無料Zoom相談無料Zoom相談
資料請求資料請求
メールでのお問い合わせはこちらご相談・お問い合わせ
愛知県の方より、お問い合わせいただきました。

ポータルサイトの制作をホームページ制作会社に依頼する場合

【ポータルサイトのホームページ制作で知っておきたいこと】
ポータルサイトというホームページは、そこを入り口にさまざまな情報にアクセスできるサイトのことを言います。ポータルサイトにもさまざまなテーマや目的がありますが、幅広い情報を集めたホームページという意味では同じです。そのため、一般的な企業サイトのホームページ制作とは勝手が違う部分があります。

ポータルサイトを制作するとなると、どこかのホームページ制作会社に依頼することになるのが一般的ですが、その前に要件定義を行う必要があります。要件定義とは、簡単に言えば、完成形のサイトをイメージした時に必要となる要件を定めることです。

ホームページ制作会社に依頼する場合、どんなポータルサイトにしたいのかを要望として文章にまとめることになります。制作会社はそれをもとに要件定義書を作るのですが、その内容も依頼側はしっかり把握しておかなければなりません。その後のすべての過程において大きな影響を及ぼすものですので、完全に納得できるまで要件定義書の内容についてしっかりディスカッションを行いましょう。それを可能にするためにも、事前に社内で行う要件定義を明確にしておくことが大切です。具体的な目標や成果などを数値化しておくとよいでしょう。

【ポータルサイトのホームページ制作には費用がかかる】
ポータルサイトは一般的なホームページに比べて制作に費用がかかります。機能を充実させるほどに費用は大きくなりますので、要望をすべて叶えることは難しい場合があります。そういう場合に備えて、予算の範囲でどうしても入れておきたい要素を決めておきましょう。

また、事前に次のような準備ができていればスムーズに話が進みます。サイトの使い勝手やデザインの絞り込み、参考にしたい競合他社のサイトのチェックなどです。

なお、サイト制作で終わりという制作会社もありますが、ポータルサイトの場合、なるべく運営のサポートまであるところを選んだ方がよいでしょう。そのため、なるべく予算を確保しておくことをおすすめします。

スタッフブログ|2021年10月27日

ホームページ制作で成果が出ない理由はどこにある?

【ホームページ制作で成果が出ない理由】
ホームページ制作会社に依頼して、立派なホームページが完成したのに、いざ運用がスタートすると思ったほどの成果が出ないということはよくあります。もっとも公開後すぐにアクセスが集中するというようなことは稀なので、ある程度は時間を必要とするでしょう。しかし、運用して何か月も立つのに公開当初と状態が変わらないようでは問題です。

こういう場合、ホームページの導入段階、もしくは、制作段階、および運用後の段階と、3つの段階のどこかに問題がある可能性が高いです。成果が出ないのはおそらくこの3つのフェーズのうちどこかに問題があるからでしょう。逆に、3つともしっかり押さえて対策できているのであれば、ある程度は成果が出ているはずです。これはホームページの種類に関係なく、どんな企業がどんな事業内容で、また、どのような目的で公開するホームページにおいても言えます。

【大切なのはホームページ制作までの段階】
成果が出ないホームページは、最初に「どんなホームページを作ろうか」と考える導入段階で見落としがある可能性が高いです。具体的には3C分析が疎かだからとも言えます。この状態でホームページ制作会社に依頼しても、思うような成果が得られないのは当然でしょう。

3C分析というのは、「顧客(Customer)」、「競合他社(Competitor)」、「自社(Company)」という3つの頭文字Cからなる要素の分析のことです。マーケティングの基本であり、どの企業でも当然のようにやっていることですが、なぜかホームページ制作では忘れてしまうというケースがよく見られます。「とりあえず自社で作ってみよう」と見切り発車でスタートしたり、「難しいことはわからないから専門家に任せよう」と制作会社に丸投げしたりといった例です。

ホームページもビジネスに用いるのであれば、実際に店舗を運営するのと同じような分析、評価、改善が必要です。また、成果を出すには、運用後も常にこれらの作業が大切になることを知っておきましょう。

スタッフブログ|2021年10月22日

ホームページ制作で押さえておきたい流行のデザイン

【ホームページ制作にも流行やトレンドがある】
ホームページ制作にも流行やトレンドがあります。ホームページ制作というと、専門的なことなのでプロの制作会社に任せてしまうしかないと考えてしまいがちですが、どのようなシステムやデザインが今のホームページ制作において流行なのかを知っておくことは無駄ではありません。それを知ったうえで依頼することで、難しいことはわからなくても競合他社と差別化を図ることも可能になるでしょう。

【ホームページ制作における最近の流行のデザイン】
最近、インターネットの閲覧には、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスもよく用いられるようになりました。若い世代のなかには、家にパソコンがないという人もいるぐらいです。このような状況にあって、ホームページもスマホなどのモバイルデバイスで見やすいことを重視したデザインがトレンドであり、ホームページが備えておくべき定番のデザインと言ってもよいでしょう。

それに応じて、Googleでもモバイルデバイスに対応したホームページのデザインを重視することを発表しています。すでに2019年に、「モバイルファーストインデックス」の適用を発表済みです。今後は検索エンジンでの表示順位の決定において、パソコンよりもスマホでの閲覧に最適化されたホームページを優先して評価する指針を掲げています。

スマホなどのモバイルデバイスでの閲覧に最適化されたホームページのデザインを、「レスポンシブデザイン」と言います。Googleがいち早くこのデザインを優先することを発表したため、他のあらゆる検索エンジンでも同様の姿勢を見せることは確実でしょう。

というわけで、ホームページ制作において、今後はレスポンシブデザインが必須だと考えてよいでしょう。自分でデザインできないとしても、それを知っておけばホームページ制作会社選びに役立ちます。単に安さだけを売りにして旧態然としたデザインでホームページを制作する会社ではなく、しっかり流行のレスポンシブデザインにも対応してくれることを重視してください。
(2021年現在)

スタッフブログ|2021年10月21日

ホームページ制作会社選びの前に大切な検索対策

【ホームページ制作では検索対策が必須】
ホームページ制作会社は数多くありますが、単に安さで決めていないでしょうか。もちろんコストを抑えることも大切ですが、そもそもの目的を達成できなければ意味がありません。ここでは、制作会社選びの前に覚えておきたい、ホームページ制作における検索対策の重要性を確認します。

具体的な目的はホームページ制作を依頼する企業ごとに違いますが、いずれにせよ共通する目的として、できるだけたくさんの人にホームページにアクセスしてもらうということが挙げられます。そのために必要なのが検索対策です。

ホームページ制作における検索対策とは「SEO対策」とも呼ばれますが、正確に意味するところは、検索エンジン最適化です。検索エンジンとはGoogleのような検索サイトのことであり、そのサイト上で自社のホームページをなるべく上位に表示するための対策を検索対策やSEO対策と言います。

Googleであれ、Yahooのような他の検索エンジンであれ、何かのキーワードで検索した時、上から順に最もそのワードとの関連性が高いサイトが表示されます。この時、何を基準に順位が決められているかですが、おもに検索したキーワードが使用されていることや、コンテンツがそれと関係のあることなどが目安となります。検索エンジンごとに基準があり、しかも頻繁に変更されているため、その内容を完全に理解することは難しいですが、少なくとも最適なキーワードを選定することがどの検索エンジンであれホームページ制作の前提になります。

【単にキーワードだけでないホームページ制作における検索対策】
ただし、サイト内に単にキーワードをたくさん盛り込めばよいだけではありません。検索エンジンはそのサイトのコンテンツまで見て、上位表示するかを判断しています。基本的にはユーザーにとって有用な質の高いサイトほど上位に表示されるようになっているので、技術的なことはわからなくても、内容が正確で、かつ、読む人にとってためになるコンテンツを作ることを意識してください。

スタッフブログ|2021年10月20日

ホームページ制作では運用後のことまでしっかり考えておくことが大切

【ターゲットを絞ってホームページ制作】
ホームページで商品を販売するのでも、自社のことをアピールのするのでも、いずれにせよホームページ制作においては運用後のことまで視野に入れて考えなければなりません。そうでなければ、高い確率で目標を達成できずに終わってしまいます。

単にホームページ制作だけなら、制作会社に依頼すればそれなりの質のものができますが、それだけでは不十分です。どんなに見栄えの良いホームページであっても、そもそもターゲットであるユーザーに見てもらえなければ意味がありません。

ホームページを制作すると決まった段階で、具体的に見てもらいたいターゲットが決まっているのではないでしょうか。そのターゲットが明確に定まっていないと、たとえアクセス数を稼ぐことはできても、コンバージョンにつなげることは難しいです。

ホームページのターゲットを尋ねられると、往々にして「個人のお客様」や「法人」などと幅の広い答え方をされる方がいます。成果の出るホームページにしたいのであれば、もっと照準を絞りましょう。たとえば、十代の女子学生だったり、一般企業に務める30代独身女性だったりといった具合です。ターゲットがここまで明確になれば、効果的なアピールのやり方も自然と見えてくるでしょう。学生ならば安さを打ち出し、社会人の女性ならくつろぎや癒やしを提供するといった感じです。

【何を目的にホームページを運用していくのか】
ホームページの目的はそれを作る企業によってさまざまですが、その目的には必ずターゲットが存在します。誰にホームページを見てほしいのか、また、見てもらったうえでどのような行動を取ってほしいのかまで具体的に考えましょう。ホームページの制作会社に依頼する際は、そこまで細かく要望を伝えておくことです。それができていれば、運用後も状況を見ながら適切なコンテンツを追加・削除などでブラッシュアップし、常により良いものを目指してホームページを運用していけるでしょう。

スタッフブログ|2021年10月19日

ホームページ制作とシステム開発の特徴とは?

【システム開発とホームページ制作の特徴とは?】
IT関連の開発会社、制作会社というのは多種多様で、あまりなじみがない人にとって区別を付けづらいところがあります。その一つとして、システム開発とホームページ制作の違いというものを挙げられます。どちらもプログラミング言語を使ってプログラムを作っていくのは一緒です。

しかし、ホームページ制作は不特定多数のユーザーに向けられたもので、より多くの人を惹きつけるために、魅力的なデザインにすることが求められます。また、利用するプログラミング言語は、HTMLやJavaScriptを基本として、PHPなどを組み合わせて使っていきます。

一方で、システム開発は業務用がほとんどですので、企業内の職員という閉ざされた環境、対象者も職員に限定されます。そのため、特にかっこいいデザインにする必要がなく、むしろシンプルで業務に集中できる構成にします。プログラミング言語は汎用言語を用いることが多く、それぞれのシステムに合った言語が使われます。

【ホームページを高機能にするために覚えておきたいこと】
このように、システム開発とホームページ制作では、異なる特徴があります。しかし、ホームページ制作でも様々な機能を付ける必要が出てくることがありますので、両者が無関係だというわけではありません。

たとえば、サイトで商品を売る場合、注文を社内の在庫や発注、配送システムと連携させることが多いです。こうした場合、サイトのプログラムと業務システムを連動させる必要が出てきます。

そのためには、ホームページ制作時に、業務システムのことを理解した上でプログラムをしないといけません。こうしたことから、サイトを作る作業の中に、システム開発の分野も含まれてくることがあるのです。サイトを高機能にして、より良いサービスを提供するためには、サイト制作のための技術と共に、システム開発についても覚えておくとスムーズになります。

スタッフブログ|2021年09月30日

ポータルサイトとは?ホームページ制作のコツ

【ポータルサイトとは?ホームページ制作の際の注意点】
ポータルサイトとは、情報や他サイト、企業の入り口となるホームページのことを指します。たとえば、建築についての情報を取り上げ、工務店やハウスメーカーを紹介することで、そこからそれぞれの企業のサイトに誘導することができます。他にも、スポーツなどの趣味をメインとして、そのジャンルで役に立つ情報を取り上げているサイトを紹介し、リンクを貼っていくというのもポータルサイトと言えます。さらに、検索サイトのように、あらゆるジャンルについて関連するサイトをまとめてリンクを貼り、総合的な情報サイトとして機能することもあります。

こうしたホームページは、たくさんのサイトの入り口となりますので、とにかくリンク先もしくは紹介先が多くなります。そうすると、ユーザーは情報がたくさんあり過ぎて、迷ってしまうこともあります。そこで、大量の情報をいかに整理して、見やすく検索しやすいようにするかということが重要になってきます。

また、リンクを貼った先がサイト閉鎖したり、情報が変わってしまっていたりすることもあります。そのため、単にホームページ制作をすれば良いということではなく、常に情報のチェックをして更新をしていくことが求められます。作るにしても運用するにしても作業が多くなりますので、そのことを見越してホームページ制作するようにしましょう。

【ポータルサイトのホームページ制作のコツ】
この種のホームページ制作をするに当たっては、ページの構成が大きなカギを握ります。とにかくたくさんの情報がありますので、それらをジャンル別にまとめるか、時系列にまとめるかといった取り上げ方で、見やすさが大きく変わります。

そして、検索機能を充実させることもコツです。キーワードで検索できるだけでなく、新しい順や価格順などの条件を付けて、より細かく検索できるようにします。こうすることで、ユーザーは欲しい情報にすぐにアクセスできて、利便性の良さを感じられるようになります。

スタッフブログ|2021年09月29日

ホームページ制作でデザインを決めて仕上げるまでの流れ

【ホームページ制作のおおまかな流れ】
ホームページ制作をしようと計画しているのであれば、事前にどんな流れでプロセスが進んでいくのかを知っておくと良いでしょう。それにより、開設までの期間や自分たちとしてすべきことを明確にし、準備しておけるからです。かなり大雑把な流れとしては、3つのフェーズに分けられます。ホームページ制作前の構想や設計のフェーズ、実際の制作作業、そして運用というフェーズです。

ホームページ制作前の構想や設計は、サイトの構成や規模、機能を決めるためにとても重要な過程となります。サイトを通じてどんな人にどんなことを訴えたいのか、何を目標とするのかを制作会社と話し合って、方向性を決めていきます。その際に、デザインをターゲットや商品の内容に合わせて決めることになります。

その後、記事や画像などのコンテンツを作り、コーディングをしてサイトを作ります。ホームページ制作後も、ユーザーからの問い合わせや更新作業などの運用を続けていくことになります。

【ホームページのデザインを決めるにあたっての注意点】
ホームページ制作においてとても重要なのが、デザインの選び方です。サイト全体を貫くイメージや、それぞれのページの構成、用いる画像の雰囲気などを決めていくことになります。このサイトイメージ次第で、かなりの程度、ユーザーが持つ印象や成果が変わってきます。同じ内容のコンテンツでも、見た目でユーザーの行動が変わってくることが多いのです。

代行会社に依頼する場合、自分たちが持っているイメージをきちんと伝えると共に、ターゲットをはっきりとさせておきましょう。そうしないと、制作側も方向性に迷ってしまうからです。また、必ず何点かの候補を挙げてもらい、そこから選ぶようにします。制作会社を信頼するのは大事ですが、丸投げすることがないように注意しましょう。しっかりと担当者同士でコミュニケーションを取ることで、サイトの目的に合ったデザインとすることができます。

スタッフブログ|2021年09月28日

ホームページ制作を成功させるためにコンサルティングを付けると良いのはなぜ?

【ホームページ制作コンサルティングとは?】
すでにいくつものホームページ制作をしていて、経験を持っているのであれば、さらに新しいサイトを作るのもスムーズにできるでしょう。しかし、初めてホームページ制作をする方であれば、なかなか勝手が分からず、何をすれば良いかすら迷ってしまうものです。また、サイトの形に仕上げることができるとしても、成果の出るサイトにするのが難しいという状況も起こり得ます。

そこで、助けになってくれるのがコンサルティングの存在です。Webコンサルと呼ばれることも多く、ホームページ制作や運用、マーケティングなどの点で、アドバイスを与えてくれるプロのことを指します。たくさんのサイトを制作し、分析をしてきた経験がありますので、アクセスを集めやすい内容やデザイン、広告の出し方などをよく知っています。

また、新たに作るだけでなく、すでに存在するサイトの問題点を洗い出して、アクセスを増やしたり、成果率を上げたりするための提案をしてくれることもあります。技術的にも、マーケティングという面でも、目標を達成するための大きなサポートを与えてくれるのがWebコンサルティングの役目と言えるでしょう。

【Webコンサルティングの選び方とメリット】
そもそもWebコンサルティングの明確な定義は存在しませんし、業務をするのに資格や許可が必要なわけでもありません。そのため、たくさんのコンサルタントがいて、それぞれに異なる質と料金のサービスを提供しています。また、物販系に強いとか、コーポレートサイトのノウハウが豊富といった感じで、それぞれに得意分野を持っていることが多いです。

まずは、自分がホームページ制作を通じて何をしたいのか、提供したいコンテンツのジャンルは何なのかをはっきりとさせましょう。その上で、その分野において実績を持っているコンサルタントを探すことができます。一口にコンサルタントと言っても、制作前の構想や技術的なアドバイス、既存サイトの改善など、いろいろな業務がありますので、何を頼むかも明確にしておくことが大事です。

スタッフブログ|2021年09月27日

成果を上げるためのホームページ制作のポイントは?

【ホームページ制作における成果の定義をはっきりとさせる】
ホームページ制作をするからには、お金と手間をかけただけの成果を出したいと思うのは当然のことです。しかしながら、世の中にはまさに数えきれないほどのサイトが存在していて、たくさんのライバルがいますので、簡単には成功できません。そのため、どうした効果的なサイトにできるのかを考えて実行することは欠かせません。

そこで、そもそも自サイトにおける成果とは何か?という点をホームページ制作をする前に考えておくべきです。たとえば、物販サイトであれば製品を売る、アフィリエイトサイトであれば広告クリックを稼ぐ、ブログであればたくさんの読者を獲得する、といった目標があります。必ず数字を挙げて目標設定をしましょう。このサイトで月間○○万円の売り上げを、6か月以内に獲得するといった具合です。こうした明確な数値を設定することによって、ホームページ制作ですべきことが固まってきます。

【分析を徹底して行い、成果に結びつける】
ホームページ制作をする際には、常に成果を意識することが大事です。そのためには、分析が大きな意味を持ってきます。その一つとして、ターゲットを決めて、その層の好みや思考パターン、アクセスしやすい時間帯などを分析します。売り出したい商品が若者向けで、安めの価格帯であれば、必然的にホームページ制作の際には、若者に受けるデザインにしたり、気軽に購入できる雰囲気にしたり、といった意識を持つようになります。

サイトオープン後も、分析を続けていくことが求められます。実際に、サイトにアクセスしてくるユーザーの年齢層、アクセス元はどこか、どの商品が特に売れていて、逆に人気がないのはどれか、などを分析していきます。それに基づいて、サイトの弱点を改善したり、売れている商品をさらにアピールして売れ行きを伸ばしたりすることができます。アクセス情報やサイトの内容を分析し、改善していくことによって、成果がより安定し、伸びていくというわけです。

スタッフブログ|2021年09月24日

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP