無料出張相談無料出張相談
資料請求資料請求
メールでのお問い合わせはこちらご相談・お問い合わせ
ホームページ制作の成果は企画によって決まる

企業がホームページ制作するメリット

【ホームページ制作で売り上げアップ】
もし企業でホームページを持っていないようであれば、速やかにホームページ制作することをおすすめします。中小企業の場合、メディアを使って宣伝することはなかなか難しいでしょう。しかしホームページを持てば、そこで自社の商品やサービスについてPRできます。多くの人がサイトにアクセスしてくれれば、かなりの宣伝効果が期待できます。

もちろん多くの人がサイトを訪問することが前提です。そのためにはサイトのレイアウトを見やすくしたり、SEO対策したりする必要はあります。ホームページ制作のポイントを押さえれば、売上アップに貢献してくれる可能性が大です。また多くのアクセスがあれば、それが新規顧客の獲得につながるかもしれません。そのことでさらなるビジネスチャンスも期待できるでしょう。

【問い合わせ先を確保できる】
ホームページ制作をするメリットとして、問い合わせ先を簡単に確保できることも見逃せません。企業のホームページを見てみると、お問い合わせフォームを用意しているサイトが多いでしょう。つまりその会社について興味を持ったけれどもわからないことがあった場合、その場ですぐに問い合わせできます。このように利便性が高くなるので、ユーザーを増やす効果も期待できます。

もしホームページがないとどうなるでしょう。わからないことがあっても、どこに問い合わせをすればいいのか途方に暮れてしまいます。電話帳などで連絡先を調べないといけません。この手間が面倒で、「ほかのところで問い合わせしよう」とユーザーが考えてしまってもおかしくありません。新規顧客やビジネスチャンスをみすみす逃すことにつながりかねないわけです。

ホームページ制作すれば、簡単に問い合わせができるようになります。問い合わせフォームを用意していない企業のホームページもあります。たとえフォームがなくてもホームページにアクセスすれば電話番号やメールアドレスなどが記載されているので、どこに連絡すればいいか、ユーザーもすぐに把握できます。

スタッフブログ|2020年10月28日

検索対策でホームページ制作会社を活用しよう

【ホームページ制作で欠かせないSEO】
皆さんもそうでしょうが、ネットで何かの情報収集する場合、検索エンジンを利用するでしょう。知りたいキーワードを入力して、ヒットしたサイトにアクセスしませんか?ホームページ制作に当たって重要なのは、検索対策です。いかに検索対策をして、自分のサイトを上位に表示するかです。結果順位によって、集客力はかなり違ってきます。

ホームページ制作会社の中で、SEO対策をウリにしているところも多いです。SEOとは検索エンジン最適化のことです。掲載順位の上位表示を目指すための検索対策です。上位に表示されるためには、一つの要素だけでは決まりません。さまざまな要件をチェックし、総合的に評価されるものです。SEOを自分たちで行うことも可能ですが、かなり専門的な知識が必要でしょう。また順位を決めるアルゴリズムは見直されるので、一回上位に表示されればずっと同じ結果が続くとは限りません。SEOのノウハウを豊富に持っているプロにお願いしたほうがいいでしょう。

【検索対策の流れ】
では具体的にSEOをどのように進めるのか、まずはヒアリングを実施します。クライアントと話をすることで潜在ニーズがどこにあるのか、クライアントの課題がどこにあるかについて検証を進めていきます。その上で、最適な検索対策は何かを考えていきます。そして、どのような方法でSEOをするのが最適か、クライアントに提案します。

クライアントが内容を理解しているのであれば、実際にSEOのための作業を進めていきます。中にはSEOをすれば、すぐにでも自分のホームページが検索結果の上位にくるものと思っている人もいるようです。しかし、そんなに早く効果が出るのを期待することはできません。場合によっては、効果が表れるまでに数か月単位の時間のかかることもざらです。このようにSEOを誤解している人もいるでしょう。ホームページ制作会社としっかり話し合いを行うことで課題を共有し、意思の疎通を図ることが、より良い関係を構築するために必要なことです。

スタッフブログ|2020年10月27日

ホームページ制作会社選びは運用も踏まえて

【ホームページの運用とは】
ホームページ制作を行ったらそれでゴール、というわけにはいきません。運用をする必要があります。ホームページ制作はなんとなくわかるけれども、運用について具体的にどうすればいいかわからないという人もいるでしょう。運用の仕事にはいくつかの項目があります。

まずはコンテンツを更新する作業です。ホームページ制作時のままだと情報が古くなったり、飽きられたりして集客が伸びません。定期的に新しい情報に更新することで、ホームページにアクセスしてもらえます。

サイトに問い合わせフォームを設置した場合、お客さんが利用する可能性があります。問い合わせが来た場合、その対応をするのも作業の一環です。問い合わせのほかにもクレームやメディアからの取材の申し込みなど、いろいろな案件が来るでしょう。できるだけ早く対応することが求められます。

またWebサイトで何らかの問題が起きる可能性もあります。このようなトラブルが発生した際に速やかに必要な修正を行って、元通りにすることも重要な仕事の一つです。修正だけでなく、再発防止のための対策を講じることも求められます。

【ホームページ制作会社に外注する方法も】
ホームページ制作にこのようなメンテナンスも依頼する方法もあります。自社で専門のスタッフをこれから雇う場合、人件費がネックになるかもしれません。外注するとコストカット効果が期待できます。この場合、どこまでを依頼するかは検討しておきましょう、すべてお任せという方法もありますし、ある程度の専門知識を持ったスタッフがいれば、自分たちである程度担当できるケースもあるでしょう。依頼内容によって、相場も変わってきます。

本格的に任せる場合には、月々5万円以上かかる可能性が大です。一方、簡易なものであれば、せいぜいかかっても2万円くらいです。格安をウリにしている制作会社の中には、月々5000円くらいで請け負ってくれるところもあります。(2020年現在)

スタッフブログ|2020年10月26日

ホームページ制作とシステム開発の違いとは?

【ホームページ制作サービスの特徴】
ホームページ制作を行う会社は、Web系のサービスに特化して制作活動を行っていることが多いです。それだけWeb系サービスというのは、専門的な技術とノウハウが求められるものなのです。たとえば、企業のニーズに合ったサイトの作り方をアドバイスすることから始まり、デザインを決め、文章を制作することまでします。当然、ホームページ制作にはコーディングも含まれます。このように、ホームページ制作には様々がスキルが求められるのです。実用性の高いシステムにすることも重要ですが、特に重要なのはデザインです。ここが他のサービスとの違いと言えるでしょう。使いやすいだけでなく、見た目が魅力的で訪問者を惹きつけるようなデザインにしないといけないからです。

また、プログラミングも他の開発とは異なる特徴を持っています。ホームページ制作ではHTMLと呼ばれるプログラミング言語がメインとなります。それに加えてJavaScriptやRubyなどの言語が使われています。多くのサイトは様々な複雑な機能を実装するようになっているので、一つのホームページの中に複数の異なるプログラムが入っているというのも特徴的です。

【システム開発の特徴】
一方で一般にシステム開発と呼ばれる場合、会社の業務を効率化するための業務システムなどを作るという意味合いを持つことが多いです。この場合のシステム開発は、ホームページのように不特定多数の人が使うものではなく、特定の人だけが利用するものです。そのため、無駄をできるだけ省き、使いやすい仕様とすることが最も重要となります。そのため、ホームページとは異なりデザインにはあまりこだわらないことが多いです。むしろ、できるだけシンプルにして業務にだけ集中できるようにします。

また、プログラミング言語もシステム開発では主にJavaが使われています。様々な処理を高速に行ったり、命令を用途に合わせて作りやすいというのが特徴です。このように、システム開発ではその用途と利用する人においてホームページとは違いがあり、それがデザインやプログラミング言語に現れているのです。

スタッフブログ|2020年09月29日

ポータルサイトのホームページ制作のコツ

【ポータルサイトのタイプを考える】
ポータルサイトとは、その中で特定のジャンルについての他サイトや企業などを紹介するサイトのことを指します。ユーザーは、そこで気になっていることについて取り上げているサイトや、望むサービスを提供してくれる企業を見つけてアクセスできます。いわばポータルサイトは、ユーザーと専門サイトや企業をつなぐ橋渡しをする役割を果たしているのです。

一口にポータルサイトと言っても、その取り上げ方によっていくつかのタイプがあります。まず、情報掲載タイプで、該当するテーマについて専門知識や様々なサービスの解説をしています。その解説と同時におすすめのサイトや企業を紹介するという流れを取ります。また、比較サイトというタイプもあります。これは、特定のサービスを提供しているサイトや企業を複数取り上げて、それぞれの特徴を比較しユーザーに選んでもらいます。ランキングという形を採ることもあります。そして、マッチングタイプもあります。ユーザーが好みの条件をチェックボックスなどで選ぶと、それにマッチするサイトや企業を検索して紹介してくれるというものです。まずは、ホームページ制作を始めるに当たり、このようなタイプのうちどれにするかを検討することで、より魅力的なポータルサイトにできます。

【機能と情報の質と量がホームページ制作のカギ】
どのタイプにするかを決めたら、それに合わせた使いやすい機能を搭載することがホームページ制作では重要になります。たとえば、マッチングタイプでは条件の選択と検索の機能が大事です。そのため、見やすく選びやすいチェックボックス、精度の高い検索ウインドウを実装しなくてはなりません。

同時に、情報が豊かで正確ということもホームページ制作で気を付けたい点です。ポータルサイトを訪れるユーザーは、単に自分の望むサービスを出しているサイトや企業を知りたいだけではないからです。まずはポータルサイトに来て、サービスを選ぶ際のポイントや、上手な活用法、それぞれの企業のメリットデメリットを調べたいからです。こうした情報を掲載して、質の高いサイトとしましょう。

スタッフブログ|2020年09月28日

ホームページ制作で意識すべきデザインのポイント

【一目見て理解できるデザイン】
ホームページのデザインというのは、直接アクセス数や購買率に関係してくる大事なポイントです。そのため、ホームページ制作の際には慎重に検討を重ねる必要があります。いくつも考慮すべき点がありますが、その中でも重要なのがホームページの内容を、一目見て理解させるようなデザインにするということです。

多くの訪問者はたくさんのホームページを見ていて、いわばサイト慣れしていますので、一目見てイマイチという印象を持つと、すぐに他のサイトに行ってしまうことがあります。そのため、ページのトップのデザインというのは訪問者をサイトに留まらせるために、非常に大事なものなのです。特定の商品やサービスを売っているのであれば、その内容が分かるような見た目にするのも一つの手です。または、会社やブランドのことを思い出させるようなイメージにするのも良いでしょう。また、初めて訪問する人でも、そのイメージを見てどんな商品かを理解できるインパクトのあるものとすべきです。具体的には、高級感を打ち出したり特定の原材料を強調したりすることができます。

【全体の印象を作る配色を考えたホームページ制作】
ホームページ制作をする際には、サイト全体を貫くイメージを意識する必要があります。たとえば、企業やブランドのイメージカラーを作るというのは良い方法です。そのカラーをメインとして、マッチする配色でページを作っていけば、サイト全体に一体感が生まれますし、おしゃれな印象を持ってもらえます。色の他にも、サイト全体で同じアイコンを使ったり、一つのテーマで画像やイラストを作るというのもコツです。

【スマホ対応のデザインにする】
ホームページ制作において意識すべきもう一つの点は、スマホ対応のデザインにするということです。多くのユーザーはパソコンではなく、スマホでアクセスするようになっているからです。そのため、小さな画面でも見やすい構成にすることや、縦画面に対応させること、重い動画や画像を入れないなどの配慮が求められます。

スタッフブログ|2020年09月25日

【復旧済】弊社電話回線の不具合のお知らせとお詫び

平素は格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。

2020年9月25日、14時頃から弊社の電話回線に不具合が発生しております。
回線の不具合、もしくは機械の故障により、お客様より弊社への電話が不通となっております。
早急に原因を調べておりますが、復旧にはしばらく時間がかかる見込みです。
お客様には多大なるご迷惑をおかけしまして誠に申し訳御座いません。

緊急のご要件等御座いましたら問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。
お問い合わせフォーム

【2020年9月28日追記】

上記の不具合が解消され、現在は電話が利用できる状態になっております。
この度はご不便とご迷惑をおかけしまして誠に申し訳御座いませんでした。
また、不通時にお電話をいただいたお客様がいらっしゃいましたら、重ねてお詫び申し上げます。

新着情報|2020年09月25日

ホームページ制作のコンサルティングとはどんなサービスなのか?

【ホームページ制作のコンサルティングを活用するメリット】
ホームページ制作は、使いやすいソフトなども出ているため、頑張れば自分たちで内製することも可能です。しかし、企業として成果の出るサイトを作りたいと思っているのであれば、やはりプロに頼るのは賢明な方法と言えるでしょう。コンサルティングというのも、その一つのサービスです。

ホームページ制作の実際の作業とは別に、どのように制作作業を進めたらいいのかなどのアドバイスを与えてくれるのがWebコンサルティングと呼ばれるプロです。企業が作りたいと思っているサイトの方向性を決める手伝いをしたり、アクセス数を高めるためのコツを教えて、実際にサポートしてくれます。さらには、サイトを運用するに当たって生じえる問題への対処を考えて、安全にサイトを活用できるように助けるのも仕事です。こうしたコンサルティングを利用することで、より効率よくホームページ制作ができますし、魅力的なものとすることができるというメリットがあるのです。

【どんなサイトにするかを決める助けとなる】
自社サイトを作ったことがないのであれば、いったいどんなホームページにすれば良いか分からないというのが、実際のところでしょう。そこでWebコンサルティングは、それぞれの企業がどんなサイトを作ったら良いかをアドバイスします。売り出したい商品やサービスの内容をチェックした上で、どんなデザインにしたら良いかを検討します。また、ターゲットをどこに絞るべきか、掲載する内容としてはどんなものが良いかなども決めるよう助けます。サイトの中で使う画像、動画のイメージや、実際のホームページ制作をする際のポイントをなどを示して、より質の高いものとなるようにしていきます。

同時に、サイトへの集客についての助言を与えます。SNSを活用してホームページと連携する方法や、メルマガを配信するなどの選択肢を提案することができます。さらに、サイトを公開した後も、その更新や運用の仕方、広告の作り方などについても情報を提供して、成果が挙がるサイトに成長できるよう助けることができるのです。

スタッフブログ|2020年09月24日

成果の出るホームページ制作とは?

【成果とはなにか?をはっきりさせる】
手間と費用をかけてホームページ制作をするのであれば、それに見合った成果を得たいと思うのは当然のことです。そのためには、まず成果とはなにか?という点をはっきりとさせる必要があります。中には、サイトを作って満足してしまい、特にそのサイトに期待することもないという企業もあります。それでは、ホームページ制作をする意味がないのです。

サイトの成果としては、まず会社そのものや提供しているブランドの知名度を上げるという、宣伝効果が挙げられます。また、サイトを通して商品やサービスの販売数を上げるというのも立派な成果です。中には、直接サイトで商品を販売することもあるので、成果は購買数という形で明確に現れます。このように、成果の定義をはっきりとさせることで、ホームページ制作において何をすべきか分かるのです。

【ターゲットを絞ったホームページ制作を】
成果を効率よく出すためには、まずターゲティングが非常に重要です。どの層に向けて情報を発信したいのか、だれが最もよく商品を買ってくれそうかを考えて、それに合ったホームページ制作の仕方を採るのです。ターゲットがはっきりすれば、その人たちの年齢や好みに合わせたデザイン、コピーを作ってホームページ制作ができます。

【ランディングページの質を高める】
特に商品を販売する目的のサイトであれば、ランディングページ、つまりユーザーが広告などを経由してアクセスしてくるページ、商品購入ページの質が成功のカギとなります。紹介したい商品やサービスの魅力を高めるコピーや画像を使うこと、分かりやすい商品説明をすることなどがポイントとなります。同時に、そのまま購入まで誘導できるように、購入のための入力フォームや決済入力などがスムーズにできるように作ります。ランディングページがよく作られていると、一つのページの中でユーザーは興味をそそられ購入意欲を高め、そのまま購入まで導かれることになるのです。

スタッフブログ|2020年09月23日

流行に合わせたホームページ制作の流れとは?

【流行に合わせたホームページ制作企画】
実際にホームページ制作を始める前に、トレンドを押さえたデザインと機能を入れられるよう、じっくりと企画をすることで、そのサイトの成果はぐっと上がります。まず、サイトの目的とターゲットをはっきりさせます。ホームページを作って、自社そのものやブランドの知名度を上げたいと思っているのか、サイトで商品やサービスを販売するのかなどの目的があります。その上で、特にどの層にサイト訪問してもらいたいと考えているかを明確にします。年齢や嗜好、性別、扱うテーマについての知識レベルなどを細かく設定していくのです。こうすることで、サイトのデザインや文体、機能などを流行に合わせて決めやすくなります。

【サイトの設計をしていく】
次に、サイトをどのような構成にしていくかという設計を行います。たとえば、商品を販売するのであれば、商品ジャンルごとにページを作っていく、その商品ページからすぐに決済といった、楽な動きで購入できることが今の流行となっていますので、それに合わせた設計ができます。また、定期的に新しい情報を更新していくのであれば、ブログ形式にした方が良いなどの判断をすることもあります。このように、ホームページ制作を効率よく進めるために、まず今のユーザーが求めている機能や利用法を考え、その後それぞれのページの作りを決めていくのです。

【実際のホームページ制作】
構成が決まったら、ページデザインやアイコン、画像などを用意します。同時に、記事の作成やページのコーディングを進めていきます。多くの場合、デザインやコーディング、記事制作を分担して効率よく進めていきます。ホームページ制作は、それぞれの分野のプロが集まって分業制で行っていくのです。文章やデザインが完成したら、ミスなくサイトが思うように動作するかをチェックします。問題がなければ、サーバーにデータを送信し公開します。この際には、サイトのURLを決めるドメインを取ったり、サーバーの設定をしたりする作業も含まれます。こうして作ったデータを送信したら公開となり、世界中の人にサイトを見てもらえるようになります。

スタッフブログ|2020年09月18日

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP