無料Zoom相談無料Zoom相談
資料請求資料請求
メールでのお問い合わせはこちらご相談・お問い合わせ
スタッフブログ

ポータルサイトをホームページ制作する方法

■ポータルサイトは多種多様
ポータルサイトには、たくさんの種類があります。専門分野に関する情報提供をするものや、地域的な情報が満載のもの、また検索エンジンのようにニュースや天気など幅広い情報が掲載されて一目瞭然な統合型のものなどもあります。こうしたサイトをホームページ制作する際には、まず最初にどんな目的で制作するのかというと、誰に対して情報を提供したいのかという点を明確にすることが必要です。

例えば地域密着型の企業なら、ほかの企業と提携しながら相互に情報提供できる場所という位置づけでポータルなサイトを作ることができます。すでにそういうサイトが数多く存在しているなら、企業が手掛ける分野や事業に関して、ユーザーが意思決定しやすくなるような専門分野に関する情報提供をするのも良いでしょう。
目的やターゲット層を絞り込むことによって、どんな情報が求められているのかを把握しやすくなりますし、ホームページ制作のデザインやコンテンツ内容にも工夫しやすくなるのではないでしょうか。

■ホームページ制作における注意点とは?
ポータルサイトをホームページ制作する際には、最初からプログラミング言語を用いて作りこむ方法があるほか、テンプレートを活用して制作するという方法もあります。プログラマーやエンジニアが多くいる企業なら、ゼロから行うスクラッチ開発でも問題はないでしょう。しかし業者に依頼して開発する場合やテンプレートを活用する場合には、そこに使われている言語が何かという点は注意が必要です。

あまりマイナーな言語で開発されているものは、ホームページ制作においては問題なくても、数年後の運用やカスタマイズ時に、その言語を扱えるプログラマーを探すことが難しくなってしまうかもしれません。プログラマーやエンジニアを確保しやすいという点から、できるだけメジャーな言語やツール、フレームワークを適用するのがベストでしょう。

また、ポータルサイトはユーザーからの問い合わせを受けやすい傾向があります。そのため、運用における対応フローはあらかじめ決めておきましょう。そうすることによって、スムーズな運用ができます。

スタッフブログ|2022年06月29日

ARCHIVE

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。

    PAGE TOP