無料出張相談無料出張相談
資料請求資料請求
メールでのお問い合わせはこちらご相談・お問い合わせ
スタッフブログ

ホームページ制作とシステム開発の違いとは?

【ホームページ制作とシステム開発の違いは?】
ホームページ制作を行う会社と、いわゆるシステム開発という業務を行う会社は別物です。というのも、両者の間には、目的や用いる技術、扱う範囲などの違いが存在するからです。たとえば、システム開発は特定の業務や作業を効率よく遂行するための、限定された目的を果たすために開発を行います。そのため、ほとんどの場合凝ったデザインや見栄えの良い構成などは不要で、むしろシンプルに仕上げることで、より使いやすいシステムとします。一方でホームページ制作においては、宣伝や物品販売、オンラインサービスの提供など、様々な目的を同時に果たすサイトを作ることが多いです。そして、デザイン性を重視し、より見た目に魅力的なものとすることもホームページ制作で力を入れる点です。

エンドユーザーという意味でも、両者には違いがあります。システム開発の場合は、特定の企業で業務を行う作業者に向けられたものです。利用者が限定されていると言うこともできます。一方でホームページ制作の場合は、実際に制作物を見るのは、一般ユーザーです。そのため、対象に限定はなく広い範囲に向けてサービスが提供されることになります。

【技術的な違いも大きい】
実際の開発、制作現場における作業でも違いが見られます。たとえば、主に使われるプログラミング言語です。ホームページ制作では、HTMLを中心としてJabaScriptなどがよく使われます。一方でシステム開発では、LinuxやJava、アプリケーションに携わっている現場ではRubyやPHPなども多いです。

さらに、必要とされる技術の範囲も大きく異なります。システムを開発する際には、関係するプログラミング言語によるコーディングとちょっとしたデザインのスキルが求められます。一方でサイトを作るためには、画像編集やイラスト加工、文章作成、コーディングなど、異なる分野におけるスキルが必要です。

スタッフブログ|2021年01月05日

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP