スタッフブログ

Facebookページを埋め込めない場合がある?

こんにちは、朝日です。

企業やサービスの宣伝にFacebookページを活用されているお客様も増えてまいりました。
作成したFacebookページへのリンクをHPに設置する他に、Facebookページをサイトに埋め込む方法がございます。
Facebookページをサイトに埋め込むメリットは、ページを移動しなくてもFacebookページと同じような操作ができる点です。
例えば、Facebookページをいいねしたりシェアしたり、サイトを一時離脱する必要なく操作が可能になるのです。

Facebookページの作成を検討されているお客様は、以前弊社でご紹介した記事をご確認ください。
記事:Facebookページはお持ちですか?

Facebookページを埋め込む

Facebookページの埋め込み方法は、Facebookのページプラグインを利用します。
Facebook ページプラグイン

「FacebookページのURL」に自社のFacebookページのURLを入力すると、下部にプレビューが表示されます。
ページプラグイン ソーシャルプラグイン
表示オプションを設定したら、「コードを取得」しサイトに貼り付ければOKです。
(以降の詳細は今回は割愛します。)

埋め込みができない場合は?

過去に何件か上記の方法で埋め込みができないケースがございました。
FacebookページのURLを入力してみましょう。
以下のようにURLを入力しても何も表示されない場合、コードを取得してもサイトに埋め込むことができません。
ページプラグイン ソーシャルプラグイン

考えられる理由は主に2つ。
(1)入力したURLが間違っている。
(2)ページの公開範囲に制限がかかっている。

1の場合、FacebookページのURLに間違いがないかを再度ご確認ください。
2の場合、年齢制限や国・地域による制限が行われていることが原因です。
このページプラグインは、「Facebookの公開ページをウェブサイトに埋め込む」ための機能ですので、
ページが公開されていなければいけません。

公開範囲はFacebookページの設定画面から確認できます。
Facebookページの右上にある設定をクリックします。
fb

設定画面の一般設定から「国別制限」「年齢制限」を探し、
地域や年齢に制限が設けられている場合は制限を「誰でも見ることができます」に変更してください。
fb2

ページプラグインから再度URLを入力し、プレビューが確認できれば、「コードを取得」しサイトに貼り付けてください。

公開範囲を変更してもプレビューが表示されない、埋め込めない場合はまた別の原因が考えられますので、
弊社までお問い合わせくださいませ。

スタッフブログ|2018年03月23日

ホームページ運用相談作成依頼はこちらから

0120-982-419

メールマガジン会員募集

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP