無料出張相談無料出張相談
資料請求資料請求
メールでのお問い合わせはこちらご相談・お問い合わせ
スタッフブログ

成果の出るホームページ制作と運用をする

【成果を意識してホームページ制作をする】
ホームページ制作は時間もコストもかかります。そのため、せっかく作った自社サイトが、営業に利益をもたらさなければ意味がありません。単にホームページ制作をすれば、アクセスが集まり物が売れるということはありませんので、意味のある作り方をしなければなりません。

そのためにも、まずはホームページ制作をする目的とその成果をはっきりとさせることが重要です。自社ブランドや会社そのものを宣伝したいのであれば、アクセス数や認知度が成果となります。一方で、サイトを通じて商品を販売したいのであれば、販売数が直接的な目標と言えるでしょう。その上で、より多くの人に自社ブランドを知ってもらうため、たくさん商品を売るためには、どんな点に注意してホームページ制作をしていったら良いのかを検討する必要があります。

【ターゲティングと集客に力を入れる】
実際に制作作業を始める前に、ターゲティングを徹底して行うことが成果につながります。商品を売りたいターゲットとして、年代や性別、嗜好、収入層を絞り込みます。その上で、そのターゲットにとって興味を引くサイトのデザインや、記事の書き方などを決めていきます。こうすることで、制作の指針を決められるのです。

サイトをオープンしてからも、ターゲットを引き寄せるための集客を行う必要があります。たとえば、若い世代をターゲットとしているのであれば、SNSを積極的に活用してサイトと連動させるといった施策を採ることができます。また、ネット広告を出す時も、狙った層に訴えるワードや広告テキストを打つことで、成果率を引き上げることができます。たくさんのアクセスが集まれば、それだけ商品を購入してくれる割合も高くなりますので、成果の出るサイトへと成長していきます。

ここで重要なのは、分析と改善を常に繰り返していくということです。アクセスが少ないページをてこ入れしたり、より集客効果の高いチャンネルを作ったりするなど、いろいろな工夫をしていくことで、競合サイトに負けず安定した成果を収められます。

スタッフブログ|2020年12月24日

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP