無料出張相談無料出張相談
資料請求資料請求
メールでのお問い合わせはこちらご相談・お問い合わせ
スタッフブログ

ホームページ制作とシステム開発の違いとは?

【ホームページ制作とシステム開発の違い】
プログラミングをして機能を持たせるという点では同じに見えるホームページ制作とシステム開発ですが、両者には違いがあります。まず、ホームページ制作では不特定多数の人に公開することが前提となっているため、誰が見ても分かりやすく使いやすいページを作っていくことが求められます。一方で、システム開発は多くの場合、特定の会社やユーザーに限定して機能を提供していますので、使いたい人が十分に機能を使いこなせるように設計されています。

また、デザインの面でも大きな違いが見られます。ホームページ制作では、初見でもユーザーを惹きつけられるように、魅力的で凝ったデザインを施すことが多いです。一方で、システム開発ではとにかく使いやすさを重視していますので、凝ったデザインにする必要はなく、むしろ無駄なデザインは削ってシンプルさを求めます。

他にも、プログラミング言語の違いというのもあります。ホームページ制作ではPHPやHTML、JavaScriptなどの言語が主に使われます。特に、HTMLはホームページ制作の現場でしか使われないと言っても良いほど、ジャンルが限定されているプログラミング言語です。一方で、システム開発ではそれぞれのニーズに合わせて、様々なものが使われます。C言語をベースとして、RubyやPytonなど、多くの言語が存在しています。最近ではAIやIoT関連のシステムもニーズが高まっていますので、こうしたジャンルで用いられる言語の需要も高まっています。

【Webサイト内でも高機能のアプリケーションが求められるようになっている】
このように、ホームページ制作とシステム開発は明確な違いがあるわけですが、最近はサイトの中に高機能のシステムを実装することが増えています。ECサイトなどがその代表例で、高度な検索やデータベース、顧客の管理や決済などのために複雑なアプリケーションを入れています。こうしたサイトの制作にはシステム開発の技術が用いられ、機能的なサービスが提供されているのも最近の特徴となっています。

スタッフブログ|2021年04月30日

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP