無料出張相談無料出張相談
資料請求資料請求
メールでのお問い合わせはこちらご相談・お問い合わせ
沖縄県の方より、お問い合わせいただきました。

ホームページ制作とシステム開発はどう違うの?

【似ているようで異なるサービス】

ホームページ制作とシステム開発は、完成するホームページの見た目はとても良く似ています。しかも、ホームページ制作を依頼できる業者の中には、システム開発の部分も含めてワンストップ対応してくれる所がたくさんあります。そのため、依頼する側にとっては区別をつけづらいかもしれません。しかし両者には大きな違いがあるため、ホームページの制作を業者に依頼する際には、違いを理解して、必要なサービスを幅広く対応してくれる業者を見つけることが、失敗しないためのコツです。

ホームページ制作は、ユーザーが使いやすいホームページを制作します。見た目重視のページ作りをするわけです。一方でシステム開発においては、見た目よりも機能重視の制作となります。特定の企業やユーザーに限定しての機能提供となることが多く、対象となるユーザーや企業の使い勝手を重視します。

【使用するプログラミング言語も大きく違う】

ホームページ制作とシステム開発とでは、作成プロセスにおいてエンジニアが使用するプログラミング言語も大きく異なります。ホームページの制作においては、HTMLを始め、PHPとかJavaなどをメインに使います。一方でシステム開発では、デザインではなく機能重視となるため、C言語をベースとしたRubyやPhythonなどの言語がよく使われます。また近年では、IoTやAIに関連するシステム開発もニーズが高く、より複雑で難易度の高い言語もよく使われています。

【システム開発もできるホームページ制作会社の見つけ方】

ホームページ制作においては、ページの制作だけではなく、システムの開発部分についてもワンストップで依頼できる業者を見つけるのがおすすめです。たくさんあるホームページ制作会社の中からシステム開発でも好評の会社を見つけるためには、口コミをチェックしたり、システム開発についての情報を紹介している制作会社をネットで見つけると良いでしょう。システムの開発も行う業者では、費用面が若干割高になる傾向があります。しかし、ワンストップで依頼できることは長期的に大きなメリットがありますし、高い満足度や成果にもつながります。

スタッフブログ|2021年07月30日

ホームページ制作ではポータルサイトは必要?

【ポータルサイトとは?】

ポータルサイトとは、ウェブサイトの入り口と考えられていて、企業のホームページに加えて、地域の情報とか地図情報、お天気など様々な情報が同じページに掲載されているサイトのことを指します。よく知られているポータルサイトなら、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンサイトが挙げられます。大手IT企業が運営しているというイメージがあるポータルサイトですが、他にも自治体が運営しているサイトや不動産サイト、また社内向けのポータルなどもあります。ホームページ制作においてはポータルについても検討することによって使い勝手が良くなり、より幅広くたくさんの顧客を獲得することにつながります。

【ホームページ制作におけるポータルサイトのメリット】

ホームページ制作においては、ポータルのサイトが必要かどうか、またコスパは良いのかという点に不安を感じる人が少なくありません。立ち上げたばかりの時には、まだ軌道に乗っていないので運営は大変かもしれませんが、軌道に乗ればポータルのサイトが大きな利益をもたらすというメリットが期待できます。ポータルのサイトの知名度や認知度が高くなれば、GoogleやYahoo!のサイトのように、どのページに行くにも自社のポータルを介してもらえるというメリットもあります。

【デメリットはある?】

デメリットは、軌道に乗るまでの作業量が多く、必ずしも労力や作業量が成果につながるとは限らないという点ではないでしょうか。どんなにたくさんの情報をポータルのサイトに詰め込んでも、それを見てくれるユーザーがいなければ、知名度を高めることは難しいでしょう。また、検索エンジンから高評価されなければ、ユーザーへの露出度を高めることもできません。

またポータルのサイトでは、莫大な情報量を取り扱います。そのために、サーバー管理が大変になる他、管理コストも多くかかるというデメリットもあります。ホームページ制作においてポータルサイトを利用するかどうかについては、メリットとデメリットを理解した上で、長期的な視野の元に決定することをおすすめします。

スタッフブログ|2021年07月29日

ホームページ制作やデザインはどんな風に依頼するのか?

【ホームページ制作においてデザインは大切】

ホームページ制作においては、どんなレイアウトでどんな機能を装備するかという機能面はとても大切ですが、それと同じぐらい大切なのは、どんなデザインに仕上げるかという点です。同じレイアウトのホームページでも、イラストや色などの見た目が違えば全体の雰囲気が大きく異なりますし、どんなユーザーを集客できるかという点も異なるでしょう。

ホームページのデザインは、ユーザーのコンバージョン率(CVR)に大きな影響があります。ネットで同じ商品やサービスを見つけても、ホームページが魅力的なら、ユーザーは購入意欲をそそられます。しかしデザインが良くないと、ユーザーは別のサイトを探して、そこで購入するかもしれません。顧客を多く獲得し、それを成果につなげるためには、ホームページ制作の依頼においてはデザイン面もしっかりと決める必要があります。

【デザインはどんな風に決める?】

ホームページのデザイン制作では、まずはワイヤーフレームと呼ばれているページ全体のレイアウトを決めていきます。どこに写真を入れて、どこに文章を掲載するかなど、ザックリとした部分を決めるわけです。

その次に、より具体的に細部を作り込みます。ターゲットとするユーザーを決め、色や雰囲気、どんなイラストを好むかを逆算し、そこから具体的にどんな方向性でデザインを制作するのかを決めます。その際には、テーマとなる色や全体の雰囲気についても決定することになります。

【制作会社ごとに対応できる範囲は異なる】

ホームページ制作を業者に依頼する場合には、デザイン面も含めて依頼できる業者や、デザイナーやライター、エンジニアが協力しながらチームとしてホームページ制作してくれる業者を選ぶのがおすすめです。業者によっては、デザインには対応できても他の部分への対応ができなかったり、運用面で変更が出た際には対応できないなど、あとから不都合が出る可能性があります。その点は、注意したいものです。

スタッフブログ|2021年07月28日

ホームページ制作にコンサルティングは本当に必要?

【ホームページ制作におけるコンサルティングとは?】

ホームページ制作におけるコンサルティングとは、制作したホームページが顧客獲得という成果を出すための工夫や対策方法をアドバイスしてくれるというサービスです。ホームページ制作の段階においては、コンサルティング業務は必要不可欠です。しかし、制作を依頼できる制作会社の中には、コンサルティング業務も含んで制作してくれる所がたくさんあります。そうしたサービスを選べば、ホームページ制作後に別の業者へコンサルティング業務のみを依頼する必要がなくなります。コンサル業務へのコストに疑問を感じている人は、ホームページ制作にコンサル業務が含まれている制作会社を選ぶことで、コストを削減でき、満足度が高いホームページを手に入れられます。

【制作後でもこんな時にはコンサルが必要】

ホームページを既に制作して運用しているけれど、期待しているような成果が出ていないという時には、別途でコンサルティングのサービスを受けることを検討するのがおすすめです。コンサル業者は、なぜ成果が出ないのかという原因を究明し、根本的な解決法を見つけ、それをホームページに反映させることができます。成果が出ない場合、ユーザーへの露出が少ないのか、アクセス数はあっても成果に繋がらないのかなど、原因は様々ですし、原因ごとに対応策は異なります。コンサルを受けると、ユーザー目線で原因を見つけてくれるだけでなく、統計からも原因を究明することができます。

【コンサルティングの成果はすぐに出る?】

プロからコンサルティングを受けても、一朝一夕に成果を実感できる訳ではありません。コンサルでは、幅広い方向から成果が出ない原因を模索し、それに対する対策を講じていきます。それによってある程度の変化を実感することは、短期間でも十分に期待できるでしょう。しかし、社の売上アップという実績や成果を実感するためには、最低でも半年から1年ぐらいの期間がかかると考えておきましょう。長期的なスパンでコツコツと継続することが、コンサルの成果をマックスに出すためのコツです。

スタッフブログ|2021年07月27日

成果の出るホームページ制作のポイントとは?

【プロにホームページ制作を依頼しても成果が出るとは限らない】

ホームページ制作をプロの制作会社に依頼しても、それが必ずしも期待通りの成果につながるとは限りません。せっかく費用をかけてプロに依頼しても、結果がそれではガッカリです。プロに依頼したホームページ制作が成果に繋がらないのは、制作会社の選び方が悪かったと考えられます。ただ顧客から依頼された仕様通りにホームページを作るのでは、ホームページが顧客を獲得してくれるツールとして機能してくれません。制作会社を選ぶ際には、顧客獲得として最強のツールになるようなホームページ制作ができるプロを見つけなければいけません。

【成果を出すためには運用を見据えた制作が必要】

成果の出るホームページ制作をするためには、SEO対策などの運用面も見据えた、長期的戦略を考慮した制作が必要不可欠です。そのため、運用面においても良い評判を持っている制作会社を選ぶことをおすすめします。ホームページの運用も一任できる会社を選んでも良いですし、運用代行はしていなくても、制作の段階で自社運用ができる対策をしてくれる制作会社なら、安心ではないでしょうか。

【制作よりも運用が大切】

ホームページは、最初に長期的なスパンで制作することが大切ですが、それだけでは十分ではありません。成果を出すためには、こまめな運用を継続することも大切です。定期的に新しい情報を反映させたコンテンツを更新することに加えて、過去のページを見直してリライトしたり、ホームページのデザインに流行を反映させるなどの工夫をする事もまた、大きな成果につながります。また、タグの最適化をする事も、ユーザーがキーワード検索した時に上位ページへと表示され、それが顧客獲得という成果をもたらしてくれるでしょう。

もしもこれからホームページ制作を検討しているなら、最初の制作だけではなく、運用についてもじっくりと戦略を練ったうえで、どこに依頼するか、また予算はどのぐらいが適切かを決めましょう。

スタッフブログ|2021年07月26日

ホームページ制作の流行とは?

【ホームページ制作には流行やトレンドがある】

ホームページを閲覧すると、ページのデザインやレイアウトが何となく古いと感じることがあります。実際に、しばらく更新しなかったためにデザインも掲載されている情報も古い、ということはありますが、流行を無視したホームページ制作をしている場合にも、ユーザーは古いと感じます。その場合、情報をこまめに更新していても、ユーザーの興味や関心を引かないために、せっかくのビジネスチャンスを喪失しかねません。

【どんな流行を意識するべき?】

ホームページ制作では、流行を意識した制作をすることは重要ですし、流行に合わせてホームページのデザインを定期的にアレンジする作業も必要不可欠です。例えばiPhoneやアンドロイドスマホなどでは、平面的なデザインが多く使われていて、色数も少なく抑えられたものが流行となっています。これはフラットデザインと呼ばれています。一方で、パソコンからアクセスするホームページでは、アニメーションや動画を多用する他、ボタンがスクリーン上に出現するなど、使い勝手や情報量を重視したマテリアルデザインと呼ばれるものが人気です。ホームページ制作では、まずはこのフラットデザインやマテリアルデザインを意識すると良いでしょう。

その他にも、ユーザーインターフェースの流行を意識することができます。例えば、少し前までの流行なら、スクリーンという限られたスペースの中に、所狭しとたくさんの情報を詰め込むスタイルが人気でした。しかし現在では、ユーザーインターフェイスを大型化することによってスペースをたっぷり確保することが流行となっています。固定型のヘッダーを始め、ページをスクロールすると出現するボタンなどは、このユーザーインターフェイスの流行によって誕生した機能と言えるでしょう。

ホームページ制作の流行をふんだんに取り入れたい場合には、制作のプロセスをプロの業者に依頼するという方法が簡単でおすすめです。費用は掛かりますが、完成度と満足度の高い仕上がりが期待できます。

スタッフブログ|2021年07月21日

ホームページ制作では検索対策が重要!

【検索対策ができていないとホームページは空回り】

ホームページにおいては、ユーザーが検索した時に、できるだけ上位ページに表示されるための検索対策がとても重要です。ユーザーがキーワード検索をすると、どの検索エンジンを使った場合でも、莫大な数のホームページがヒットします。検索結果を表示するページも、数えられないほどのページ数になるわけです。しかし、実際にユーザーが見てくれるのは、最初の数ページ程度ではないでしょうか。この上位ページに表示されなければ、どんなに完成度が高いホームページ制作をしても、空回りしてしまい、顧客獲得に繋がらなくなってしまいます。

【検索を意識したホームページ制作をしよう】

ホームページ制作のプロセスにおいては、できるだけユーザーが検索しやすく使いやすいページ作成を心がけることが大切です。例えば、ドメインと正規化することによって、検索エンジンに同じホームページだと認識させたり、ドメインを保護することによって上位ページに表示されやすくするなどの工夫は、検索対策として優秀なだけでなく、セキュリティ面でも大きな効果が期待できます。

また近年では、パソコンだけでなくスマホから検索するユーザーも増えています。そのためホームページ制作においては、スマホ対応もしっかり行うと良いでしょう。モバイルフレンドリーなホームページなら、検索エンジンから高評価されやすく、上位ページへと表示されやすくなります。

その他には、SEO対策と呼ばれる部分についても、しっかり押さえておきたいものです。例えばキーワードの使い方やコンテンツの階層化などについても、ホームページ制作の段階から意識することで、運用しやすいサイト作りができそうです。

【検索対策の効果が表れるまでの期間】

ホームページ制作において検索対策をすると、何を意識したかによって効果を実感できるまでの期間は異なります。Googleエンジンの場合には、平均して4ヶ月から1年程度の期間がかかると言われています。一朝一夕に効果を実感できるとは期待せず、長期的な視野を持ってホームページの制作や検索対応をしたいものです。

スタッフブログ|2021年07月20日

ホームページ制作と運用って何をするの?

【ホームページ制作は運用までを意識するべし】

何もない真っ白な状態からホームページ制作する際には、ある程度ホームページが完成すると、それだけで大きな安心感と達成感を得ることができます。しかしホームページ制作は、作成することだけが重要な作業ではありません。大切なのは、ホームページ制作の後で実際に運用し、顧客を獲得することなのです。どんなに素晴らしい完成度のホームページでも、運用面で失敗してしまうと、集客力がなく、顧客獲得にもつながりません。そうならないためには、ホームページの制作は、作成から運用までを一連の流れと考えるのが賢明です。

【運用に必要な作業は多い】

ホームページの運用には、たくさんの作業が含まれます。新しい情報を反映させたコンテンツを更新するというホームページの更新は、運用の中では大きな割合を占めています。その他にも、ドメインとサーバーを管理して、顧客やユーザーがホームページをいつでも閲覧できる状態にすることも、大切な運用作業です。

また、ホームページ内で商品やサービスのマーケティングを行うと、ユーザーから問い合わせが来るようになります。こうした問い合わせは、社内のWeb担当者だけでは対応できない内容もあるため、問い合わせの内容によってどの部署に振り分けるか、その方法や対策、仕組みについても社内で構築しておく必要があるでしょう。その中でも特に大変なのは、トラブル対応です。

特に顧客からのクレームに対しては、誰がどのように対応するのかは、社内でトラブルになりやすいので、事前にきちんと決めておく必要があります。また、ネットワークのトラブルにはどのように対応するのかという点もまた、事前にシッカリ決めておくことで、スムーズな対応ができます。

それだけではありません。社内で新しく開発された新商品の宣伝に力を入れてほしいとか、販売終了となった商品をホームページから削除するなど、社内からの要望やリクエストに対応することもまた、大切な作業です。

スタッフブログ|2021年07月19日

システム開発に長けているホームページ制作会社を選ぶには

【システム開発に強いホームページ制作会社を見つけるには】

無数にあるホームページ制作会社のなかから自社にぴったりの一社を見つけ出すには、会社を見極める力を養う必要があります。

たとえば、ネットから特定の情報を得たい場合、関連のありそうなワードによって検索をかけるところからスタートします。それと同じように、システム開発に強いホームページ制作会社を選ぶ際も、ネットで検索して広く情報を収集するところから始めましょう。

そうやって集めた情報のなかで、どの会社が自社の求めるサイトの構築が可能であるかを判断しましょう。さらに、制作後のコンサルティングやサポートなど、付加サービスが充実しているのかといったことを基準に絞り込みます。

【システム開発は信頼できるホームページ制作会社に依頼しよう】

企業のホームページを制作するには、信頼できる制作会社に依頼する必要があります。もしホームページに問題があれば、自社の信用問題にもかかわることなので、ここは決して軽視できません。ですので、費用の安さばかりを重視してはいけない理由がわかるでしょう。こちらの要望に合った的確な提案をしてくれるヒアリング力と、その要望通りに制作してくれる開発力と合わせた、総合力が大切です。

システム開発の場合、規模によっては少人数では対応できない場合もあります。対応できるとしても要望通りのスケジュールでは難しいこともありますので、自社の必要とするサイトの規模に合わせて、制作会社の規模も絞り込むようにしましょう。

制作会社選びの基準として、最もわかりやすいポイントは過去の実績です。システム開発を行う会社の多くは、自社サイトに実績を掲載しています。それを参考に、目的に合いそうなサイトを制作してくれるかどうかを判断しましょう。

逆に、実績を掲載していない制作会社は避けたほうが無難です。必ずしも質が悪いとは限りませんが、安くない費用をかけて依頼する以上、万全を期すのに越したことはありません。

スタッフブログ|2021年06月30日

ポータルサイトに強いホームページ制作会社選びの基準

【ポータルサイトに強いホームページ制作会社を見極めるには?】

ホームページ制作会社は全国に無数に存在します。一説には1万社以上も存在するとされており、これだけたくさんあると、一般の人には制作会社ごとの違いがわかりにくいのではないでしょうか。

さらに、そのなかからポータルサイトの制作に強い制作会社を選ぶとなると、どのように見分ければよいのか、わからなくなっても不思議はありません。その違いを見極める力を養うために、まずはポータルサイトについての基本的な知識を備えておきましょう。

【ホームページ制作会社選びに役立つポータルサイトの知識】

「ポータル(portal)」とは、英語で「入口」のことです。つまり、ポータルサイトとは、文字通り入口となるページのことを指します。

たとえば、GoogleやYahooなどの大手検索エンジンが代表です。今ではこうした大規模なサービスに加えて、地域や企業を分類しているサイトや、面白いニュースあるいはコンテンツなどを扱うオウンドメディアなども、ポータルサイトとして考えられています。

このように広がりが見られる分野ですが、簡単に言えば、必要な情報を得るために最初にアクセスするページと考えるとわかりやすいでしょう。その意味では、GoogleやYahooのような検索エンジンが該当する理由もわかるはずです。単に検索するだけでなく、ニュース、ブログ、メールなどのユーザーに役立つ機能を備えているのも大きな特徴と言えるでしょう。

【ポータルサイトに強いホームページ制作会社選びの基準】

ポータルサイトの制作を請け負うホームページ制作会社は多いですが、せっかく作ってもらったのに「アクセス数が伸びない」、もしくは「運用しにくい仕上がりになってしまった」という失敗例は少なくありません。

こうした失敗を避けるには、単にサイトを制作するだけでなく、その後の運営までサポートしてくれるかどうかを基準に選びましょう。さらに、SEO対策についてのノウハウを持っている会社であれば間違いがありません。

スタッフブログ|2021年06月29日

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP