無料Zoom相談無料Zoom相談
資料請求資料請求
メールでのお問い合わせはこちらご相談・お問い合わせ
新着情報一覧

ホームページ制作とシステム開発の違いとは?

■ホームページ制作とシステム開発の大きな違いは「目的」
ホームページ制作は、ホームページの見た目のデザインを重視した作業が中心です。その際には、画像や動画、文字などをどこにどのように配置するかを考えたり、動的なデザインを配置するために、プログラミング言語が必要となることもあります。しかしこれらの作業はすべて、ホームページの見た目を良くしてユーザーにとって使い勝手が良いサイト作りのために行う作業です。

一方のシステム開発は、業務の効率化を最優先した作業を行います。デザイン的な部分はそれほど重要ではありません。華美でおしゃれなホームページよりは、シンプルで必要な機能がどこにあるかが分かりやすいデザインの方が好まれる傾向にある点も、ホームページ制作と大きく異なる部分です。

■ホームページ制作vsシステム開発、どちらが必要?
近年Webで公開されているWebサイトの多くは、ホームページ制作に関する技術だけが使われているとか、システム開発の部分だけが公開されているサイトではなく、両者が融合したサイトが多いです。理由はいくつか考えられますが、サイトの機能や構造が、少しずつ複雑になっており、デザイン面と機能面とで明確な線引きをすることが難しくなったことが大きな原因と言えるでしょう。例えば、ECサイトでは、膨大な商品をデータベースで管理する際には、業務の効率化を重視したシステム開発が必要不可欠です。しかしユーザーがホームページを利用する際には、ただ商品を表示するだけでは、魅力や良さなどが伝わりませんから、デザイン面も考慮したホームページ制作が必要となります。

これからホームページの制作を検討している企業は、デザイン面だけではなく将来ホームページを拡張することも視野に入れ、システム開発的な部分もカバーできるホームページ作りをしたいものです。もしも自社開発が難しければ、専門的な知識やスキルを持つ業者へ制作を依頼するという方法も良いでしょう。ヒアリングをしっかり行うことによって、満足度の高いホームページへと仕上がるのではないでしょうか。

スタッフブログ | 2022年06月30日

ポータルサイトをホームページ制作する方法

■ポータルサイトは多種多様
ポータルサイトには、たくさんの種類があります。専門分野に関する情報提供をするものや、地域的な情報が満載のもの、また検索エンジンのようにニュースや天気など幅広い情報が掲載されて一目瞭然な統合型のものなどもあります。こうしたサイトをホームページ制作する際には、まず最初にどんな目的で制作するのかというと、誰に対して情報を提供したいのかという点を明確にすることが必要です。

例えば地域密着型の企業なら、ほかの企業と提携しながら相互に情報提供できる場所という位置づけでポータルなサイトを作ることができます。すでにそういうサイトが数多く存在しているなら、企業が手掛ける分野や事業に関して、ユーザーが意思決定しやすくなるような専門分野に関する情報提供をするのも良いでしょう。
目的やターゲット層を絞り込むことによって、どんな情報が求められているのかを把握しやすくなりますし、ホームページ制作のデザインやコンテンツ内容にも工夫しやすくなるのではないでしょうか。

■ホームページ制作における注意点とは?
ポータルサイトをホームページ制作する際には、最初からプログラミング言語を用いて作りこむ方法があるほか、テンプレートを活用して制作するという方法もあります。プログラマーやエンジニアが多くいる企業なら、ゼロから行うスクラッチ開発でも問題はないでしょう。しかし業者に依頼して開発する場合やテンプレートを活用する場合には、そこに使われている言語が何かという点は注意が必要です。

あまりマイナーな言語で開発されているものは、ホームページ制作においては問題なくても、数年後の運用やカスタマイズ時に、その言語を扱えるプログラマーを探すことが難しくなってしまうかもしれません。プログラマーやエンジニアを確保しやすいという点から、できるだけメジャーな言語やツール、フレームワークを適用するのがベストでしょう。

また、ポータルサイトはユーザーからの問い合わせを受けやすい傾向があります。そのため、運用における対応フローはあらかじめ決めておきましょう。そうすることによって、スムーズな運用ができます。

スタッフブログ | 2022年06月29日

ホームページ制作のデザインはどう決める?

■デザインはホームページ制作の戦略
ホームページ制作においては、実際の制作に入る前に、市場調査やターゲット層を絞り込み、ターゲット層に最も訴求できるデザインを選びます。その際には、ホームページの階層ごとに雰囲気を変えることも考慮するため、どんなコンテンツでどんな階層を構築するかという点についても、あらかじめ決めておいた方が良いでしょう。

そうした作業を行った後、いよいよデザインを決める段階に入ります。業者へホームページ制作を依頼する場合には、いくつかの案を提出してもらい、その中から気に入ったものを選ぶという方法が一般的です。自社でデザインをする場合でも、見た目の雰囲気が変わるとユーザーに与える印象も変わるため、何パターンかを作ってみる方法もおすすめです。

■デザインはどんな風に決めれば良い?
ホームページ制作におけるデザインを決める際には、最初に「柔らかい感じ」とか「硬めな方が良い」「ポップで親しみやすい雰囲気」など、ざっくりとしたイメージを決めましょう。その次に、事前に作り上げたホームページの階層と照らし合わせながら、どこからどんな風にユーザーを誘導するかを決めていきます。

こうした点から、まず最初に考えるのは、複数ある階層の中でもトップページがおすすめです。トップページの雰囲気やカラーリングは、下層ページの雰囲気にも反映させましょう。そうすることで、Webサイト全体に統一感が生まれますし、トップページを軸とすることによって、ページ同士が大きく異なる雰囲気になってしまうリスクを回避することにもつながります。

■ワイヤーフレームを作り、肉付けをする
ホームページ制作では、複数のページごとに統一感のあるデザインを心がけます。その際には、まずは骨格となるワイヤーフレームを作ったうえで、ページごとにそこに肉付けするというイメージで作業をすると良いでしょう。
その際には、画像や文字など、コンテンツを仕上げるために必要な素材が必要です。あとから内容を修正したり画像を置き換える作業はもちろん可能ですが、とりあえずホームページを作り上げる上では、こうした素材集めも並行作業で進行しておくことをおすすめします。

スタッフブログ | 2022年06月28日

ホームページ制作のコンサルティングとは?

■コンサルティングは悩みを解決するお手伝いサービス
ホームページ制作においては、制作する前から運用に入った後でも、たくさんの悩みが起こるものです。ホームページを立ち上げたけれどアクセス数がイマイチだったり、ホームページはあるけど何かがずれているような気がしていたり、ホームページをスマホ対応したいけれどやり方が分からないなど、簡単に解決できる問題から、解決方法が分からない問題まで様々です。

コンサルティングとは、ホームページ制作や運用に関して専門的な知識や豊富な経験を持つプロが、悩みを解決するお手伝いをしてくれるサービスのことです。ホームページ制作から運用まで一連のサービスの中にコンサルティング業務が含まれているものもあれば、コンサルのみを単独で提供する業者もあります。

■ホームページ制作コンサルティングの具体的なサービス内容
コンサルティングでは、まず現状を客観的に把握するために市場調査を行います。ユーザーのニーズを把握したり、市場の規模や成長ポテンシャルなどをリサーチしたうえで、適切な戦略方法を見つけ出します。市場調査と並行して、競合他社に関する調査も行い、自社の強みと弱みをリストアップし、最も効果的そして効率的なマーケティング方法を作り、それをホームページ制作にも反映させていきます。

ホームページ制作では、ペルソナなどを絞り込んだターゲット層を最初に決めたうえで、そのターゲット層に訴求できるホームページのデザインやコンテンツに仕上げなければいけません。ホームページの制作を終了して運用の段階に入ってからコンサルを活用しても良いのですが、制作の段階からコンサルに入ってもらうことで、より満足度が高く成果につながりやすいホームページへと仕上がるでしょう。

■運用段階でもコンサルが活躍
立ち上げたホームページが継続的に大きな効果を出し続けるためには、運用段階に入った後にもコンサルが必要です。運営しているホームページがどんなパフォーマンスをしているかを分析しながら、弱点を克服したり、不足している部分を補充するなど、調整しながら運用を続けることによって、正しい方向性で期待する成果へとつながります。

スタッフブログ | 2022年06月27日

成果のあるホームページ制作をするコツとは?

■成果は一朝一夕では出ない
どんなに優秀なホームページ制作をしても、その成果は一朝一夕に出るわけではありません。プロが多方向から対策をしながら作り上げたホームページでも、その効果を実感できるまでにかかる期間は3か月から12か月程度が平均です。どうしてすぐに効果が出ないかというと、ホームページ制作後には検索エンジンから評価してもらうための運用が必要となり、少しずつ検索エンジンからの評価が高まることによって検索順位にもプラスの影響が出ます。つまり、ユーザーの目に留まるためには、時間がかかるのです。

■ホームページ制作の成果の指標とは?
ホームページ制作における成果は、どのような指標で表すのでしょうか。これは、どんな目的でホームページを制作するのかというインプットによって異なります。もしも、アクセス数を増やして知名度を高めることを目的としているなら、インプレッション数やクリック数などが指標として使いやすいでしょう。また、売上アップやお問い合わせ数のアップを目的とするなら、コンバージョン率のアップがホームページによって出された効果と言えます。

初めてホームページを制作した場合、最初に掲げるべき指標は、やはりアクセス数のアップです。検索エンジンからの流入はもちろんですが、Web広告からの流入やSNSからの流入など、幅広い方法でユーザーをホームページへ流入させることができれば、そのホームページは大きな効果を上げたと言えそうです。

■取り組むべきは検索対策
効果的なホームページを制作するためには、検索対策に余念なく取り組むことが必要不可欠です。検索エンジンからの評価が高くなると、ユーザーが検索したときには上位ページへ表示されやすくなり、知名度や露出度が高まります。その結果、アクセス数がアップし、コンバージョンがアップするなど、さまざまな利益につながることでしょう。

もしも効率的かつ効果的にホームページの効果を得たい場合には、専門知識のある業者へ制作から運用までを代行してもらうという方法もおすすめです。プロが目的に合わせて最も効果的な対策をしてくれるので、試行錯誤しながら継続するよりもコスパが良くなります。

スタッフブログ | 2022年06月24日

ホームページ制作には流行がある!取り入れるポイントとは?

■ホームページ制作の流行とは?
ホームページ制作には、流行があります。流行を全く考慮しないホームページだと、ユーザーは見づらいと感じたり、デザインが古いという印象を持ってしまうかもしれません。ユーザーに対して魅力的なデザインなホームページなら、興味や関心を集めやすくなり、アクセス数のアップにもつながるでしょう。

例えば、少し前まではホームページの中にたくさんの情報を凝縮するデザインがトレンドとなっていました。見た目には騒がしい雰囲気があるものの、情報量が多いという点が高評価されていたのです。しかしその流行は過ぎ去り、現在ではすっきりとシンプルな雰囲気を持つホームページ制作がトレンドとなっています。縦スクロール機能を使うことによって、スペースをたっぷりとってもユーザーに必要な情報を1ページの中で提供できることが、現在多くの企業が取り入れているトレンドで、ユーザーにとっても使いやすいと感じるのではないでしょうか。

■スマホ対応にも注目するべし
近年では、スマホを使ってWebを閲覧するユーザーが増えています。そのためホームページも、パソコンと同じ画面ではなくスマホ画面の幅に対応して見やすく工夫されているレスポンシブ対応が注目されています。ユーザーにとって見やすく分かりやすいデザインであることが、これからのホームページ制作における大前提となるでしょう。

■ホームページの目的は不変
ホームページ制作では、トレンドを意識しながらも、ホームページが本来持つ目的という軸からぶれないデザインでなければいけません。特に企業のホームページなら、トレンドに流されない不変のメッセージがあるでしょう。遊び心をどこまで入れるか、トレンド性をどこまで意識するかは、企業がどのようなメッセージを発信したいかという点とバランスを取りながら決める必要があります。

こうしたホームページ制作に関しては、企業のブランディングも意識しながら制作工程を進めると良いでしょう。もしも社内にそうしたブランディングやマーケティングに関する専門知識を持つ人材がいない場合には、制作や運用を代行する業者へ依頼するという方法もアリです。

スタッフブログ | 2022年06月23日

ホームページ制作の検索対策はどうすればよい?

■ホームページ制作は検索対策を視野に入れるべし
ホームページ制作においては、ただコンテンツを作るだけではいけません。どんなに内容が充実していても、検索対策をしていないコンテンツでは、ユーザーからの検索対策という点では十分な結果を出すことができません。多くのユーザーは、検索エンジンを使ってキーワード検索を行います。そして、結果表示されたページの中から興味や関心があるサイトへとアクセスします。

検索対策をすることによって、この結果表示における順位を最大限に高めることができます。1ページ目に表示されるサイトなら、高い確率でユーザーの目に留まることでしょう。しかし100ページ目に表示されてしまうと、たとえ内容がとても充実した優秀なホームページ制作をしても、ユーザーの目に留まる可能性は限りなく低くなってしまいます。

■検索対策の方法とは?
検索対策はSEO対策とも呼ばれていて、複数の対策方法があります。例えば、コンテンツごとにキーワードを設定し、コンテンツの中にバランスよくちりばめることによって、検索エンジンから高評価されやすくなるでしょう。これはホームページ制作の前にキーワード設定をしておくのが得策です。

また、タイトルの設定方法や文字数、キーワードをタイトルに入れるかどうかによっても、検索エンジンからの評価に影響します。

■分析ツールが役立つ!
ホームページ制作における検索対策には、上記のようにたくさんの方法があります。専門的な知識があれば、効率的かつ効果的な対策ができるでしょう。しかし多くの場合には、試行錯誤しながら検索対策を行い、結果を見ながら調整するという方法で継続的に作業をすることが多いものです。

その際には、分析ツールなどを積極的に活用するのがおすすめです。検索エンジンから無料で提供されている分析ツールはたくさんあり、その中には検索対策に役立つツールもあります。ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

スタッフブログ | 2022年06月22日

ホームページ制作だけじゃない!運用次第で成果が変わる!

■ホームページ制作の運用とは?
ホームページ制作というと、ホームページを構築して公開するところまでというイメージがあるかもしれません。しかし実際には、制作後の運用がとても大切です。具体的にどんな作業をするのかというと、コンテンツの内容を常に最新の情報へと更新したり、ユーザーからの問い合わせの対応、またユーザーからのアクセス数や動線を解析しながら、ホームページの内容や階層を見直す作業も必要です。

問い合わせに対応する作業は、社外からのものだけではありません。車内からの問い合わせに対しても対応が必要ですし、適切な部署へつなぐ橋渡しの役割もしなければいけません。具体的に車内からどんな問い合わせがあるかという点に関しては、コンテンツの更新依頼とか、機能に関するリクエスト、トラブルの報告などが考えられます。

■どんな点に注意した運用が必要?
ホームページ制作後の運用では、現在抱えている悩みをインプットとし、適切なアウトプットを導き出すために最適な運用手法が必要不可欠です。例えば、ホームページへの流入を増やしたい場合には、SEO対策をしたコンテンツ作成や、Web広告などを導入することによってインプレッションを増やす作業が効果的です。

インプットとアウトプットをあらかじめ定めておくことで、ホームページ制作後に何をしたらよいかと軸がぶれてしまうリスクを最小限に抑えられます。ホームページを立ち上げる目的がコンバージョン率の増加なら、ユーザーのコンバージョンを上げるために様々なマーケティングや手法を使うことで、悩みを解決する最適なアウトプットへと近づきます。

■社内で対応できなければ代行業者へ
ホームページ制作後の運用作業に関しては、作業の種類がたくさんあるだけでなく、マーケティング手法など専門的な知識が求められる作業も少なくありません。社内にそうした知識を持つ人材がいれば、問題ないでしょう。しかし専門知識を持つ人材がいない場合には、代行業者に依頼する方法もアリです。その場合、できるだけスムーズな対応と意志疎通を図って結果を最大限にするために、ホームページ制作と運用はワンストップで依頼できる業者がおすすめです。

スタッフブログ | 2022年06月21日

ホームページ制作ではシステム開発も視野に入れてみましょう

システム開発とは?

企業や店舗でホームページによる情報発信や集客を目指そうとした場合、まずホームページそのものの制作が必要になります。当たり前のことですが、ホームページ制作を終えればそれで完成ではなく、あくまで効果的に運用していく必要があります。そして事業向けのホームページ制作ではシステム開発も併せて検討してみる余地もあります。

システム開発とは社内における業務の効率化を行うための環境づくりを行う開発のことです。例えば社員同士がクラウド上で情報を簡単に共有できる、社内だけでなく外出先やリモートワーク・テレワークでも社内の情報にアクセスできるといった環境づくりが該当します。ほかにも資料の作成や在庫管理、会計処理などをITで行う環境づくりも含まれます。

つまりホームページはユーザーや見込み客など外部を対象にした環境づくりとなるのに対してシステム開発はおもに社内の内部環境の充実を対象とした環境づくりとなるのです。

どうしてシステム開発とホームページ制作の両方が必要なのか?

業務のクラウド化やIT化を導入することで業務の効率化が見込めます。それはそのままホームページの運用・管理の効率化にも結びつくのです。定期的な更新、魅力的なコンテンツの制作など、ホームページの魅力を維持するためには運用が欠かせません。こうした作業を自社で行うためには複数のスタッフで対応することになりますが、しばしばコミュニケーションや情報の共有がうまくいかずに作業が滞ってしまうこともあります。そんなときにスタッフ同士の情報の共有や連絡をスムーズにできる環境を構築していればホームページの運用、管理も簡単にできるようになります。

例えば外出先やテレワークで作業しているスタッフがホームページの更新や管理を行うこともできますし、万一データの消失などのトラブルが起こった場合でも復旧作業を速やかに行いやすくなります。

ですからプロの業者へのホームページ制作の依頼を検討している場合には運用・保守のため社内環境を意識したうえでシステム開発にも対応できる業者を探してみるのも一つの選択肢となるでしょう。

スタッフブログ | 2022年05月31日

ポータルサイトとは?その種類と制作・運用のポイントを探る

ポータルサイトとは?

ポータルサイトと言えばYahoo!やMSNを連想する方も多いかも知れません。多くの情報が掲載され、そこに掲載されている記事から興味があるものを見つけてアクセスする。情報への入り口のようなイメージです。

こうした一般的に知られるポータルサイトは「総合ポータルサイト」と呼ばれており、オールジャンルで幅広い情報を提供しているのが大きな特徴です。しかしそれ以外にもさまざまな種類のポータルサイトがあり、企業や店舗がホームページ制作を行う上でも重要なポイントになってきます。

上記のような総合タイプのほかにはジャンルを絞って情報を扱っている専門別サイトがまずあります。それから特定の目的(例えばホームページ制作のやり方を知りたいなど)についての情報を扱っている目的別サイト、地域限定で詳細な情報を扱っている地域サイト、そして社内向けに情報を掲載し、従業員同士で共有するために作られた企業向けサイトです。

先述した大手企業でもない限り、この手のサイトを作る場合には基本的に専門別、目的別、地域別のいずれか、もしくは複数を組み合わせたうえで制作することになります。特定の地域に関する情報ならどこにも負けない、あるジャンルに関する情報ならどこよりも早く詳細なものが手に入る、といった強みを手に入れることが重要になってくるわけです。

運用が何よりも重要!

この手のサイトでは魅力的なホームページ制作へのこだわりも欠かせませんが、運用が何よりも大きな意味を持ちます。つねに情報の鮮度が求められますし、そのためには頻繁な更新に耐えうる環境を整える必要があるからです。画面上に同じ情報が何ヶ月もそのまま掲載されているようなサイトはユーザーから有力な情報収集の手段として見てもらえない恐れがあります。

また、定期的かつ頻繁な更新が必要になる以上、サイトを正常に維持するための環境も必須です。掲載した記事がリンク切れを起こしてしまうといったこともしばしば起こるため、防ぐための運用・管理が重要なのです。

こうした環境はホームページ制作の段階でしっかり準備を整えておくのはもちろん、運用しながら定期的に改善・修正を施していく工夫も求められます。

スタッフブログ | 2022年05月30日

ARCHIVE

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。

    PAGE TOP