることで相手に伝わりやすくなったりします。逆もまたしかりです。
そして怒ることは自分の身を守るための防衛感情だそうです。

問題になる怒りの種類としては、

①一度怒ると止まらない。強く怒りすぎる
②根に持つ。思い出して怒る
③頻度が高く、しょっちゅうイライラ、怒る
④他人を傷つけたり、自分も傷つける。ものにあたる

このような怒りはダメですね。

そのためには問題なるような怒りをしないように自分を改善する。
つまりは怒りをためないように自分自身をリラックスさせたり、
ストレス発散のために趣味に没頭することも良いそうです。

怒りが起こった場合に下記のように対策すると良いそうです。

①怒りの感情でカッとなるピークは6秒ぐらい。それまでじっとしている。
②今までの人生で一番怒れたことを10とするとどのぐらいか。
 普通のイライラは1~3程度の怒りぐらいで収まるそうです。

また、そもそもの怒る理由ですが、
自分の中にある「べき」ということが問題のようです。
いわゆる現実と理想のギャップです。

この「べき」をなくすために、自分の人間としての器を大きくしていくこと。
あまり自分のこり固まった判断だけでなく、相手の気持ちも考えて認めることも
重要だと感じました。日々日常で活かしていければと思います。

社長ブログ|2018年02月22日

ホームページ制作に補助金が出ます

こんにちは
ラクー営業担当の水野です。

メールマガジンにて告知を行いましたが、
ご新規で訪問される方向けに営業ブログの方でも告知をさせて頂きたいと思います。

ホームページ制作に補助金が出ます

前年も告知を行いましたので、ご存知の方もおられるかもしれませんが、
今年も中小企業が経営計画に基づいて実施される補助金が公開されました。

生産性の向上に寄与するIT導入支援という目的で
原則50万円を上限に補助金(補助率1/2)が出ます。

4月、5月頃に公募を行い、8月頃に完了という流れになると考えられますので、
導入まである程度時間に余裕があり、新規でIT制作をご検討されている方も
おられるのではないでしょうか。

公募の日程についてはまだ公式のものが出ておりませんので、
今後の営業ブログにて告知をさせていただきます。

<補助金の内容について>

1. 補助率 1/2
2. 金額上限 50万
3. 目的 :生産性の向上に寄与するIT導入支援
4. 予算額 500億  (昨年は1次、2次合計100億)
5. 目標としている補助事業者  13万5千社(昨年は1次、2次合計約1万4千社)

補助率が1/2金額上限が50万円となりますので、
100万円の制作費用を50万円で制作をすることができます。

<対象となる取り組みの例>

(1)集客力を高めるためのホームページ制作
・デザインの刷新や機能の変更、集客を意識したものにリニューアルなど

(2)広告宣伝及び広告制作費用

・新たな顧客層の取り込みを狙い、チラシを作成・配布など

(3)業務をより円滑に進めるためのシステム制作
・管理システムの自動化や、業務利用の為のアプリケーション開発など

広告費にはホームページの制作やチラシなども含まれます。
チラシの制作などのお見積もり依頼もいただいておりますので、
お気軽にご連絡ください。

今回の補助金によって、今まで活用してきたホームページを
更に有効活用するための良い機会になるのではないかと思います。
この機会にホームページのリニューアルなどご検討ください。

ご不明点、ご興味がおありでしたら、
是非ご連絡を頂ければと思います。

営業ブログ|2018年02月16日

ホームページの必要性

861e9389349082f1ad114f3715f795b4_s

ネット社会の現在、
仕事を探すのにも、仕事を依頼するのにも、ご飯屋を探すのにも、
何をするのにも、まずネット検索するという方が多いと思います。

もし自分が何らかの仕事を依頼する時、
相手の会社がどれくらいの会社で、どういった企業と取引をしていて、
等の情報が全く得ることができなかったら、依頼する側は不安にはなりませんでしょうか。
情報がないことで不安要素を与え、集客を逃してしまうことにも成り兼ねません。
ホームページでいつでも会社の情報が見えるという状態にしておくことで
顧客の信頼性を高めることができます。

またホームページがないと継続的な会社のアピールもできません。
テレビCM、チラシ等の宣伝媒体もありますが、ずっと使うのには莫大な予算がかかります。
継続的に会社や会社の商品をアピールしたいということでしたら、
ホームページが必要不可欠なコンテンツになります。

◆ホームページがないデメリット
・会社の情報少ないので信頼性が欠ける
・そもそも現在、運営されているのか分からない
・サービスの継続的アピールができない
・ネットからの集客ができない

このような観点からもホームページは必要不可欠なコンテンツと言えます。
もしホームページのことでお悩みがございましたら、
お気軽に当社までお問い合わせください。

スタッフブログ|2018年02月16日

【ホームページにFlashを使用している方へ】

こんにちは(^^)/
デザイナーの松田です!!

先日福井でとんでもない量の雪が降りましたね。。
名古屋でも少しは降りましたが、
交通網がマヒするほどではありませんでした。

海外ではフランスのパリで30年ぶりの大雪で
700km以上の大渋滞が発生したそうです。
日本では考えられないような数字ですね。。。

さて、本題に戻りますが、みなさんは下記のニュースをご存知でしょうか。

Adobe、Flashを2020年に廃止。ChromeやFirefox、Edgeなど段階的にサポート終了

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1072470.html

一昔前にホームページを作る際にFlashを使用しているサイトがとても流行しましたが、
そのFlashがついに表示されなくなってしまう時期が2020年に来ることになりました。

現在でもFlashを使用しているサイトでは、一部表示の不具合が既に起こり始めています。
弊社でも以前Flashを使って作っていたホームページもありました。
最近では、JavascriptやSVGなどを使用して、ホームページに動きを付けるようになりました。

Flashが採用されているホームページでは、

image

このような表記がされていたり、Flashの部分を右クリックすると、

menu

こういったメニューが出てきます。

パソコン側でFlashを動く設定をすれば動いてくれますが、
これは、それぞれのパソコンを設定しなければならず、
自分は動いていても、他人のパソコンでは動かなかったりするときもあります。

ラクーでは、FlashをJavascriptに置き換えたり、
もしくは別の方法でホームページを動かしたり、
様々な提案をさせていただいております。

だんだんホームページが動かなくなってしまう前に!!
ぜひ一度お問い合わせください!!

スタッフブログ|2018年02月09日

ホームページに集客するためには

先日のブログで、ホームページからの反応が少ない場合、
まずは今のアクセス状況を調べることが大事であると書かせて頂きました。

自社ホームページの課題を明確して、競合サイトの分析をしっかり行い、
顧客ニーズをしっかり分析する。なかなか自社だけでは、見つかりづらい部分に
なりますので、外部に委託することもよいかと思います。

上記の分析が終わってから、ホームページにアクセスをいかに集めるかが
集客対策となります。特にどのような検索キーワードで集客するのかが大事です。

キーワードが確定したら、主に下記の集客対策をご検討ください。

1)SEO対策 ※Yahoo!やGoogleで検索して上位に表示される

 <メリット>
 ・無料で宣伝できる
 ・検索で上位化されれば、費用対効果は絶大

 <デメリット>
 ・複数のキーワードので上位化は難しい
 ・確実に上位表示させることができない
 ・上位化まで時間がかかることが多い

2)リスティング広告 ※Yahoo!やGoogleで検索して上位の広告枠に表示

 <メリット>
 ・1クリックの単価を上げれば、表示されやすい
 ・複数のキーワードでも表示される
 ・月額の上限費用を決めて始めることもできる

 <デメリット>
 ・人気のあるキーワードでの上位化は1クリックの単価が高い
 ・年々費用が高くなる傾向にある
 ・管理が複雑である

3)ディスプレイ広告 ※Yahoo!やGoogleと提携しているサイトにバナー表示

 <メリット>
 ・幅広い顧客に宣伝することができる
 ・一度、アクセスした方にも再度、宣伝することができる

 <デメリット>
 ・かなり幅広く表示されるため、すぐに効果が出るとはいえない
 
4)Facebook広告 

 <メリット>
 ・ターゲットをかなり細かく指定できる(例 愛知県在住の20代、男性で車に興味あり)
 ・月額の上限費用を決めて始めることもできる

 <デメリット>
 ・対象がFacebook広告内に絞られる。
 ・登録している年齢層が高め。
 
どのようなキーワードや対象によって広告先もよくよく検討する必要があります。
ホームページも集客しないと全く意味がありません。

この機会にホームページの集客についても一度、ご検討してみてはいかがでしょうか?

社長ブログ|2018年02月09日

ホームページ全体のスクリーンショットを撮る

こんにちは、坂です。

今回は、ホームページ全体のスクリーンショットを撮る方法についてです。
このホームページのデザイン好きだなと、ブックマークをしておいたけども
ある日もう一度見てみたら、リニューアルをしていてデザインが変わってしまっていた。

スクリーンショットを撮る方法は知っているけれども、
画面で見えている分しか撮れなくて、いちいち継ぎ足して編集するのが
とてもめんどくさい、、、などの経験された方いらっしゃるかと思います。

そんな方にオススメしたいのが
「Awesome Screenshot」です。
ブラウザのGoogle Chromeの拡張機能の一つになります。

全体スクリーンショット01

まず、Awesome Screenshotをインストールします。
こちらのサイトを開くと
左図のような画面になりますので、「CHOROMEに追加」→「拡張機能を追加」を押します。

全体スクリーンショット02

押しますと画面の右上にカメラのレンズのようなアイコンが追加されたかと思います。
そのアイコンをクリックすると。。。右図のような表示が出てきますので
「Capture entire page」上から4つ目のアイコンが
青で塗られたページの項目をクリックします。

全体スクリーンショット03

クリックすると、左図のような画面に切り替わります。
この画面は、実際どのようにスクリーンショットを撮影したのか確認できるページ
+撮影したスクリーンショットに、文字や線などの図形を追加できる編集ページになります。
わざわざ、ペイントツールを立ち上げなくても
右図のように、コメントとか書けて便利です。

確認をしたら右上の「Done」ボタンを押して決定になります。

全体スクリーンショット04

「Done」を押すとまたページが切り替わり、
先ほどの編集ページで書いた線や文字が含まれた状態で確認ができます。
確認をしたら、ページ右側中央の赤枠で囲ったダウンロードボタンをクリックで
完了です!
右図のように、ページ全体のスクリーンショットが撮ることができました。

スタッフブログ|2018年02月02日

ホームページ運用相談作成依頼はこちらから

0120-982-419

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP