無料Zoom相談無料Zoom相談
資料請求資料請求
メールでのお問い合わせはこちらご相談・お問い合わせ
スタッフブログ

具体的な成果をイメージしたホームページ制作

最初から成果を考えたホームページ制作が大切
見栄えの良いホームページ、良質なコンテンツが充実したホームページなど、優れたホームページは多数ありますが、そのすべてが制作者の期待するほどの成果を上げているとは限りません。ホームページ制作が自己満足ならそれでもかまいませんが、企業や店舗が売上アップのためにホームページを運営するのであれば、ホームページの見た目や中身以上に確かな成果を生み出せるようにすることこそが急務です。

といっても、すでに作ってしまったホームページに手を加えて、成果を出せるようにするのは簡単なことではありません。むしろ、最初の段階から成果を出すことにターゲットを絞った考え方をしなければならないでしょう。

では、どんな考え方なのかと気になりますが、まず成果の出ないホームページというものを考えてみましょう。そうすることで、自ずとどうすればよいかが見えてきます。

成果として具体的なイメージを思い描いていること
見た目も内容も良いのに期待通りにいかないホームページの場合、何を目的としたホームページなのかという最初のイメージが、十分でないことが考えられます。具体的にこのホームページで何を達成したいのかを思い描くことが大切です。

また、あれもこれもと欲張っても、期待したほどの成果は上げられません。売上アップなのか、自社の認知度アップなのか、どれか一つにターゲットを絞った方がよいでしょう。それによって軸が定まると、その後の展開もしやすくなります。

ユーザー目線でのホームページ制作
また、ホームページは誰のためのものかを常にしっかり認識しておくことも大切です。誰に見てもらいたいのか、具体的なターゲットのイメージを固めましょう。それが固まったら、その想定したユーザーの目線でホームページの制作を考えてみればよいのです。

もし自社のみでそれが難しいというのなら、実績のあるホームページ制作会社への外注を検討してみてはいかがでしょうか。デザインやレイアウトはもちろん、SEO対策やターゲッティングまで考えたホームページ作りが可能です。

スタッフブログ|2022年04月22日

ARCHIVE

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP