無料Zoom相談無料Zoom相談
資料請求資料請求
メールでのお問い合わせはこちらご相談・お問い合わせ
スタッフブログ

ホームページ制作でデザインはどのように決める?

ホームページ制作でデザインが持つ役割は大きい
ホームページ制作においては、デザインがとても大きな役割を持っています。同じコンテンツ内容でも、デザインが違えばユーザーに与える印象はガラリと変わりますし、どんなユーザーに対して訴求力があるかという点も変わるでしょう。

例えば、若い年齢層の女性をターゲットにしたホームページ制作なら、柔らかい色のデザインやレイアウトの方が訴求力が高まりますし、直線的な雰囲気よりは曲線を多く使って柔らかさを表現するのがおすすめです。しかし同じホームページが60代以上の男性に対しても同じ訴求力を持つかと言えば、決してそうではありません。

ホームページ制作においては、どんなユーザーをターゲット層にしているかを念頭に入れた上で、訴求力を高めてくれる雰囲気に仕上げることが大切です。

どんな知識が必要?
ホームページ制作は、サイトの階層や構成などコンテンツ面で戦略が必要となるだけでなく、色味やレイアウトなどを含めたデザイン面についても知識やスキルが必要です。例えばサイト全体のレイアウトは、シングルコラムなのかグリッドレイアウトなのかによって、雰囲気は変わります。同じレイアウトでも、どこにどんな情報をどんな風に掲載するかによって、ユーザーへ伝えたい情報の優先順位やアピール力が変わります。

社内にこうした知識やスキルを持つ人材がいるなら、ホームページ制作は社内で対応することは十分に可能です。しかしもしも社内に適任がいなければ、実績や経験、そして高いスキルを持つ業者へ外注するという方法も検討すると良いでしょう。

プロへ外注する際には、最初にカウンセリングを行った上で、具体的にどんな情報を掲載するか、何を伝えたいかなどの細かいヒアリングも含めて、戦略的にサイトを作り込んでくれる業者がおすすめです。クライアントからのリクエストを反映させるだけでは、成果につながるホームページに仕上がるとは限りません。

スタッフブログ | 2022年03月29日

ホームページ制作におけるコンサルティングとは?

ホームページ制作のコンサルティングとは?
ホームページ制作においては、できるだけ集客力や成果につながるホームページを作りたいものです。そのためには、プロからコンサルティングを受けることが最短かつ効率的かもしれません。

ホームページ制作におけるコンサルティングにおいては、ホームページを作る背景や理由、何を目的や目標としているかという点をまず決めた上で、どんなホームページ構成にすれば良いのか、階層やコンテンツの内容、キーワードなどについてもアドバイスを受けることができます。コンサルティングを含めてホームページ制作や運用までを幅広くワンストップで手掛ける業者へ外注すれば、実際の作業の多くを依頼できるという魅力もあるでしょう。

コンサルティング業者の選び方
ホームページ制作におけるコンサルティング業務を行う業者はたくさんあります。それぞれ、強い業界や実績などは異なりますし、提供するサービスの内容も多種多様です。そのため業者を選ぶ際には、自社の目的や分野において実績がある所を選ぶことをおすすめします。

どんなサービスを提供してくれるかという点も、コンサル業者を選ぶ際には要チェックです。依頼するサービスが増えると、当然ですがかかる費用も高くなります。自社でどこまで対応できるのかを客観的に見極めた上で、必要なサービスを手厚く提供してくれる業者を選ぶことで、満足度の高いホームページ制作と運用ができるでしょう。

サービスは長期継続するのが理想的
コンサルティングのサービスに関しては、短期間だけでなく長期的に継続しながら対応してくれる業者を選ぶのが得策です。ホームページ制作の運用では、一朝一夕で成果が目に見える形で出るケースは少なく、多くの場合には、数週間から数か月という長いスパンがかかります。長く付き合えるコンサル会社を選ぶことで、制作したホームページの成果を最大にするための対策についてもプロの視点からアドバイスをもらえます。

スタッフブログ | 2022年03月28日

成果の出るホームページ制作をするコツとは?

成果が出ない理由を考えることから始めよう
ホームページ制作をしても、必ずしもすべてのホームページが期待以上の成果を出すわけではありません。中には、コンテンツの内容は高品質なのに、成果が出ないケースは少なくありません。成果が出ないホームページ制作をしても、最終的な満足度は高くならないでしょう。そうした事態を避けるためには、ホームページ制作の時点で成果を念頭に入れた作業が必要ですし、作成したホームページを定期的に見直しながら、成果を高めるための工夫が必要不可欠です。

ホームページ制作しても成果という形に反映されない場合、多くは理由があります。まずはその理由を考えることから始めましょう。

ホームページ制作のインプットとアウトプットの軸を決める
ホームページ制作においては、どんな目的で何を目標として作成するのかというインプットとアウトプットを最初に軸として設定することが大切です。例えばインプットなら、企業の知名度や認知度を増やしたいとか、売上が伸び悩んでいるなど、ホームページ制作の理由があるでしょう。そして、ホームページという媒体を使って、具合的にどんなアウトプットが欲しいのかという軸を決めるのです。その軸に沿って、どんなホームページ制作すれば良いのかという展開方法が見えてきます。

成果が出ない理由は多い
インプットとアウトプットの軸がずれていると、なかなか期待通りの成果に結びついてくれません。しかし軸がシッカリしていても、ユーザーが閲覧したいと思えるようなデザインやレイアウトでなければ、ホームページに集客することは難しいでしょう。

もしも作成したホームページで思ったような成果が出ない場合には、ユーザーの立場に立ってホームページを見直しましょう。他のホームページと比較して、デザインや色使い、レイアウトなども含めて、どんな点がプラスでどんな点がマイナスなのかをリストアップします。その上でマイナスな部分を改善することで、ユーザーにとって魅力的で訪問したくなるようなホームページ制作が可能となります。

スタッフブログ | 2022年03月25日

アクセス数アップには流行を抑えたホームページ制作が必要

ホームページ制作のデザインやレイアウトには流行がある
Web上でホームページを見た時に、斬新だなと感じるものがある一方で、なんとなく古いなと感じるものもあります。コンテンツの内容が最新でも、デザインやレイアウトが流行に沿っていなければ、ユーザーには古いというマイナスの印象を与えてしまうでしょう。アクセス数のアップも期待できなくなってしまいます。

ホームページ制作においては、現在どんなデザインや要素が流行しているのかという点を抑えた作成が必要不可欠です。

押さえておきたい流行の変化
ホームページ制作の流行は、時代の流れとともに変動しています。そのため、ホームページ制作の際に最新のトレンドを取り入れたからと言って、5年後や10年後にもそのままのデザインが通用するかと言えば、決してそうではありません。流行の変化に合わせて、ホームページのデザインや色使い、取り入れるパーツなど、細かい部分を定期的に見直しながら調整する作業が必要です。

理解しておきたい流行の変化には、ユーザーインターフェイスがあります。以前では、限られたスペースの中にできる限り多くの情報を詰め込むスタイルがトレンドでしたが、現在では固定ヘッダーとスクロールを使って、縦長のスクリーンの中でスペースを上手く活用するデザインやレイアウトが人気です。

またボタンなどのデザインに関しても、フラットなのか立体的なのかという点でトレンドがあります。動的なデザインに関しても、アニメやスライドショーなどを使ったものから、jQueryを活用したものが流行となっています。

流行を取り入れるメリットは多い
流行を取り入れたホームページ制作には、最新のホームページという印象を与えてユーザーへアピールする以外にも、ユーザーにとってユーザビリティが高まるなどのメリットがあります。ユーザーは使い勝手が良くて分かりやすいサイトだと判断してくれることで、滞在時間が長くなり、コンバージョン率もアップするでしょう。集客力という点においても、トレンドを積極的に取り入れることは効果的です。

スタッフブログ | 2022年03月24日

ホームページ制作では検索対策が必要不可欠

検索対策とは?
ホームページ制作においては、検索対策(SEO)を行うことは必要不可欠です。Web上には数えきれないほどのホームページが存在しており、ユーザーはそれらをキーワード検索などの方法で絞り込んでいきます。どの検索エンジンでも、特定のキーワードで検索すると、複数のページが検索結果として表示されます。多くのユーザーが利用するキーワードになると、結果表示だけでも100ページ以上となってしまいます。

しかし、全てのページを一つずつ見るユーザーはほとんどいません。つまり上位ページへ検索結果表示されなければ、どんなに高品質のホームページでもユーザーの目には留まらないのです。

ユーザーが検索をした時に、できるだけ上位ページへ表示されるための工夫をすることを、検索対策と呼びます。

検索対策はホームページ制作時点で行うべし
検索対策は、ホームページ制作の段階から行うことが理想的です。その理由は、ホームページのコンテンツ内容やタイトル、どんなキーワードがどのぐらいの数でどこに使われているかなど、ホームページ制作のコンテンツ作成と大きく関係する要素が検索対策に含まれているからです。ホームページを立ち上げた後に検索対策をすると、より上位への結果表示を目指してコンテンツそのものをリライトしなければいけないかもしれません。それでは、手間や時間がかかってしまうでしょう。できるだけ効率的に検索対策をするなら、ホームページ制作を始める段階からSEO対策を行い、常に検索のことを念頭に入れたコンテンツ作成がおすすめです。

検索対策は難しい?
どんな条件や設定で検索結果表示を順位づけるかについては、どの検索エンジンも公表していません。また常に変化しているため、検索対策についても状況を見ながら試行錯誤しなければいけません。

もしもこれからホームページ制作を検討しているなら、検索に関する対策もすべて含めてコンサルに相談するとか、外注して検索対策に強いホームページ制作をするなどの方法がおすすめです。

スタッフブログ | 2022年03月23日

ホームページ制作後の運用は何をするの?

ホームページ制作がゴールではない
ホームページ制作を検討している段階においては、制作して公開することが最終的な目標となってしまうかもしれません。確かに、ホームページ制作は大きな目標ではありますが、最終的なゴールではないという点は、最初に理解しておかなければいけないでしょう。ホームページを作成して公開したら、その後には運用という長期的な作業を継続して行わなければいけません。

運用にはどんな作業がある?
ホームページ後の運用には、さまざまな作業があります。まず、コンテンツを更新する作業は日常的に行う必要があるでしょう。常に最新の情報を反映させたコンテンツを顧客やユーザーに配信することによって、企業の信用性を高めることができます。古くなったコンテンツに関しては、リライトや削除をしながら常にホームページ全体で最新の情報が反映された状態を維持することが大切です。これは、企業のホームページだけに限らず、個人が運営するホームページにも共通しています。

クライアントやユーザーからの問い合わせへの対応も、ホームページ制作後の運用として必要な作業です。ホームページが窓口となり、企業内の適切な部署とユーザーを結び付ける他、社内の部署からの依頼に対しても対応する必要があります。

また、トラブルが起こった場合にはその対応もしなければいけません。日常的に運用をしていれば、こうした万が一のトラブルには迅速に気づくことができます。例えば何らかの理由でユーザーがホームページを閲覧できなければ、そのホームページは存在していないのと同じですし、ユーザーからの信用にもマイナスの影響が出てしまうでしょう。トラブルが起こらないような対策を講じることは大切ですが、万が一のトラブル時には素早く対応することはとても大切です。

運用を外注することはできる?
ホームページの運用に関しては、専門的な知識を持つ人材が必要です。もしも社内にそうした人材がいない場合や、できるだけ効率的に運用したい場合には、ホームページ制作から運用までをワンストップで対応してくれる業者へ外注するという方法も検討すると良いでしょう。

スタッフブログ | 2022年03月22日

ホームページ制作とシステム開発はどこが違う?

ホームページ制作とシステム開発の違いはデザインの優先度
ホームページ制作とシステム開発を混同している人も多いようですが、異なるものです。ホームページ制作の方がよりデザイン面に力を入れる傾向が見られます。というのもホームページはインターネット上で不特定多数の人に閲覧してもらうことが目的だからです。最近ではホームページ制作の中で画像や動画などを盛り込む方法も人気です。テキストだけでなく、画像や動画を入れると見る人により強いインパクトを与えられます。集客効果も十分期待できます。

一方システム開発の場合、業務効率化を目的としたものが中心です。社内で扱うことをメインとしているので、デザインはあまり重視されません。そこでテキストが中心となりますし、アイコンなどを作るとしても必要最低限のもので済ませがちです。

また両者には使われるプログラミング言語にも違いが見られます。ホームページを立ち上げるためには、ほかでは使われない言語が使用されているものも少なくありません。一方システムを開発する際には使いやすさがより重視されます。このため、汎用性の高いプログラミング言語が使われる傾向が見られます。

システム開発を外注する際にポイントは?
もしシステムを開発するために外注しようと思っているのであれば、自社開発を行っているところに依頼しましょう。開発会社の中には受注だけして、そこからさらに外部委託しているところも結構あります。するとどうしてもこちらの希望する条件が正しく伝わらない可能性が高いです。また中間マージンも発生しないので、余計なコストをかける心配もありません。特に開発されたシステムのクォリティを重視するのであれば、自社開発している業者に絞り込んで依頼先を決めましょう。

システムを開発したら、10年以上長期にわたって運用する可能性も十分あります。機能強化やアップデートも必要になるでしょう。しかし先方の会社がなくなっていると、マイナスの影響を受けます。ですから業績が安定して、この先もお願いできるような企業を見つけることです。

スタッフブログ | 2022年02月28日

ポータルサイトなどのホームページ制作をしたい!注意点について紹介

ポータルサイトを制作するにあたっての注意点
ホームページ制作の中でもポータルサイトを作ってみたいと思っているのであれば、いくつか注意すべきポイントがあります。まずはプログラミング言語です。プログラミング言語に別にこだわりがなければ、メジャーなものを使用するのがおすすめです。メジャーであれば、対応できるエンジニアが多いです。例えばポータルサイトを制作するのは自分たちで運用は別の会社に外注する場合でも、メジャーなものであればスムーズに委託できます。

ホームページ制作はいろいろな情報が掲載されています。ですからポータルサイト公開後ユーザーや紹介している企業からの問い合わせがいろいろと寄せられることは容易に想像できます。そこでこのような問い合わせがあった場合のマニュアルのようなものを準備しておきましょう。誰が対応するのか、どのような質問を受け付けるのかは社内で意思統一を図っておくべきです。

ホームページ制作会社に依頼する方法もある
サイトを作りたいけれども、自分たちだけでは十分なスキルやノウハウがないというケースもあるでしょう。そのような場合には専門のホームページ制作会社に依頼する方法もあります。サイト作りのノウハウを持っているので、見やすい本格的なホームページを作ってくれるでしょう。制作だけでなく、問い合わせに対する対応などの運用まで任せられるところも少なくありません。

外注した場合に気になるのは、やはり費用ではないでしょうか?これはどの程度のレベルのサイトを作るかによって変わってきます。小規模の簡単なサイトであれば、20~40万円程度が相場になるでしょう。標準的なものになると50~65万円程度かかると考えてください。大規模なサイト作りを希望するのであれば、80~100万円くらいかかってしまう可能性があります。もし参考にしたいサイトがあれば、それを提示するとイメージ通りのWEBサイトを作ってもらえるでしょう。

スタッフブログ | 2022年02月25日

ホームページ制作でデザインはどうする?その流れについて紹介

デザインは準備をしてから取り掛かるべし
ホームページ制作の中でデザインは重要な要素の一つです。見た目を左右するものなので慎重に作成したいところです。デザインを担当するのであれば、下準備が重要なポイントとなってきます。その中でも「誰に何をどのように伝えるか?」ということを意識して検討しましょう。自社の商品やサービスの特徴を今一度見直す必要があります。

そしてまずはレイアウトをどうするか考えましょう。映画の絵コンテのようなイメージで大枠を作り、そこから微調整して具体化していくことです。大まかなレイアウトについては、パソコンの画面ではなく手書きにして起こすという人が多いです。

次に配色をどうするかです。あまりいろいろな色を使いすぎてしまうと雑然とした印象になります。自分の欲しい情報がなかなか見つからず、ユーザーからしてみると不親切なサイトになりかねません。色はあまり使いすぎずに、同系統の色を使ってまとめたほうがいいでしょう。

ホームページ制作会社に依頼する方法も
自力でデザインを作るのが難しいというのであれば、ホームページ制作会社に依頼するのも一つの方法です。ただし外注するのであれば、ホームページ制作会社の見極めは慎重に行ったほうがいいです。また担当者とは何度も打ち合わせをした方がいです。何度か話をしていく中で、お互いの相性が見えてくるでしょう。どんな実績のあるベテランの人でも相性が合わなければ、ちぐはぐになって、こちらの要望がうまく先方に伝わらない恐れもあります。

また外注する会社のこれまでの実績をチェックすることも大事です。ただ単に実績豊富なところを見つけるのではなく、得意分野がどうかを見極めましょう。自分たちの依頼する案件に関する実績が豊富であれば、こちらのイメージ通りのデザインを作成してくれる可能性が高いです。同じ業種の制作実績がどの程度あるかチェックしてみてください。複数の業者と話しをしてみて、その内容で最終的に決めるのがおすすめです。

スタッフブログ | 2022年02月24日

ホームページ制作を手掛けたけれども成果が…そんな時にはコンサルティング

専門家の視点からホームページ制作の問題点を洗い出す
Webに関する専門的な知識をそこまで持っていなくても、例えばWordPressなどを使ってホームページ制作は可能です。しかしホームページそのものは自力で作ることができても、成果の上がるようなサイトができるかどうかはまた別の問題です。ホームページ制作してみたけれども、なかなか集客に結びつかないと悩んでいる人はいませんか?

そのような場合には、WEBに関するコンサルティングを行っている会社があります。コンサルティング会社に相談すれば、どこに問題があるのか課題点を洗い出してどのように対処すべきかアドバイスしてくれます。ホームページの制作や運用だけでなく、SNSなど別のメディアを使って相乗効果に結びつけるなどさまざまな提案を行ってくれます。自社サイトが今までよりも大きな効果をもたらしてくれるかもしれません。

コンサルティング会社を選ぶポイント
ネットで検索すれば、ホームページ制作に関するコンサルティング業務を行っている会社はいくつもヒットするでしょう。その中でどこに依頼をすればいいか、まず相手の得意分野と自分たちの取り扱っているジャンルが一致するかどうかです。会社によって得意としているジャンルは異なります。得意ジャンルとマッチすれば、豊富なノウハウや実績を生かして適切なアドバイスしてくれるでしょう。

また料金面も会社選びをするにあたって重要なポイントになりえます。コンサルの依頼内容は企業によって異なります。このためオーダーメイド方式のような依頼になってしまうので、一律的な料金設定ができません。しかしそれでもきちんとした会社であれば、おおよその料金の目安はサイトに表示してくれるはずです。このようにわかりやすく料金情報を提供しているところを選ぶといいでしょう。中には「見積依頼したところ、理由もあいまいなままで断られてしまった」といった体験談も見られました。料金については納得の上で依頼するように心がけましょう。

スタッフブログ | 2022年02月23日

ARCHIVE

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP