SNSの利用者分布について

SNSの利用者分布について

こんにちは。
ラクーの営業担当、水野でございます。

最近は県外からのお問い合わせも増えてきており、
遠くの方でも情報を共有できるインターネットの存在を改めて感じています。

情報の共有といえば、みなさんSNSは利用されておりますでしょうか。

SNS(ソーシャル ネットワーク サービス)とは
インターネットを介して構築されるインターネット上のコミュニティの総称で、
みなさんが日常的に使っているLINEなども、その一部なのです。
その他に広く普及しているものですと、TwitterやFacebook、インスタグラムなどがあります。

日常的な出来事を投稿する以外にも、多くの人の目が集まるということもあって、
新商品の宣伝や、企業の認知に利用されている方もたくさんおられます。

一口にコミュニティといっても、各SNSは機能的な違いもあり、
集まっている人にも違いが出てきます。

そこで今回は、SNSの利用者層の違いを簡単にご説明いたします。

SNSごとの利用者層

・Twitter
昨今は情報量の多さからか、テレビのニュース番組でも、
Twitterの投稿を元としたものを取り扱うほど、
コミュニティとして大規模になったTwitterですが、
その利用者数の多くは20-40代となっています。
男女で利用者は大きく違いが出ておらず、若中年層の多くが利用されています。

・Facebook
海外を中心に利用者が多く、日本でもコミュニティの広がりが目立ってきました。
Facebookの利用者は30-50代の方が多く、こちらも男女比はほぼ1:1となっています。
実名での登録を推奨しているためか、登録者に著名な方もおり、
経営者の方を中心としたコミュニティが構築されています。

・LINE
LINEの普及によって、携帯電話のメール機能を使わなくなった。という方がいるほど、
連絡手段としては簡単でありふれたものとなりました。
LINEは20-50代まで幅広く使われており、ホームページにも、
LINE@で友達追加を行うなど、活用されているところが多いです。

如何でしたでしょうか。
SNSにはそれぞれ特徴があり、利用者層も違いますので、
宣伝を行う際はその辺りを意識してみると良いかと思います。

営業ブログ|2018年04月13日

WordPress導入の利点

223395ae7cd150697858d397130d03f0_s

こんにちわ。
デザイナーの神谷です。

本日はWordpressを導入する利点をお話したいと思います。
ですが、馴染みのない方だと「Wordpress」と聞いても何か分からない方も多いかもしれません。

簡単説明するとホームページを制作するシステムです。
これを使ってホームページを作ると制作の面でも、今後のページを更新することを考えても便利です。

それでは具体的に導入のメリットをあげます。

◆ コンテンツの制作・更新がしやすい

制作時には、例えばページの共通部分を一つで設定ができるので、
ページごとにコンテンツを配置する必要性がなく、時間が短縮できます。
またブログ形式でホームページを更新ができるため、
HTMLやCSSの知識がない方でも修正や更新が可能です。

◆ システム費がかからない

WordPressは全ての機能が無料で使えます。
その他の多くのシステムは、全ての機能を使おうとすると別途費用が発生します。
ラクーではその分、制作費を抑えることができています。

◆ 機能が豊富(プラグイン)

プラグインとはWordpressに機能を追加できるもので、
セキュリティー対策や、お問い合わせフォームを簡単に設置ができたりします。

◆ SEO(検索エンジン)に強い

WordPressは検索エンジンに強いシステムです。
SEO対策に使えるプラグインもあるため、簡単にSEO対策ができます。

その他にも様々な利点がありますので、
当社では主にWordpressを使った制作を行っております。

新規でホームページを制作やリニューアルをお考えの方、
また不明な点等がございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

スタッフブログ|2018年04月13日

ランディングページの活用について

ランディングページをご存知でしょうか?
たまに略してLPなどとも呼ばれています。

ホームページでお問合せを増やしたい対象が明確な場合は効果があります。

例えば、下記のようなページになります。
http://koutsujikopro.com/strength/

1ページ内に内容を組み込んで、すぐにお問合せをさせるようなページ構成になります。
お問合せを増やすために、ページデザイン、キャッチコピー、ページ全体の構成が
とても重要になります。

そのため通常のホームページのようにカタログ的に掲載しても意味がありません。

ランディングページを制作するコツは主に以下のようになります。

・このサイトを見た方がドキッとするようなキャッチコピー、場合によっては恐怖心をあおるような内容にします。
・自社の売りを明確に紹介する。具体的な数字があると分かりやすい。
・客観的な数字データ、第三者のお客様の声を紹介する。
・すぐにお問合せできるように電話番号やお問合せフォームはページ内の各所に掲載する。

等々のポイントはあります。

また、せっかくランディングページを作成しても、見てもらわないと効果がありません。
1ページ内には情報が詰まっていますが、複数ページがある訳ではないので、
SEO対策として不利になります。

そのためにネット広告のリスティング広告を行います。
キーワード単位で検索した際に上位表示させる方法です。

リスティング広告は表示されただけでは費用はかかりません。
クリックしたら、1クリックいくらかの費用が必要になります。
1クリックの単価が高い方が上位表示されます。

設定はリアルタイムで行うことができ、月間の予算も決めることができますので
金額範囲内で収まり、それ以上の広告費がかかることもありません。

ランディングページはリスティング広告、場合によっては facebook広告も連動して
表示させるとよいかと思います。

最近ではこのようなホームページから効果をあげるために、どうすれば良いのか
いろいろなお問合せを頂いております。

業種によって、ホームページから効果をあげる手法は異なります。
まずはお気軽にお問合せください。

社長ブログ|2018年04月11日

URL短縮サービス「goo.gl」のサポートが終了へ

こんにちは(^^)/
デザイナーの松田です!!

4月に入り、ヒノキの花粉が今度は舞い始めたので、
相変わらず僕の鼻はズブズブの状態です。
目にも来ますので、花粉の時期が早く落ち着いてほしいものです。。。

さて、アメリカにあるGoogleが現地時間の3月30日に
URL短縮サービス“goo.gl”のサポートの終了を発表しました。

Google URL Shortener

Google アカウントでログインしていない匿名のユーザーや、
これまでショートリンクを作成したことのないユーザーは、
4月13日以降、goo.glコンソールで新しいショートリンクを作成できなくなります。
文字数制限のある、FacebookやTwitterでのプロフィールに貼られることが多かったのですが、
今後はgoo.glではできなくなるそうです。

既存のユーザーについては2019年3月30日までの1年間、
goo.glコンソールでショートリンクの新規発行や分析を行えるが、
それ以降はAPIが廃止されてしまうため、
「Firebase Dynamic Link」や、「Bitly」といった
代替サービスに切り替える必要があります。

しかし、廃止後もショートリンクは維持されるそうなので、
リンクを張りなおす必要はありません。
ただし、URLのリダイレクトが行われるだけで、
クリック数のカウントなどの分析機能は利用できないようなので、注意が必要です。

今後も時の流れによって、新しいものが出てきたり、
廃止されたりすることもあるので、ニュースは要チェックですね!

スタッフブログ|2018年04月06日

ホームページ運用相談作成依頼はこちらから

0120-982-419

メールマガジン会員募集

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP