牧の牧場 Macky Farm

ハングリーであれ、バカであれ

先日、Apple社の創業者であり元CEOのスティーブ・ジョブスが亡くなりました。
オバマ大統領もコメントを発表したこともあり、私の周りでも何かと話題にあがりました。
これからアップルがどうなっていくのか、いささか心配でもありますが、
数年はスティーブ・ジョブスが残した遺産で何とかやっていくのでしょうね。

2005年のスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチです。
今までの自分の生き方を踏まえて、死生観についても話されています。

スピーチの最後に「ハングリーであれ、バカであれ」とあります。
京セラの稲盛さんも「真面目に一所懸命に仕事に打ち込む」「地味な努力を積み重ねる」
など仕事には非常にシビアな面を持たれています。

仕事をするにあたり、もっと時間があれば資金があれば、より良い製品やサービスが
できると言っている人もいます。稲盛さんの話の中にも、仕事をド真剣にやることでしか
本当のひらめきや発明はできないと言っています。余裕があって仕事をやっているときに
思う浮かぶのは、ただの「思いつき」だそうです。

私も今までの人生を振り返ると、案外仕事に余裕があるときっていうのは、
ただ日々時間が過ぎるだけで何も発展はなかったように思います。
仕事が忙しくて、その仕事に取り組むことにより、新たなサービスや
新たな提案が生まれたように感じています。

スティーブ・ジョブスのスピーチにあるように
「毎日を最後の日であるように生きなさい。いつか必ずひとかどの人物になれる」
毎日をただ過ごすだけでなく、日々精一杯に生きないといけないですね。

社長ブログ|2011年06月10日

ホームページ運用相談作成依頼はこちらから

0120-982-419

メールマガジン会員募集

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP