新着情報一覧

アンガーマネジメント研修

先日、アンガーマネジメントの研修を受けてきました。
名前を聞いたことのある方もいるかと思います。

最近では仕事が忙しかったり、グローバル化や雇用形態も多種多様に
なっておりストレスが溜まりやすい世の中になっています。
自分でも気が付かないうちにストレスは溜まっているそうです。

アンガーとは日本語だと「怒り」です。
怒りをうまくマネジメントしましょうという趣旨のセミナーでした。

ただ、怒らないことを推奨するのではなく、
怒る必要があることは上手に怒り、
怒る必要のないことは怒らないようにするコントロールしましょう
ということでした。

怒りは人間にとっては必要なことで、
喜怒哀楽にあるように「怒」も人間にとっては必要な感情表現の1つです。
また、怒ることで相手に伝わりやすくなったりします。逆もまたしかりです。
そして怒ることは自分の身を守るための防衛感情だそうです。

問題になる怒りの種類としては、

①一度怒ると止まらない。強く怒りすぎる
②根に持つ。思い出して怒る
③頻度が高く、しょっちゅうイライラ、怒る
④他人を傷つけたり、自分も傷つける。ものにあたる

このような怒りはダメですね。

そのためには問題なるような怒りをしないように自分を改善する。
つまりは怒りをためないように自分自身をリラックスさせたり、
ストレス発散のために趣味に没頭することも良いそうです。

怒りが起こった場合に下記のように対策すると良いそうです。

①怒りの感情でカッとなるピークは6秒ぐらい。それまでじっとしている。
②今までの人生で一番怒れたことを10とするとどのぐらいか。
 普通のイライラは1~3程度の怒りぐらいで収まるそうです。

また、そもそもの怒る理由ですが、
自分の中にある「べき」ということが問題のようです。
いわゆる現実と理想のギャップです。

この「べき」をなくすために、自分の人間としての器を大きくしていくこと。
あまり自分のこり固まった判断だけでなく、相手の気持ちも考えて認めることも
重要だと感じました。日々日常で活かしていければと思います。

社長ブログ | 2018年02月22日

ホームページ制作に補助金が出ます

こんにちは
ラクー営業担当の水野です。

メールマガジンにて告知を行いましたが、
ご新規で訪問される方向けに営業ブログの方でも告知をさせて頂きたいと思います。

ホームページ制作に補助金が出ます

前年も告知を行いましたので、ご存知の方もおられるかもしれませんが、
今年も中小企業が経営計画に基づいて実施される補助金が公開されました。

生産性の向上に寄与するIT導入支援という目的で
原則50万円を上限に補助金(補助率1/2)が出ます。

4月、5月頃に公募を行い、8月頃に完了という流れになると考えられますので、
導入まである程度時間に余裕があり、新規でIT制作をご検討されている方も
おられるのではないでしょうか。

公募の日程についてはまだ公式のものが出ておりませんので、
今後の営業ブログにて告知をさせていただきます。

<補助金の内容について>

1. 補助率 1/2
2. 金額上限 50万
3. 目的 :生産性の向上に寄与するIT導入支援
4. 予算額 500億  (昨年は1次、2次合計100億)
5. 目標としている補助事業者  13万5千社(昨年は1次、2次合計約1万4千社)

補助率が1/2金額上限が50万円となりますので、
100万円の制作費用を50万円で制作をすることができます。

<対象となる取り組みの例>

(1)集客力を高めるためのホームページ制作
・デザインの刷新や機能の変更、集客を意識したものにリニューアルなど

(2)広告宣伝及び広告制作費用

・新たな顧客層の取り込みを狙い、チラシを作成・配布など

(3)業務をより円滑に進めるためのシステム制作
・管理システムの自動化や、業務利用の為のアプリケーション開発など

広告費にはホームページの制作やチラシなども含まれます。
チラシの制作などのお見積もり依頼もいただいておりますので、
お気軽にご連絡ください。

今回の補助金によって、今まで活用してきたホームページを
更に有効活用するための良い機会になるのではないかと思います。
この機会にホームページのリニューアルなどご検討ください。

ご不明点、ご興味がおありでしたら、
是非ご連絡を頂ければと思います。

営業ブログ | 2018年02月16日

ホームページの必要性

861e9389349082f1ad114f3715f795b4_s

ネット社会の現在、
仕事を探すのにも、仕事を依頼するのにも、ご飯屋を探すのにも、
何をするのにも、まずネット検索するという方が多いと思います。

もし自分が何らかの仕事を依頼する時、
相手の会社がどれくらいの会社で、どういった企業と取引をしていて、
等の情報が全く得ることができなかったら、依頼する側は不安にはなりませんでしょうか。
情報がないことで不安要素を与え、集客を逃してしまうことにも成り兼ねません。
ホームページでいつでも会社の情報が見えるという状態にしておくことで
顧客の信頼性を高めることができます。

またホームページがないと継続的な会社のアピールもできません。
テレビCM、チラシ等の宣伝媒体もありますが、ずっと使うのには莫大な予算がかかります。
継続的に会社や会社の商品をアピールしたいということでしたら、
ホームページが必要不可欠なコンテンツになります。

◆ホームページがないデメリット
・会社の情報少ないので信頼性が欠ける
・そもそも現在、運営されているのか分からない
・サービスの継続的アピールができない
・ネットからの集客ができない

このような観点からもホームページは必要不可欠なコンテンツと言えます。
もしホームページのことでお悩みがございましたら、
お気軽に当社までお問い合わせください。

スタッフブログ | 2018年02月16日

【ホームページにFlashを使用している方へ】

こんにちは(^^)/
デザイナーの松田です!!

先日福井でとんでもない量の雪が降りましたね。。
名古屋でも少しは降りましたが、
交通網がマヒするほどではありませんでした。

海外ではフランスのパリで30年ぶりの大雪で
700km以上の大渋滞が発生したそうです。
日本では考えられないような数字ですね。。。

さて、本題に戻りますが、みなさんは下記のニュースをご存知でしょうか。

Adobe、Flashを2020年に廃止。ChromeやFirefox、Edgeなど段階的にサポート終了

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1072470.html

一昔前にホームページを作る際にFlashを使用しているサイトがとても流行しましたが、
そのFlashがついに表示されなくなってしまう時期が2020年に来ることになりました。

現在でもFlashを使用しているサイトでは、一部表示の不具合が既に起こり始めています。
弊社でも以前Flashを使って作っていたホームページもありました。
最近では、JavascriptやSVGなどを使用して、ホームページに動きを付けるようになりました。

Flashが採用されているホームページでは、

image

このような表記がされていたり、Flashの部分を右クリックすると、

menu

こういったメニューが出てきます。

パソコン側でFlashを動く設定をすれば動いてくれますが、
これは、それぞれのパソコンを設定しなければならず、
自分は動いていても、他人のパソコンでは動かなかったりするときもあります。

ラクーでは、FlashをJavascriptに置き換えたり、
もしくは別の方法でホームページを動かしたり、
様々な提案をさせていただいております。

だんだんホームページが動かなくなってしまう前に!!
ぜひ一度お問い合わせください!!

スタッフブログ | 2018年02月09日

ホームページに集客するためには

先日のブログで、ホームページからの反応が少ない場合、
まずは今のアクセス状況を調べることが大事であると書かせて頂きました。

自社ホームページの課題を明確して、競合サイトの分析をしっかり行い、
顧客ニーズをしっかり分析する。なかなか自社だけでは、見つかりづらい部分に
なりますので、外部に委託することもよいかと思います。

上記の分析が終わってから、ホームページにアクセスをいかに集めるかが
集客対策となります。特にどのような検索キーワードで集客するのかが大事です。

キーワードが確定したら、主に下記の集客対策をご検討ください。

1)SEO対策 ※Yahoo!やGoogleで検索して上位に表示される

 <メリット>
 ・無料で宣伝できる
 ・検索で上位化されれば、費用対効果は絶大

 <デメリット>
 ・複数のキーワードので上位化は難しい
 ・確実に上位表示させることができない
 ・上位化まで時間がかかることが多い

2)リスティング広告 ※Yahoo!やGoogleで検索して上位の広告枠に表示

 <メリット>
 ・1クリックの単価を上げれば、表示されやすい
 ・複数のキーワードでも表示される
 ・月額の上限費用を決めて始めることもできる

 <デメリット>
 ・人気のあるキーワードでの上位化は1クリックの単価が高い
 ・年々費用が高くなる傾向にある
 ・管理が複雑である

3)ディスプレイ広告 ※Yahoo!やGoogleと提携しているサイトにバナー表示

 <メリット>
 ・幅広い顧客に宣伝することができる
 ・一度、アクセスした方にも再度、宣伝することができる

 <デメリット>
 ・かなり幅広く表示されるため、すぐに効果が出るとはいえない
 
4)Facebook広告 

 <メリット>
 ・ターゲットをかなり細かく指定できる(例 愛知県在住の20代、男性で車に興味あり)
 ・月額の上限費用を決めて始めることもできる

 <デメリット>
 ・対象がFacebook広告内に絞られる。
 ・登録している年齢層が高め。
 
どのようなキーワードや対象によって広告先もよくよく検討する必要があります。
ホームページも集客しないと全く意味がありません。

この機会にホームページの集客についても一度、ご検討してみてはいかがでしょうか?

社長ブログ | 2018年02月09日

ホームページ全体のスクリーンショットを撮る

こんにちは、坂です。

今回は、ホームページ全体のスクリーンショットを撮る方法についてです。
このホームページのデザイン好きだなと、ブックマークをしておいたけども
ある日もう一度見てみたら、リニューアルをしていてデザインが変わってしまっていた。

スクリーンショットを撮る方法は知っているけれども、
画面で見えている分しか撮れなくて、いちいち継ぎ足して編集するのが
とてもめんどくさい、、、などの経験された方いらっしゃるかと思います。

そんな方にオススメしたいのが
「Awesome Screenshot」です。
ブラウザのGoogle Chromeの拡張機能の一つになります。

全体スクリーンショット01

まず、Awesome Screenshotをインストールします。
こちらのサイトを開くと
左図のような画面になりますので、「CHOROMEに追加」→「拡張機能を追加」を押します。

全体スクリーンショット02

押しますと画面の右上にカメラのレンズのようなアイコンが追加されたかと思います。
そのアイコンをクリックすると。。。右図のような表示が出てきますので
「Capture entire page」上から4つ目のアイコンが
青で塗られたページの項目をクリックします。

全体スクリーンショット03

クリックすると、左図のような画面に切り替わります。
この画面は、実際どのようにスクリーンショットを撮影したのか確認できるページ
+撮影したスクリーンショットに、文字や線などの図形を追加できる編集ページになります。
わざわざ、ペイントツールを立ち上げなくても
右図のように、コメントとか書けて便利です。

確認をしたら右上の「Done」ボタンを押して決定になります。

全体スクリーンショット04

「Done」を押すとまたページが切り替わり、
先ほどの編集ページで書いた線や文字が含まれた状態で確認ができます。
確認をしたら、ページ右側中央の赤枠で囲ったダウンロードボタンをクリックで
完了です!
右図のように、ページ全体のスクリーンショットが撮ることができました。

スタッフブログ | 2018年02月02日

QRコードを作る

こんにちは、朝日です。

名古屋も水曜日頃から雪が降って来ました。
オフィスの周りも一面真っ白でした。
転ばないよう気をつけて、また、気温もぐっと下がっていますので体調など気をつけてお過ごしください。

QRコードを作る

さて、HPやパンフレット・名刺など、QRコードを載せる機械は多々ございます。
QRコードの生成は以下のようなサービスでかんたんに作ることができるのです。

○ QRのススメ さん
https://qr.quel.jp/try.php
URLや文字を入力して「作成する」ボタンをクリックすると、QRコードが出来上がります。
出来上がったQRコードを任意の形式で保存して使用することができます。
QRコードの作り方が分からない、作れない、という方はこういったサービスをお試しください!

上記のようなサービス以外にも、QRコードを作る方法がございます。

GoogleのAPIを利用してQRコードを作る

先のサービスとどう違うのかというと、以下のようなページへアクセスするだけで作れてしまうのです。
https://chart.googleapis.com/chart?cht=qr&chs=200×200&chco=6ba000&chl=https://hp.racoo.co.jp

imgタグと合わせるとそのまま表示もできてしまいます。
こちらのQRコードは弊社のURLをQRコード化したものです。

生成方法も簡単で、

https://chart.googleapis.com/chart?cht=qr&chs=【画像の横幅】x【画像の縦幅】&chco=【QRコードの色】&chl=【載せたい情報】

このコードの 画像のサイズ、QRコードの色、載せたい情報 を決めるだけです。
QRコードの色はHTMLカラーピッカーなどでカラーコードを取得して「#」を除いた6文字を入れてください。

たとえば、リンク集のような動的なサイトでは、都度QRコードを作って掲載するのも量が増えると手間ですね。
そんな時に、載せたい情報をこのコードに挿入できるように設定しておけば、
サイトの情報に合わせたQRコードが自動でできてしまうのです。

QRコードを作る際、利用方法によって使い分けてみてはいかがでしょうか。

スタッフブログ | 2018年01月26日

ホームページで成果を上げるには

ホームページで成果を上げるためにはどうするのかと
聞かれるケースが増えてきました。

単純にアクセス数を増やせばよいと考えている方も多いようですが、
今のホームページのままアクセス数を増やしても効果がでるとは限りません。

まずはしっかりと自社ホームページを分析する必要があります。
その際には下記の3つが重要だと言われています。

1)自社ホームページの分析

グーグルアナリティクスで、現状のホームページがどのように
アクセスされているのか詳細に調べてみてください。
場合によっては、Page Analytics等もインストールして
TOPページからの導線を調べてみてください。
どのメニュー、どのバナーがよくクリックされているのかわかります。

また、離脱率も重要です。
一般的には40%以下であれば、業種によりますが優秀なサイトです。
ホームページに来てすぐに別ページに移動してしまう場合、来ているキーワードと
マッチしていないのが原因かもしれません。何が原因かよくよく調査してください。

2)競合ホームページの分析

競合サイトを調査することも大事です。
ネット上では、会社の規模も大事ですが、ホームページ上の表現だけで
お問合せや売上が大きく変わります。
他社がちょっと値段下げただけでも、50%も売上が下がってしまうケースもあります。

他社のホームページの見せ方や内容、価格帯までよくよくチェックしてください。
客観的に見て、これなら自社から購入してくれると自信を持って言えるような
内容に変更してください。

3)世の中の顧客ニーズの分析

テレビや雑誌などの世の中のニーズを分析をするのも大事ですが、
ネット上でどのようなキーワードがよく検索されているのか調べることも重要です。

下記のサイトで、検索した関連キーワードやグーグルやヤフーでの検索件数が分かります。
aramakijake.jp

例えば、マンションであれば少し前までは「リフォーム」の検索キーワードが多かったですが、
最近では「リノベーション」というキーワードも増えています。

よく検索されているキーワードの内容によっては、ホームページの内容も変更することも
必要になってきます。

ホームページからのお問合せがまだまだ少ない方は、何か問題なのかご提案できる
ケースも多々あります。まずは、お気軽にラクーの無料出張コンサルティングをご利用くださいませ。

社長ブログ | 2018年01月25日

出版ブランディングの活用について

こんにちは。
ラクーの営業担当の水野です。

皆様は出版ブランディングという手法をご存知でしょうか。

自費出版で本を出す方法が増えてきた昨今では、
自伝や技術のノウハウなどを執筆し、自社のブランド戦略として立ち上げるということも
有効なブランディング戦略として確立してきたように思います。

出版ブランディングとは、その名の通り、
自伝やノウハウを書籍として纏め、自費出版を行い、
自社のことを広く認知してもらうためのブランディング戦略になります。

出版に掛かる費用について

本を作り、出版するとなると、手間や費用が掛かる印象があるかと思います。
ラクーで提供する出版ブランディングは主に電子書籍として展開し、
注文ごとに一冊ずつ印刷を行う方式となっております。
そのため大量発注する必要が無く、リーズナブルな価格でのご提供となっています。

ブランディング出版のメリットについて

・出版ブランディングには興味があるが、予算が少ない。200~300万かかるのでは?
・集客・ブランディングのため本を出版したいが、どうすればいいか分からない。
・長期に渡って効果的な販促方法を探している。

・経営者、士業様の事業展開をサポートできる
本の出版は古くから経営者や士業、セミナー講師の方などに幅広く利用されてきました。
出版後には急に「先生」と呼ばれるようになったり、セミナー講師の依頼が来たり、
様々な効果を感じることができます。

・自社の考えや理念を深く理解してもらえる
書籍として文章を構成することで、事業として掲げている理念や考え、
方向性などを筋道立てて説明をすることができます。
そのため、自社や事業の理念をより詳しく理解をしてもらうことができます。
また、営業活動の一環として、本を活用することで認知度と信頼感が向上し、
お客様との関係も強化できます。

・技術やノウハウを広く発信できる
業界の先駆けとして、新しい価値や提案をすることで、
有利な立場での事業展開も可能となります。
その他、既存社員の意識向上にも効果的です。採用活動においても、
認知度アップによる応募数の増加と内定獲得にも有効です。

出版という新しい一手をどの様に活用するのか、
1冊の書籍が経営者の未来を変え、
ひいては会社の未来をも変えることになるかもしれません。

また、出版ブランディングの内容については、
下記のURLに詳細がまとめてありますので、
ご興味がありましたら併せてご確認ください。

▽出版ブランディング

https://hp.racoo.co.jp/service/publication/

もしも出版ブランディングにご興味がありましたら、
お問い合わせをいただければ幸いでございます。

営業ブログ | 2018年01月19日

WordPressの便利な機能

こんにちわ。神谷です。

2018年になりまして、初めてブログを書きます。
本年も何卒よろしくお願い致します。

今日はWordpressの便利な機能の一つとして、投稿記事の読み出し方法について書きます。
ラクーのサイトですと、新着情報のところで使われています。

download

このように投稿した記事を自動的に読み込んでくれるので、
わざわざ別でリンクを張ったり、文章を入力しなくてもいいので便利です。

例えばここの日付を読み込むためには以下の記述を行います。
<?php the_date('Y/m/d'); ?>

そうしますと以下のように表示がされます。

2

しかし、2段目の日付が何故か表示されません。
これはエラーではなく、同じ投稿日のものをまとめて1つで表示するためです。
デザイン的にまとめた方が見やすい場合もありますが、
今回の場合ですと、ただ表示がされていないように見えてしまいます。

この場合ですと以下の記述を行います。

<?php the_time('Y/m/d'); ?>

そうすると、例え投稿日が同じであっても別々で日付が表示されるようになります。

1

このようにWordpressを導入すると、
自動的に投稿した、ブログ記事や新着情報等を自動的に読み取ってくれるので
お客様自身でも更新がしやすくなります。

その他にもWordpressを導入すると便利な機能が多くありますので、
「自分で新着情報やブログを更新したい」等のお悩みがございましたら、
是非弊社までお気軽にご相談ください。

スタッフブログ | 2018年01月19日

ホームページ運用相談作成依頼はこちらから

0120-982-419

メールマガジン会員募集

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP