無料出張相談無料出張相談
資料請求資料請求
メールでのお問い合わせはこちらご相談・お問い合わせ
googleストリートビューをホームページに

ホームページ制作ではポータルサイトは必要?

■ポータルサイトとは?
ポータルサイトとは、ユーザーがホームページを見た時に、情報が分かりやすく整頓されている目次のような役割をするサイトのことです。たくさんの種類があり、それぞれ役割や使い方が異なりますが、上手に取り入れることによって、自社の宣伝だけではなく、ユーザーが知りたい情報を幅広く提供することができ、高い公益性が期待できます。

■ポータルサイトの種類
ポータルサイトの中でもよく知られているのは、Yahoo!やMSNなどの総合ポータルサイトで、1つのページ内に、ニュースや天気予報、検索エンジンなどたくさんの情報や機能が詰まっていて、ユーザーにとっての使い勝手はバツグンです。

地域密着型企業のホームページ制作なら、地域型ポータルサイトが好評です。ローカルな地域に特化した情報を提供するのが特徴で、観光地やグルメ店、特産物を紹介するなど、自社だけでなく地域全体を宣伝できます。

その他にも、専門型ポータルサイトなら業界の情報を発信することができます。企業がポータルサイトを制作する場合に最も多いのがこのタイプで、特定の業界に特化することによって、ユーザーによりたくさんの情報を提供することができるとともに、業界全体の繁栄にも貢献できます。

社内ポータルもあります。これは社内における情報共有の目的で利用するもので、社内ネットワークの中で運用するのが特徴です。社内ポータルは、イントラネットでのみ閲覧できるため、外部のユーザーは利用できません。

■ポータルサイト制作では目的を持つことが大切
ポータルサイトとしての機能を持ったホームページ制作をする場合には、まず、何を目的として、具体的にどんな情報を紹介したいのかという点を明確にした上で、ホームページ制作に取り掛かることが必要です。あれもこれもと関係性のない情報を散りばめてしまうと、まとまりのないサイトに仕上がってしまいます。企画や戦略をしっかり行うことが、大きな成果につながるホームページ制作につながります。

スタッフブログ|2020年07月03日

ホームページ制作はデザインも大切

■デザインはコンテンツと同じぐらい重要
ホームページ制作においては、SEO対策でユーザーに見つけてもらいやすいページ制作をするほか、階層化やキーワード設定など、コンテンツ作成においては、たくさんの作業が必要となります。しかし、コンテンツの内容と同じぐらい重要なのが、Webデザインです。どんなに役立つ情報が書かれていても、画像や写真、イラストなどが全くなくて単色のページでは、閲覧するユーザーにとっては、つまらないものです。つまらないページでは、ユーザーの興味や関心をそそることは難しいですし、アクセス数も伸びない可能性が高くなってしまいます。そうした事態を避けるためには、ホームページ制作においては、コンテンツ作成作業と合わせて、デザイン面での作業も必要となります。

■デザインは外注するのがおすすめ
ホームページ制作におけるデザインは、企業の雰囲気やイメージ、どんなコンテンツにするのかを踏まえた上で、プロの仕上がりを目指したいものです。自社に専門部署が設置されているのなら、そこで対応が可能かもしれません。しかし自社対応は難しいという場合には、専門業者に依頼するのがおすすめです。

ホームページ制作を手掛ける業者の中には、SEO対策や階層化などのコンサルティング業務に加え、Webデザインについても対応している所があります。できるだけ幅広い分野に対応している業者を選んだほうが、ページの階層化やコンテンツに関しても情報を共有できるので、高い満足度のホームページ制作ができるでしょう。また、ホームページ内に掲載する画像やイラストについても、業者に依頼すれば対応してもらうことができます。魅力的でプロの仕上がりのホームページ制作をするなら、外注するのがおすすめです。

■特に力を入れたいランディングページ
ホームページの中でも、ユーザーが最初に目にするトップページは、ランディングページと呼ばれています。ランディングページの印象や見やすさ、使いやすさによって、ユーザーは自社のホームページの階層に入るかどうかを判断します。そのため、ランディングページは特に、Webデザインが重要です。

スタッフブログ|2020年07月02日

ホームページ制作でコンサルティングが必要なのはどんな時?

■ホームページ制作のコンサルティングとは?
ホームページ制作の作業は、コンサルティングのサービスを利用しなくても、社内で制作してネットにアップロードすることはできます。しかし、それが素早く集客につながるかと言えば、必ずしもそうとは限りません。制作したホームページのアクセス数を伸ばして集客につなげるためには、ユーザーが検索エンジンを使ってキーワード検索した時に、できるだけ上位ページに表示されるためのSEO対策が必要です。その他にも、ホームページの階層化やキーワード設定など、ホームページ制作においては、大きな成果につなげるための戦略や企画を立てなければいけません。

そうしたノウハウを持っているのが、コンサルティング会社です。自社でホームページ制作を検討している際には、失敗しないためにも、コンサルティング会社に相談するのがおすすめです。コンサル会社では、できるだけ効率的かつ効果的にコンテンツを制作するとともに、どうしたら成果につながりやすいかという点を考えながら戦略的なホームページ作りができます。

■こんな時にはコンサルティングがおすすめ
コンサルティングは、新規にホームページ制作する場合だけではなく、すでに運用しているホームページがあるけれど、アクセス数に伸び悩んでいるとか、成果につながっていないという場合などにもおすすめです。どうしてアクセス数が伸びないのか、その原因を分析するとともに、どこをどう改善すれば成果につながる可能性が期待できるか、と言ったアドバイスを受けることができます。

コンサルティング会社を選ぶ際には、ただアドバイスを行うだけではなく、実際にホームページ制作やSEO対策にも対応してくれる所を選びましょう。あちこちに外注するよりも、ワンストップで必要なサービスを受けられるコンサルティング会社なら、満足度の高いホームページ作りができるでしょう。

また、アクセス数が伸びないホームページの多くは、ユーザー目線になっていないため、作り直しが必要となるケースが多くなります。コンサル会社選びでは、そうした再制作のサポートをしてくれる所を選ぶのが安心です。

スタッフブログ|2020年07月01日

ホームページ制作の成果は企画によって決まる

■ホームページ制作では戦略を制したものが成果を制す
近年では、たくさんの企業がホームページを公開しています。同業他社やライバル社も、ホームページを使ったマーケティングを行っていることが多いのではないでしょうか。無限の可能性を秘めたネットという媒体を使って自社の宣伝ができるホームページは、閲覧してくれたユーザーが知りたいと思うような情報をわかりやすく提供するとともに、他社との差別化を図れるようなコンテンツ作りをしたいものです。また、しっかりとSEO対策を行うことによって、他社よりも上位ページに表示されやすくなり、それが集客力のアップやビジネスチャンスの拡大という成果となります。

企業のホームページは、ネット上においては企業の顔になる存在と言えます。ホームページ制作前にきちんと階層やキーワードといった構成を考えながら、アクセス数が伸びるようなページ制作をしたいものです。

■ライバル社のサイトをチェック
自社のホームページにどのぐらいのアクセス数が期待できるのかという点を知るためには、ライバル社や同業他社のホームページをチェックして、どんなコンテンツや情報が掲載されているのか、どのぐらいのアクセス数があるのかをリサーチすることから始めましょう。そして、ライバル社に負けないSEO対策やページ数、内容の濃いコンテンツを目指したホームページ制作を行います。

ライバル社や同業他社のサイトを見ることは、たくさんのメリットがあります。例えば、良いなと思える部分は積極的に取り入れることができますし、見づらいなと感じた部分は階層化することで、見やすい構成を作れます。また、業界によっては、専門用語が多すぎてユーザーにとっては理解しづらいことがあります。その場合には、自社ホームページ制作では、より分かりやすい言葉で説明するなど、改善点を見つけることもできるでしょう。

企画や戦略をコツコツ蓄積することが、結果的には大きな成果につながります。

スタッフブログ|2020年06月30日

流行を取り入れたホームページ制作でアクセス数アップ

■ホームページにも流行がある
ネットサーフィンをしていると、なんとなく古い感じがするサイトがあったり、しばらく更新されていないだろうなと予測できるサイトがあったりします。こうしたサイトは、ホームページ制作における流行やトレンドを取り入れた更新作業を行っていないため、訪問者にマイナスの印象を与えてしまうと考えられます。

私達のファッションや食べものなど、生活の中には様々な流行があるように、ホームページにもトレンドがあります。例えば、立体感のあるデザインが流行する時期もあれば、逆にフラットなデザインの方がオシャレに見える時期もあります。また、ユーザーインターフェイスにおいてもトレンドがあるので、ホームページ制作の際には、そうした流行を取り入れることが、アクセス数を伸ばしたり、ビジネスの機会拡大にもつながります。

■どんな流行を取り入れるべきか?
ホームページのトレンドは、一つではありません。例えば近年では、ページデザインはゴチャゴチャしたモノよりも、シンプルなものの方が新鮮な印象を与えてくれます。また、アニメや動画などを少しだけ採用しながら、ストーリー性のあるホームページ制作が求められています。少し前には、アニメや動画が大流行して、ページを閲覧しているユーザーの目的を邪魔するほど騒がしい雰囲気のページもたくさんありました。しかし現在では、騒がしい動画よりも控えめなものの方が、ユーザー受けは良いです。

■アートなセンスが求められるホームページ制作
ページを閲覧してくれたユーザーに対して、斬新で新鮮な印象を与えながら、ユーザーが知りたい情報を的確に提供するホームページ制作においては、アートなセンスやコンテンツマーケティングの手法が求められます。社内でこうしたホームページ制作に対応するのが難しいという場合や、より効率的かつ効果的にアクセス数を伸ばせるホームページを作りたいという場合には、外部業者にホームページ制作を依頼するという方法がおすすめです。
2020年現在

スタッフブログ|2020年06月29日

ホームページ制作では検索対策も忘れずに

■検索対策とは?
ホームページ制作では、検索対策することが必要不可欠です。これはSEO対策とも呼ばれているもので、Yahoo!やGoogleなどの検索ページから特定ワードで検索をかけた時、できるだけ上位ページに表示されるための対策方法です。どんなに素晴らしいホームページでも、検索結果の上位ページに表示されなければ、閲覧される可能性は低くなってしまいます。ホームページ制作の段階から、できるだけ上位ページに表示されやすいコンテンツ作りをするというのが、検索対策です。

■具体的にはどんな方法があるのか?
ホームページ制作における検索対策には、いろいろな方法があります。例えば、各ページにはコンテンツの内容にあったタイトルをつけるとか、ディスクリプションやMetaタグを設定する、などがあります。また、各コンテンツを制作する際には、まずはどのページからどのページへ移動するのか階層化するとともに、各コンテンツは何について情報を記載するのかという点を事前に考えながら、各ページごとに適切なキーワードを設定することも効果的です。

膨大なホームページの中から、どれを上位ページに表示するかを決める検索エンジンには、よく知られているものだとYahoo!やGoogleなどがあります。それぞれの検索エンジンは、どんな基準で上位ページに表示されるホームページを決定しているのかという点が微妙に異なっています。そのため、検索対策を行う際には、どの検索エンジンを対象にしているのかという点を決めた上で、具体的な作業を始めるのが効果的です。

■検索対策はホームページ制作段階でのプランニングが大切
こうした検索対策は、新規にホームページ制作をする段階からプランニングするのが理想的です。すでに確立されているホームページの場合には、内容や階層を調整する作業が必要となるため、コンテンツの再制作の作業を伴います。しかしこれから新規制作するのなら、まずは階層構造を作り、どこにどんなキーワードの情報を掲載するのかという点を、計画を立てながら制作できるでしょう。

スタッフブログ|2020年06月26日

運用しやすいホームページ制作のポイントとは?

■ホームページ制作をしたら次は運用
ホームページ制作の後には、運用という作業が必要です。例えば、アクセス数を継続的に伸ばし続けるためには、コンテンツをこまめに更新する必要があります。それに、ホームページを見た人からの質問や問い合わせに対応する作業も必要です。また、トラブルが発生してホームページが閲覧できなくなった場合には、迅速に対応しなければいけません。このように、完成したホームページに対して、メンテナンス的な管理を行うことを、運用と呼びます。ホームページを制作する際には、運用のことも考えたページ制作が必要不可欠です。

■コンテンツ更新業務はマスト業務
ホームページ制作の時には、その時点での最新情報を掲載します。しかしその後、新しい商品やサービスが出たり、会社の所在地が変わったり役員が交代するなど、状況が変わることは珍しくありません。また、会社でイベントを開催する際には、ぜひホームページを使ってマーケティングを行いたいものです。

企業のホームページは、常に最新情報を掲載しておくことが必要です。その役割をしてくれるのが、コンテンツの更新業務です。できるだけ頻繁に更新するためには、ホームページにCMS(コンテンツマネジメントシステム)を導入するのが便利です。CMSがあれば、社内でも管理画面から簡単に情報を更新できますし、情報の追加や削除なども可能です。CMSは、すでに運用がスタートしているホームページに対して導入することもできますし、これから新規にホームページ制作する際に、システムに組み込むこともできます。

■外部とのコミュニケーションは業務フローを決めておこう
ホームページの中に、顧客からのお問い合わせフォームを設置する際には、お問い合わせが来たらどの部署がどんな風に対応するのかという点を、事前に決めておくと良いでしょう。ホームページ運用の担当者が対応できるものなのかどうか、また関係部署や担当者に問い合わせなければいけないものなのかを考え、事前に対応マニュアルなどを作成しておくと、スムーズな運用ができます。

スタッフブログ|2020年06月25日

ホームページ制作とシステム開発の違いとは?

【ホームページ制作の特徴】

コンピューター上でプログラムを動かすためには、プログラム言語と呼ばれる特有のコードを使って機能を作っていくことが必要となります。それぞれの分野で独特のプログラム言語が使われることが多く、ホームページ制作でも特有の言語があります。

ホームページ制作ではいくつかのプログラム言語が利用されますが、基本となるのはHTMLと呼ばれるタイプです。これはホームページを作ったり、メールの文章を構成したりする以外でそれほど使われることはなく、一般的な業務ソフトや文書ソフトなどでは使用されません。そのため、ホームページ制作では他のジャンルで使われない言語が使用されることが多いのです。

また、ホームページ制作における特徴としては、画像や動画などのデザインに関わる仕様が多いという点も挙げられます。単に情報を伝えるだけであればテキストだけでも良いのですが、現在では見やすく魅力的なサイトを作ることが必須となっているため、デザインにかなり力を入れています。また、アニメーションや画像スライドなど、動的なページにすることも多く、視覚的な工夫も多く取り入れられるようになっています。

【システム開発との違いとは?】

システム開発の現場は、主に企業において業務を効率化するためのプログラムを作ることが多いです。具体的には、社員同士の情報共有や資料の作成、会計処理、在庫管理などがあります。こうしたシステムでは、処理を速くしたりコストを下げたりといった必要最低限の機能があれば良いので、テキストと最小限のアイコンだけを作るというケースが多く見られます。デザインに凝るということはあまりなく、システム開発ではより使いやすいものが最優先されます。システム開発におけるプログラム言語も、やはりいろいろなものが使用されますが、ホームページ制作のように特有のものがあるというよりは、汎用的な言語が使用されることが多い傾向にあります。

スタッフブログ|2020年06月24日

ホームページ制作で聞くポータルサイトってなに?

【ポータルサイトとは?】

ホームページと一口に言っても、たくさんの種類があります。その一つがポータルサイトと呼ばれるものです。これはいろいろなサイトを紹介し、リンクを貼ることで他サイトへのいわば入り口となるようなサイトのことを指します。多くの場合、特定のテーマやジャンルについてまとめてあり、ユーザーが知りたいと思うような細かな情報を掲載しているサイトをカテゴリに分けて紹介しています。ユーザーとしては、あるジャンルについて知りたい時、そのジャンルを網羅しているポータルサイトに行けばいろいろな話題について調べられるので、とても便利なのです。

このように、このタイプのサイトは自分でたくさんの情報を提供するというよりも有用な情報を提供している他のサイトを探して、そこにユーザーを送り込む役割を担っていることが分かります。たくさんのサイトを紹介し、見やすくリンクを貼ることでユーザーにとって便利なサイトとなるので、多くの固定アクセスを獲得することもできます。

【ポータルサイトのホームページ制作を依頼する際の注意点】

ホームページ制作会社は、様々なタイプのサイトを作れるところが多いです。ポータルサイトも作れるというところも多く、通常のホームページ制作と変わらない手間とコストで依頼できることもあります。ただし、この種のサイトは、常に情報を更新していくことが欠かせません。どんなテーマのものであれサイトは常に増え続けているので、最新の情報を提供しているサイトを新たにポータルサイトの中に加えていく必要があるからです。

そのため、一度ホームページ制作をしたら終わりということではなく、その後もずっと更新作業を続けていかないといけません。そうなると労力もコストもかかります。ホームページ作りは制作にかかる費用だけでなく、運用にかかるコストも計算して予算を立てておくことが重要です。また、情報を更新していくことでユーザーを獲得、確保できますので、常にいろいろなサイトをチェックして紹介できるところを見つけていくことも必要になるでしょう。

スタッフブログ|2020年06月23日

ホームページ制作におけるデザインの重要性

【ユーザーはデザインの良いサイトを好む傾向が強い】

世界中には数え切れないほどたくさんのサイトが存在しています。同じような内容の情報を提供しているサイト、同じような商品やサービスを販売しているサイトも多く存在します。この世界はとても競争が激しい場所なのです。そのため、できるだけ競合サイトとの差をつけ、よりユーザーを惹きつけられるホームページ制作をすることは、サイトの成功を左右するものとなります。

自サイトを成功させるためには、掲載する情報を質の高いものにすることが大事です。しかし、同時にサイトのデザインというのも非常に重要です。同じ内容の情報を掲載している場合、ユーザーはより見やすくスタイリッシュで魅力的なデザインのサイトを好む傾向が強いからです。ほとんどテキストだけで見栄えが悪く、構成も考えられていないサイトだとユーザーの信頼を失ってしまうこともあります。有用で正確な情報が記載されているのに、デザインのせいで悪い評価を受けてしまうこともあるのです。

【ホームページ制作では見た目にこだわる】

こうしたことを考えると、ホームページ制作において、サイトの見た目にこだわるというのはとても大事なことです。具体的には、まずユーザーにとって見やすく、読みやすいページにするということが重要です。文字がぎっしりと詰まっていて、写真もイラストもスペースもないと、ユーザーはパッと見ただけで嫌になってしまい、他のサイトに行ってしまいます。そのため、適宜文章の間に画像を入れたり、見出しなどを付けたり、文章をキリよく区切ったりするなどの工夫が必要となります。

こうした全体的なページ構成という形でのデザインは、読みやすいサイトにするために欠かせないのでホームページ制作では気を付けるべきです。同時に、強調したいポイントを画像で紹介したり、イメージ写真を入れたりして魅力的なページにすることも忘れないでください。見やすいだけでなく美しいサイトが作れれば、多くのユーザーを惹きつけられるようになります。

スタッフブログ|2020年06月22日

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP