メールでのお問い合わせはこちらご相談・お問い合わせ
ホームページ制作で注目されるポータルサイトとは

ホームページ制作で注目されるポータルサイトとは

「港」の役割を果たすポータルサイト

ホームページ制作会社で良く見かける「ポータルサイト」とは、ネット上の様々なホームページのリンクを掲示し、それらのホームページの玄関口の役割を持つウェブサイトのことです。「ポータル(Portal)」は「入り口」を意味し、その語源は「港(Port)」です。まさに、目的のホームページに向かう出発点の「港」の役割を果たすのがポータルサイトです。

ホームページ制作で注目される「地域ポータルサイト」

ポータルサイトの一種として、地域情報を発信するサイトを集めた「地域ポータルサイト」があります。都市や地方の魅力を伝えて、集客をアップする目的があります。しかし実際のところ、初期の地域ポータルサイトはあまり重視されず情報量が少ない事例も多くありました。

しかし近年、アクセスの集中する地域ポータルサイトが増えています。注目を集めるポータルサイトには、「地域の店舗情報が充実している」という共通した要素があります。これには、スマートフォン普及が大きく影響していると言えます。

スマートフォンの普及が変えた地域ポータルサイトのあり方

スマートフォンの普及はそれまで室内に限られていたネット環境を、多くの人が外に持ち出せる環境が普及したことを意味します。例えば、美味しいラーメンを食べたいと思ったとき、それまでは自宅のパソコンを使って予め目的地となる店を探し、その情報をプリントアウトするなど、事前準備が必要でした。しかし近年はスマホを使うことで自分のいる場所の周辺情報をいつでも気軽に検索できるようになり、ふと思い立って自分の周辺のラーメン屋を探すことも容易にできるようになりました。ホームページ制作でもスマートフォン対応が重要となっています。

スマートフォン表示を考慮したポータルサイトの構築がカギ

実際に、アクセス件数が伸びている地域ポータルサイトは、そのほとんどがスマートフォンに対応したサイトとなっています。地域ビジネスに寄与する地域ポータルサイトの構築には、ますますスマートフォンへの対応が欠かせなくなっていると言えます。ラクーでは、初期費用無料でポータルサイトを制作できるサービスがあります。

スタッフブログ|2019年07月31日

ホームページ制作におけるデザインの重要性

ホームページ制作におけるデザインの重要性

ホームページ制作にあたって、「デザインは二の次」と考える人も少なくありません。確かに、ホームページの価値はデザインだけで決定されるものではありませんが、デザインもホームページを機能させるために重要な要素であることは間違いありません。

ネットユーザーがひとつのホームページに滞在する時間は平均90秒程度というデータも存在します。その短い時間でホームページの目的と価値を伝えるために必要になるのがデザインです。

ユーザーへの印象づけ

ホームページ制作でのデザインの最も重要な役割が、ユーザーへの印象づけです。同じ内容を伝えるホームページであっても、文章主体で画像を使用しないものと、画像を効果的に使用するものとでは、どちらがユーザーの印象に残るか、容易に想像できることでしょう。ホームページはユーザーがアクセスしてきた、その瞬間に、いかに強い印象を与えるかが重要です。強い印象を与えることで、ユーザーの興味をひき、離脱率を下げることにもつながります。

視認性の向上

印象づけが重要であるとは言え、ただ派手な色使いでインパクトを求めれば良いというものではありません。ホームページには視認性の良さが求められます。視認性とは「みやすさ」のことで、ユーザビリティや操作性にも関係する重要な要素です。視認性の高いホームページは効率的に必要な情報をユーザーに提供することが可能です。

ターゲットの絞り込み

どんなターゲット層に情報を提供するか、その絞り込みもデザインに求められる役割です。メインターゲットの違いによって、大人っぽいデザイン、男性的なデザイン、女性的なデザイン、子供向けデザインと、そのデザインを変えることで、目標とするターゲット層を絞り込み、より効果的で成果の出るホームページ制作を行うことが可能です。

ターゲットを狙い撃ちするデザイン

ラクーは、ホームページの目的とターゲット層によって、より印象に残り、ターゲットを絞り込みながらも、視認性に配慮した、お客様の目的に最適なホームページ制作を行います。

スタッフブログ|2019年07月29日

価値あるホームページ制作を行うためのコンサルティング

WEBコンサルティングが必要な理由

ホームページ制作を行っている会社には、WEBコンサルティング業務も行ってい会社が少なくありません。「コンサルティング(Consulting)」とは「問題点を把握してその対策を提案すること」という意味ですが、なぜ、ホームページにコンサルティングが必要になるのでしょうか。

ホームページ制作を行うには、必ず目的があるはずです。しかし、個々のホームページの目的はそれぞれ違います。「自社商品への問い合わせを増やしたい」「ブランドイメージの向上を図りたい」「人材採用の応募件数を増やしたい」等、個々の目的を達成し、成果の出るホームページとするためには、個々に違う方策が必要になります。つまり、すべてのホームページに共通する問題解決策はないということです。それぞれのホームページにはそれぞれに応じた問題への対策を考えなければなりません。そのために、個々に違う問題点に対し、それぞれ必要な対策を考えることができる、知識とスキルを有したコンサルタントによる提案=コンサルティングが必要となるわけです。

伝えたい情報を正確に、魅力的に、最大限に伝えるためのコンサルティング

ラクーは、お客様企業がユーザーに伝えたい情報を、正確かつ魅力的に、そして最大限伝えるためのコンサルティングを行います。お客様の「目的」「ターゲットとなるユーザー」「伝えたい情報」を正確に把握し、それを実現するために必要な提案を行います。

ラクーではさまざまなホームページの制作に対応しています。企業や製品を紹介するためのホームページであれば、企業のイメージにあったデザインで業務内容や製品を紹介する、来店促進を目的とするホームページであればユーザビリティや親しみやすさをお店の雰囲気に合わせるなど、個々のホームページに応じた適切なコンサルティングを行うことで、お客様のホームページを価値あるものとし、確実な成果を出せるホームページとすることをお手伝いいたします。

スタッフブログ|2019年07月25日

成果の出せるホームページ制作とは

ホームページの成果が出ない原因

ホームページ制作は企業毎に様々な目的・目標を持って行われますが、すべてに共通して言えるのは、いかにユーザー=人を集めるかが重要、ということでしょう。

しかし、ただホームページ制作を行い、公開するだけでは、その目的を達成する=成果を出すことには繋がりません。実際に予算をかけて制作会社にホームページ制作を依頼しても、ホームページ経由の問い合わせがない、売り上げにつながらないなど、ホームページの運用に問題を抱える企業は少なくありません。せっかく多額の予算をかけてホームページを作ったのに、どうしてこのようなことが起こってしまうのでしょうか。

「ホームページを制作すること」と「ネットで集客すること」は違います。

ホームページ制作会社とは文字通り「ホームページを制作する会社」であり、つまり「制作のプロ」です。見た目の良さや動きを出すなど、優れたデザインのホームページを制作することに長けたプロです。

しかし、「見た目のよさ」=「集客力」ではありません。多くのホームページ制作会社は、新規の顧客を人づてに頼ったり、営業職に頼っていますが、それは裏を返せば「ネットでの集客」を行っていない、という事実にも繋がります。

ホームページの制作にはノウハウの蓄積が重要となりますが、営業や人づてを頼っているホームページ制作会社は自らホームページでの集客を行うことで得られるノウハウの蓄積を怠っているとも言えます。こうした制作会社が「成果の出る」ホームページを制作することは困難であることは、推して知るべしでしょう。

「集客力」あるホームページ制作に必要なノウハウ

ホームページの集客力は、単に見た目のデザインを良くすることだけで得られるものではありません。検索エンジンで上位表示されるためのSEO対策や、リスティング広告の併用など、さまざまな方策が必要です。

ラクーでは、ホームページ制作だけではなくインターネットをフルに活用することで、真に成果の出るホームページをお客様に提案します

スタッフブログ|2019年07月22日

ホームページ制作の流行と最新トレンド

ホームページ制作のトレンドの変化

ファッションやグルメに流行(トレンド)があるように、ホームページ制作にもその時々の流行があります。成果の上がるホームページ制作には、このトレンドをいかに取り入れることができるかが、重要になってきます。

2010年以前のホームページ制作では、画像よりも文字情報を中心として構成されるデザインがトレンドでした。これには画面サイズと回線速度が大きな要因となっています。当時のパソコン画面は今よりも小さいものが多く、「1024px × 768px」を主流としていました。画面の狭さという制約を受け、取り扱う画像は小さくせざるを得ず、文字情報をメインとして扱わざるを得なかったわけです。

また、回線速度が今より遅かったことも大きな要因でした。2010年以前はADSLが主流で、大きなデータ量となる画像をホームページ上で大量に使うことは困難でした。画像に頼れないため、当時のホームページは文字情報をメインとしたレイアウトにする必要があったのです。

2010年以降の流行の変化と最新トレンド

しかし、2010年頃を境に、状況は大きく変化することになります。より大型のパソコン用モニター(ワイド画面)や高速回線が普及し始め、ホームページデザインにも画像や動画をメインとするレイアウトが主流になってきました。しかし、そのような状況は、1つの画面の中に過剰な情報を詰め込もうとする傾向を生んだのも事実です。その反動として、ここ数年ホームページ制作におけるトレンドとして浮上してきたのが「ミニマリズム」です。

ミニマリズムは情報を一画面に詰め込むのではなく、ピンポイントな情報をシンプルな画面構成で伝える表現様式です。これは過剰な情報がユーザーを必要な情報に到達することを困難にし、結果ホームページから離脱させてしまうという弊害の反省から生まれたものです。一画面の情報を可能な限り減らすことで、ユーザビリティを向上させるミニマリズムの流行は2019年以降も続くと思われます。

ラクーでは、常にホームページ制作の流行を意識し取り入れつつ、成果の出るホームページを行ってまいります。

スタッフブログ|2019年07月19日

ホームページ制作でお客様の目的を達成するためのSEO対策(検索対策)

SEO対策(検索対策)ターゲットとなる客層を狙い撃つ秘策

ひとことでホームページ制作と言っても、その目的と内容は制作されるホームページによってそれぞれことなります。会社をPRするためのコーポレートサイトや期間限定のイベントサイト、求人募集のためのサイトなど、ホームページの目的によって集客したい客層は異なっています。ホームページ制作に際して、ターゲットとする客層を的確に捉え、呼び込むために必須の手法がSEO対策(検索対策)です。

SEO対策(検索対策)のSEOとは「Search Engine Optimization」の略称であり、日本語では「検索エンジン最適化」と訳されます。これは検索エンジンであるGoogleのボットにホームページの発見と内容解読をしやすくする=検索エンジンにホームページのコンテンツ内容を正確に伝達することを意味しています。

SEO対策を施すことで、そのホームページはGoogleの検索結果の上位に表示されることになります。ネットユーザーがGoogleでキーワード検索を行った場合、利用者の80%以上が検索結果の1ページ目に表示されたURLをクリックすることが知られています。つまり、Googleの検索結果に表示されても、それが2ページ目以降だと客層となりうるユーザーの大半を逃してしまうことになってしまいます。

そのため、Googleから客層を集めようとするなら、より検索結果上位にホームページが表示されることが重要となるわけです。SEO対策がホームページ制作において重要となるのはこのためです。

ITを最大限活用するベストサービスを提案

ラクーではSEO対策(検索対策)の効果を最大限に引き出すことを目的とした綿密なヒアリングを行うことで、お客様がホームページ制作にあたって持っている意図と目的を明確にした上でホームページ制作を行っています。また、ホームページ制作だけに限らず、お客様の目的達成のために必要なIT活用の提案を行い、ITを通じてお客様の発展に寄与します。

ラクーのSEO対策(検索対策)は、検索結果1ページ目に表示されるまで料金が発生しない、初期費用無料・完全成果報酬型となっております。

スタッフブログ|2019年07月16日

ホームページ制作後の運用も積極的にサポートします

ホームページ制作後の運用が大切です。

ホームページ制作は、完成したものを公開すればそれで終わり、ということにはなりません。どのような業種であれ、時間の経過によってトレンドが変化し、ユーザーが求めるものが変化していきます。公開の時点で最適なSEO対策を行っていたとしても、それは時間が立つほどトレンドから遠ざかることになります。

また、Googleを始めとする検索エンジンも、最適な検索結果の表示のため、頻繁にエンジンのアルゴリズムの更新を行います。アルゴリズムの更新によって、それ以前で通用した検索エンジン対策(SEO)の効果が、突然失われてしまうということも往々にして起こり得るのです。

ホームページの集客力を維持、向上させるためには定期的な更新作業を行うことが不可欠なのです。よく「ホームページは育てるもの」、などと言いますが、その言葉は正に、このことを意味しているわけです。

ホームページ制作後のサポートを徹底して行います

ラクーではホームページ制作後も、運用を徹底的にサポートし、集客力の向上のお手伝いをいたします。月に1度、2時間程度のお客様との打ち合わせを持ち、その時のホームページの現状について精査、分析を行いレポートにまとめて提出。ホームページの運用と集客力の改善、向上に有益な提案を行ってまいります。

分析レポートには、「Google Analyticsによるアクセス解析の結果」「現状のSEO対策の結果」「会員獲得数の状況」「売り上げの動向(金額・件数)などの情報が含まれます。

ホームページの目的達成を目指すために、ホームページの運用に必要となる知識やスキルを、お客様にも学習して頂いております。ラクーはホームページの完成・公開までのお付き合いばかりではなく、公開した後も、ホームページの運用と改善を含め、お客様の目的達成のための継続的で積極的なお付き合いを大切にし、お客様のパートナーとして、共に歩んでいくことを会社としての理念といたしております。

スタッフブログ|2019年07月12日

ホームページ運用相談作成依頼はこちらから

0120-982-419

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP