無料出張相談無料出張相談
資料請求資料請求
メールでのお問い合わせはこちらご相談・お問い合わせ
沖縄県の方より、お問い合わせいただきました。

ホームページ制作とシステム開発の違いとは?

【ホームページ制作とシステム開発の違い】
プログラミングをして機能を持たせるという点では同じに見えるホームページ制作とシステム開発ですが、両者には違いがあります。まず、ホームページ制作では不特定多数の人に公開することが前提となっているため、誰が見ても分かりやすく使いやすいページを作っていくことが求められます。一方で、システム開発は多くの場合、特定の会社やユーザーに限定して機能を提供していますので、使いたい人が十分に機能を使いこなせるように設計されています。

また、デザインの面でも大きな違いが見られます。ホームページ制作では、初見でもユーザーを惹きつけられるように、魅力的で凝ったデザインを施すことが多いです。一方で、システム開発ではとにかく使いやすさを重視していますので、凝ったデザインにする必要はなく、むしろ無駄なデザインは削ってシンプルさを求めます。

他にも、プログラミング言語の違いというのもあります。ホームページ制作ではPHPやHTML、JavaScriptなどの言語が主に使われます。特に、HTMLはホームページ制作の現場でしか使われないと言っても良いほど、ジャンルが限定されているプログラミング言語です。一方で、システム開発ではそれぞれのニーズに合わせて、様々なものが使われます。C言語をベースとして、RubyやPytonなど、多くの言語が存在しています。最近ではAIやIoT関連のシステムもニーズが高まっていますので、こうしたジャンルで用いられる言語の需要も高まっています。

【Webサイト内でも高機能のアプリケーションが求められるようになっている】
このように、ホームページ制作とシステム開発は明確な違いがあるわけですが、最近はサイトの中に高機能のシステムを実装することが増えています。ECサイトなどがその代表例で、高度な検索やデータベース、顧客の管理や決済などのために複雑なアプリケーションを入れています。こうしたサイトの制作にはシステム開発の技術が用いられ、機能的なサービスが提供されているのも最近の特徴となっています。

スタッフブログ|2021年04月30日

ポータルサイトのホームページ制作で気を付けたいこと

【ポータルサイトの作り方のポイント】
ポータルサイトとは、特定のテーマやサービスについて、様々なサイトや会社を取り上げて紹介することを目的としています。そのため、この種のサイトは膨大な情報量を掲載する傾向が強いです。たくさんの情報に触れることができるのは良いのですが、ユーザーとしてはどこに欲しい情報があるのか、迷ってしまうことがあります。

そこで、ポータルサイトを作る時には、分かりやすい検索機能を設けることが欠かせません。フリーワードでの検索だけでなく、プルダウンメニュー形式で、ジャンルや地域などを絞り込めるようにします。また、注目されやすいジャンルやエリア別に、カテゴリー分けするというのも一つの方法です。さらには、最新の情報の紹介や特集記事を作って、注目させたい情報に誘導するというのもよく見られる手法です。ユーザーがいかにして欲しい情報、益になったと思える情報にアクセスできるようにするかが、ホームページ制作をする時のカギとなってくるのです。

【ホームページ制作後の運用も大事な仕事】
ポータルサイトは、ホームページ制作後の作業も成果を分けるポイントとなります。まず、常に最新の情報に更新していく作業が求められます。単に内容を増やしていくだけでなく、既存の情報がいまだ正確かどうかをチェックしなければなりません。紹介した企業やサイトがまだサービスを継続しているか、リンク切れを起こしていないかを見ます。こうした漏れがあると、ユーザーの満足度を下げますし、SEO効果を悪化させることにつながります。

さらに、ユーザーの行動を解析して、より使いやすいサイトに改善していくことも、ホームページ制作後に継続してすべきです。検索の機能が使いやすいか、関連記事の紹介が上手になされているかなどを見ます。そして、紹介した企業やサイトへのリンクや問い合わせフォームがしっかりと機能しているかをチェックしましょう。こうした努力を続けることで、より魅力的なポータルサイトへと成長していきます。

スタッフブログ|2021年04月28日

ホームページ制作の流れとは?デザインを依頼する時の注意点

【ホームページ制作の全体の流れ】
ホームページ制作を完了するまでには、たくさんのステップがあります。まず、実際の制作作業を始める前にじっくりと検討、準備をしていくことは、サイト運営で成功するためのカギとなります。事前準備では、サイトの目的やターゲット、掲載したい情報のリストなどを考えていきます。その上で、どのホームページ制作会社に依頼するかを決めます。もしくは、内製をするのであれば担当者を決定します。

制作作業においては、サイト全体の構成を理解するためのサイトマップを作りながら、テーマとなるデザインを決定し、画像やイラストなどを作っていきます。この場合、文章やコーディングを特定の会社もしくは内製でやるとしても、デザインだけはデザイナーに依頼するということもあります。

制作過程では文章を作り、画像を完成させたら、HTML化してサイトを構築していきます。その後、出来上がりの確認をして、サーバーにアップして公開となります。

【デザインを依頼する時のポイント】
ホームページ制作においてどんなコンセプトでイメージを作っていくかは、サイトの方向性や魅力度を左右する、とても大事な要素となります。そのため、デザイナーに依頼する時には打ち合わせを密にして、しっかりとサイトのイメージを伝えることがカギとなります。自社製品の特性や強調したいメリット、ターゲットの詳細などを共有するようにします。

一方で、あまり細かく条件を指定せず、大まかなイメージを伝えるだけに留めることもポイントです。あまり細かく条件を設定してしまうと、デザイナーに制約をかけることになり、デザインの自由度が狭まってしまうからです。デザイナーがセンスを十分に発揮できるように、自由に発想を出せる環境を作ってあげましょう。

もちろん、仕上がりについて妥協することなく、チェックをすることは大事です。デザインばかりに目が行ってしまって、機能性やユーザーの動線がイマイチという事態になってしまうことがあります。そのため、見た目の良さだけでなく、使いやすさも確保されているかをチェックをしましょう。

スタッフブログ|2021年04月27日

ゴールデンウィーク休業日について

お取引企業様各位

拝啓、お客様におかれましては益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
また平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ながら、弊社では下記の期間中をゴールデンウィーク休業とさせていただきます。

ご繁忙の折柄、何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが、
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

                                       敬具

               — 記 —

■期間 2021年4月29日(木)、5月1日(土)~ 5月5日(水)

尚、休業期間中にメール等でお問い合わせをいただきました件の
ご返答につきましては、5月6日(木)以降に順次ご返信させていただきます。
お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願いします。

新着情報|2021年04月26日

ホームページ制作のコンサルティングではどんなサポートを受けられるのか?

【ホームページ制作におけるコンサルティング】
初めて自社ホームページ制作をするのであれば、何から手を付けたら良いか分からない状態にあるかもしれません。そのような時には、Webコンサルティングに相談するのも賢い方法です。コンサルティングでは、それぞれの会社のニーズに合ったホームページ制作ができるようにアドバイスをしてくれます。

まずは、サイトを通じてどんなことをしたいのか、自社製品やサービスの強みをどんな切り口で取り上げるかなどを検討します。同時に、ターゲットとなるユーザーに上手に訴えるための手法や、SNSやネット広告との連動の仕方などをレクチャーすることができます。その上で、実際にホームページ制作をする際に必要となるデザインのコンセプトを考えたり、制作会社の紹介をしてくれたりします。こうしたケアを受けることで、成果が出るサイトを作ることができる上、スムーズに制作作業をしていくことができるようになります。

【既存サイトについてのコンサルをしてもらう】
Webコンサルティングは、ホームページ制作を終えた後にもサポートを提供してくれます。自社サイトをオープンしたものの、思ったようにアクセスや成約が伸びない、大がかりなサイト改善をしたいといったケースで役に立ちます。既存サイトを分析して、どこに問題があるのか、どのように改善することで成果につながるかを分析してくれます。

また、サイトそのものだけでなく、オンラインマーケティング全体の戦略改善についてのサポートも得られます。ネット広告のコスパが悪いようであれば、広告テキストの改善や入札の仕方を変更する手法を、会社に合った仕方でアドバイスしてくれます。

それぞれのコンサルティング会社で得意分野というものがありますし、費用も異なります。自分たちが求めている内容に通じているところを見つけて、適切なサポートを得られるようにしましょう。コンサルティングは経験が物を言うところもありますので、実績を豊富に持っているところを選ぶのもポイントです。

スタッフブログ|2021年04月26日

成果の出るホームページ制作と運用のポイント

【成果を出すホームページ制作のポイントとは?】
ホームページ制作をするなら、成果の出る媒体になるようにしたいものです。そのためには、まずそもそも自社サイトにおける成果とは何か?を決める必要があります。それぞれのサイトで目的が異なるからです。物販サイトであれば、当然たくさん商品を売ることです。採用サイトであれば、たくさんの求職応募を求めます。コーポレートサイトであれば、会社やブランドの認知度を高め、問い合わせを増やすことにあります。

その上で、成果目標を立てることは重要です。具体的に数値目標を設定して、自社サイトでどのくらいの売り上げを出したいかなどを決めておきます。そうしておけば、実際に運用を始めてから、目標に到達するための改善点を探しやすくなります。また、どの層をターゲットとしてPRしていくかということも、ホームページ制作の前段階で検討すべきです。年齢や好み、性別によって、好みのサイトデザインや機能が変わってきます。

【制作後に気を付けるべきこと】
ホームページ制作を終えてからも、目的意識を持った運用を続けることで成果を伸ばしていけます。まず、綿密な解析は欠かせない作業です。アクセスや流入経路の分析、コンバージョン率、ネット広告のコストに対する利益の割合などをチェックします。もし、目標に到達していなかったり、とりあえず売り上げは出ているもののコスト高になっていたりする場合、どこに問題があるかを探っていきます。その上で、コンテンツを更新したり、ランディングページの作りを変更したりします。

もし、アクセス自体が伸びていないのであれば、SEO対策としてできることを再度リストアップして、漏れがないかを確認すべきです。同時に、ネット広告の出稿やSNSの利用などを検討することもできます。こうすることで、より幅広い層からアクセスを集められるようになります。成果を出すためにはアクセス数アップがベースとなりますので、まずはここから手を付けると良いでしょう。

スタッフブログ|2021年04月23日

ホームページ制作における流行とは?

【ホームページ制作にも流行がある】
ホームページ制作をする時には、伝えたいテーマについての分かりやすい説明や、魅力的なデザインを施すことを考えます。その時、ホームページの流行というものも一緒に検討しましょう。というのも、ファッションと同じように、サイトの作りやデザインにもトレンドが存在するからです。

たとえば、以前は一つのページの中に大量の情報を詰め込んで、盛りだくさんなサイトにする傾向がありました。しかし、今ではそのようなことはあまりせず、むしろスペースをたっぷりと取って、見やすくシンプルなページにするのがトレンドとなっています。スクロールをする必要は出てきますが、テンポよく読み込んでいけますし、見た目にもおしゃれな感じがします。

デザインの面では、フラットデザインがトレンドとなっています。あまりごちゃごちゃと色を多用せず、平面的なデザインを施すことが多くなっています。よりシンプルさを求めているのが特徴とも言えます。また、以前は動きのあるフォントや画像が多用されていましたが、現在は落ち着いた静的な画面を求めるようになっています。

【スマホ対応の流れに注目】
ホームページ制作においてとても重要なのが、スマホに対応させるということです。レスポンシブ対応とも言いますが、パソコンだけでなく、スマホで読み込んだ時に狙った通りの表示となり、スマホユーザーが見やすい画面構成を作る必要があります。というのも、現在はホームページを閲覧する7割から8割程度がスマホユーザーとなっているからです。そのため、スマホで見やすいというのも、トレンドを決める一つの大きな要素となっています。縦画面でも見やすく、小さな画面の中でもタップなどの動作がしやすい作りです。

このように、ホームページ制作における流行は、ユーザーの好みと同時に、求める機能性や使い方といった点を考慮することが大事です。常にユーザーが何を求めているかを考えることによって、より質の高いホームページ制作ができるのです。

スタッフブログ|2021年04月22日

ホームページ制作で行うと良い検索対策とは?

【ホームページ制作時に検索対策に力を入れるべきなのはなぜか?】
ホームページ制作時には、デザインや取り上げるテーマなどを十分に検討した上で作業に入ります。この際、同時に検索対策についてもしっかりと考える必要があります。検索対策とは、検索エンジンから高評価を受けて、検索順位の上位に表示されるようにする作業のことです。

この検索対策をすることによって、アクセス数を安定して稼ぐことができます。やはりホームページ制作の目的はたくさんの人に訪問してもらうことですので、流入経路として重要な検索サイトへの対策というのは、ホームページにおける成果を高めるために欠かせないものとなります。

【検索対策のためにすべきこと】
検索対策はSEO対策とも呼ばれますが、検索エンジンがどんなサイトを質の高いサイトだと考えているかを予測して、評価基準を満たすようなサイト作りをすることを指します。検索エンジンは特に、ユーザーにとって有益な情報を提供しているかということを重要視しています。

そのため、ホームページ制作時には、文章の質に注目することが大事です。最新の情報を分かりやすく、オリジナリティのある形で紹介するように努めます。そのため、決して他サイトからのコピペをしてはいけません。また、見やすいページ構成というのも大事です。そのためにも、タイトルや見出しを分かりやすく、文章の内容とマッチさせておくことがポイントとなります。コードのミスがあるとページが見づらくなる一つの原因となります。そのため、正確なコーディングもホームページ制作の時に意識すべきです。

ユーザーが同じサイト内に長くとどまってくれるというのも、検索エンジンがチェックしているポイントです。そのため、それぞれのページに関連する記事の紹介リンクを貼るなどして、できるだけユーザーが自サイト内でいろいろな記事にアクセスしてくれるように、ページの構成を工夫することもカギとなります。

スタッフブログ|2021年04月21日

ホームページ制作後の運用の重要性とは?運用作業ですべきこととは?

【ホームページ制作後の運用にも注意を向けるべき理由】
ホームページ制作をするというのは、コストや時間、手間がかかる大きな仕事です。そのため、サイトをオープンさせるだけで満足して、その後のことについてまで考えが及ばないこともあります。しかし、ホームページ制作だけでなく、その後の運用はサイトの成果を上げるために欠かせない作業です。

というのも、情報は常に更新されているため、ホームページ制作した時のまま放置しておいては、ユーザーにとって有益な情報を提供できなくなってしまうからです。また、実際にサイトを運用してみないと分からない課題や改善点が出てきます。そのため、オープンした後も定期的に分析と改善を続けることが重要なのです。

【運用のためにすべきこと】
ホームページ運用にはいろいろなことが関係しています。まず、コンテンツを更新し続けることです。より新しい情報が出てきたら、それを伝えるページを新たに作り、古い情報と差し替えます。また、サイト内でユーザーがどのように行動しているかをチェックして、よりスムーズな動きを取れるようにします。たとえば、物販サイトにおいて、商品説明ページから購入画面までユーザーがたどり着かないことが分かったら、リンクの場所を変更したり目立たせたりして、目的のページへ誘導します。

他にも、セキュリティ対策を継続して行うことも運用に含まれます。大企業や官庁のホームページでなくても、サイバー攻撃を受ける可能性はあります。そのため、攻撃のリスクや兆候がないかを常にモニターします。その上で、何らかの脅威があるようであれば、すぐに改善作業を行います。

カスタマーサポートというのも運用に含まれます。ホームページ制作時に申込フォームや問い合わせフォームを作っているのであれば、そこから挙がってくるユーザーからの反応に対応する必要があります。似た質問や要望がたくさん寄せられているのなら、そのことについて説明するFAQページを作ることもできます。

スタッフブログ|2021年04月20日

ホームページ制作とシステム開発の知っておくべき違い

【ホームページ制作とシステム開発の違いとは?】
一見すると、ホームページ制作もシステム開発も同じような仕事に見えます。確かに、プログラミングをして何かの機能を付けるという点では同じです。しかし、両者の間には、その目的と実際の作業という点で差があります。

たとえば、ホームページ制作では、一般の人を対象としているため、魅力的なデザインのものにする必要があります。また、イラストや画像、動画を入れるなどして動的な完成品とすることが多いです。一方で、システム開発では、特定の業務を効率よく行うという目的があります。そのため、魅力的なデザインというところは重視されず、むしろシンプルで作業に集中しやすいものとします。同時に、動作を重くするような動画などは省き、必要最低限のものだけに絞ります。

主に使われているプログラミング言語も異なります。ホームページ制作では、HTMLやJavaScriptと呼ばれる言語で書かれます。システム開発ではC言語やSQLなど、それぞれのシステムに合ったプログラミング言語が選ばれます。このように使われている言語そのものが違うため、システム開発をしている人が急にホームページ制作をするのは難しいことが多く、逆も同じです。

【二つの技術が組み合わされたサイトが多くなっている】
このように、システム開発とホームページ制作ではいろいろな違いがあるわけですが、多くのサイトでは二つの領域がどちらも用いられています。というのも、サイトの機能がかなり複雑になってきているからです。サイトの構成そのものや写真、記事を載せるという基礎的な制作作業だけであれば、HTMLやJavaScriptで事足りることが多いです。しかし、ECサイトのように膨大な商品データベースの管理と検索、決済プログラムの作成、AIを使ったサービスの提供などをしているサイトでは、それだけでは機能を構成できません。そのため、開発系で使われる技術が利用されるわけです。このように、異なるタイプの技術ではありますが、サイトの中ではミックスされて使われていることも多いのです。

スタッフブログ|2021年03月29日

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP