メールでのお問い合わせはこちらご相談・お問い合わせ
スタッフブログ

ホームページ制作と考えるコストを抑えたシステム開発

システム開発費を抑える秘密
ホームページ制作の際に、併せて社内のシステムを最新のバージョンにバージョンアップしたい、あるいはシステム開発もついでにしてしまおうという、そのようなご相談をいただくことがあります。社内にシステムのことをわかる人材がいない、何から手をつけたらいいのかわからないなど、システム開発のお悩み、ご相談も全てラクーにお任せください。

一般的にシステムをゼロから構築するとなると、要件定義から始まり、基本設計、詳細設計を行ってからようやくプログラミングに入ります。そしてプログラミングが完成したら今度は単体テスト、総合テスト、運用テストと、多くの工程を行うため、莫大な期間と費用がかかります。ラクーでは、創業より10年以上、ホームページ制作だけでなく、ホームページ制作にも使用しているWordPressの仕組みを使ったシステム開発を行っております。WordPressを活用したシステム開発を行うことで、PHP等でゼロから開発するより工期やコストを抑え、使い勝手がよく、拡張性のあるシステム開発が可能となります。まずは詳細なヒアリングを行い、ヒアリング内容をもとに概算のお見積りをお出しした後、詳しい設計に入り仕様を決定していきますので、安心してご依頼いただけます。

また、本来システムを導入する目的は、営業効率の改善や新規顧客の獲得など、業務にプラスの影響を与えるべきものですが、どんなに優れた技術を使ったシステムも使いこなせなければ、逆に業務効率の低下など、システム導入前よりマイナスの状況になりかねません。それではせっかく費用をかけてシステム開発を行う意味はありません。

ラクーでは、ヒアリングによって適用業務をしっかりと理解したSEがインターネットを活用したシステム開発を行い、高クオリティで使い勝手の良いシステムのご提案をしております。また、ご納品後のトータルなサポートまで行っておりますので、ぜひ一度お問合せください。

スタッフブログ | 2019年06月20日

ホームページ制作のプロが教えるポータルサイト作成のメリット

粗利益100パーセントのストックビジネス
ホームページ制作の際に、ぜひ併せて検討するべきなのが、ポータルサイトの制作です。そのビジネス上のメリットと魅力についてご紹介させていただきます。ポータルサイトというと、Yahoo!やMSNなど大規模なサイトを想像してしまいますが、そういった全ての情報を満たしているサイトと勝負しようと思っても、その分野ではどう頑張っても大手のサイトには敵いません。ですが、実は地域のポータルサイトなど、大手が参入しづらいニッチなポータルサイトが安定した収益を生み続ける資産になるのです。そして、一度サイトを構築してしまうと、サイトに掲載してもらい続ける限り、毎月広告収入として安定した収益を生み続けてくれます。つまり、不動産の家賃収入と同じようなイメージで、不動産と違い、ウェブ上での資産ですので、維持のためのコストがほとんどかからないため粗利益100%の高収益のビジネスモデルを構築することができるのです。

そして、もう一つポータルサイトが生み出すメリットはサイトを利用するユーザーが増えることで、サイトの価値が上がることに加えて、サイトの運営会社としてのブランドを確立することができます。ブランドというと目に見えないものですが、そのブランド価値が会社のステージを引き上げてくれます。ブランド価値が高まることで、本業への相乗効果を生み、本業の事業でさらに大きな収益をもたらしてくれます。ホームページ制作をご検討される際は、併せて既存の事業と相乗効果を生むポータルサイトの構築を検討してみましょう。とはいえ、サイトの構築が初めての場合、どのようにサイトを構築すればいいのかわからない、自社に詳しい人材がいないなど、大きなハードルがあるのも事実です。

ラクーでは、豊富なホームページ制作の実績とともに、ポータルサイトの構築から営業や契約関係の書類一式のご用意、運用に関わるサポートまで、初期費用無料で一から構築できますので、お気軽にご相談ください。

スタッフブログ | 2019年06月19日

ホームページ制作におけるレスポンシブデザインとは

検索対策にも効果的なホームページにするためにスマホの普及率が8割を超えた現在、ホームページ制作の際に切り離せないのがスマホへの対応をしたデザインです。スマホが普及する前、ガラケーでは画面で表示できる容量が限られていたため、パソコンサイトと携帯サイトでは異なるURLが使われていました。しかし、現在はスマホの普及率が8割を超え、スマホの他にもタブレット端末も普及し、様々な端末からアクセスされる時代になってきています。2015年には、Google検索で、モバイル端末からの検索がパソコンからの検索を上回りました。そこで今主流になっているのが、レスポンシブデザインという、ユーザーの使用環境に関係なく最適なサイト表示をするためのホームページ制作の際の構築法です。これは、ユーザーの使用端末に関係なく、同じURLで自動的に使用端末に合わせた画面サイズで表示をしてくれるものです。

2016年11月にはGoogleのホームページでもモバイルファーストのインデックス登録を行うと正式に発表しています。つまり、スマホやタブレットに最適化していないサイトは必然的に検索時の表示順位、いわゆるSEOにおいて不利になるということです。こういった背景からも、これからの時代のWEB戦略は、ただホームページ制作をするだけで集客やブランディングができる時代は終わり、パソコン版だけでなくスマホやタブレットなどのモバイル端末にも最適化する必要があります。また、そのためにパソコン版、モバイル版と2つのサイトを作るという時代も過去のものとなり、レスポンシブデザインという方法で1つのサイトで全てに最適化したサイトを作成することができるのです。ホームページを作成する、あるいはリニューアルする際には必ず頭に入れておいていただきたいことです。

ラクーでは、これまでの1000を超える豊富な制作実績をもとに、一社一社お客様のご希望やホームページ制作の目的を事前にヒアリングし、レスポンシブデザインでのホームページ制作ができますので、お気軽にお問合せください。(2019年現在)

スタッフブログ | 2019年06月18日

ホームページ制作を機会に考えるウェブコンサルティングの活用法

最短距離で成果を出すために、ホームページ制作をする機会に一緒に考えるべきことが、ウェブマーケティングを始めとしたウェブ戦略についてです。というのも、ホームページは作っただけでは全く機能しません。広告やSNS、あるいはブログやメルマガなど、作ったホームページにユーザーを誘導し、ホームページに訪問者が訪れて初めてホームページが機能し始めるのです。ホームページ制作というと、それを単体で考えられる方が非常に多いのですが、ウェブ戦略のうちの一つのパーツに過ぎないので、ウェブマーケティングを含めたウェブ戦略全体を考えてホームページ制作を行うことが、せっかくのコストをかけて制作したホームページの成功を左右する非常に大事な要素になってきます。社内にウェブマーケティングに詳しい人材がいないという場合はコンサルティングサービスを取り入れるのも一つの方法です。コンサルティングを取り入れるメリットは様々ありますが、ウェブマーケティングを始めとしたウェブの世界は通常の世界と比べて非常に進化のスピードが早く、ウェブに詳しくない方が一つ一つ学んだことを理解してできるようになったころには、その手法がすでに時代遅れになっていたということが往々にして起こりえます。日々最新の情報、最新の事例に触れている専門家の知識、ノウハウをコンサルティングサービスを通して買うことで時間を短縮するという発想も必要になってきます。ウェブの世界では通常の世界以上にスピードが勝負の分かれ道になります。

ラクーでは、これまで創業から10年以上で1000を超える豊富な実績があり、ホームページ制作だけにとどまらず、その後の広告や運用などウェブマーケティング全般に関するコンサルティングサービスも行っております。これまで積み上げてきたノウハウをもとにお客様のホームページ制作の目的を成功に導くサポートもさせていただいていますので、ホームページ制作を始め、ウェブ戦略についてお悩みやご相談がありましたら、お気軽にお問合せください。

スタッフブログ | 2019年06月17日

ホームページ制作で成果を出す会社と出せない会社の違い

成果を出せるホームページにするために
ホームページ制作をしても、ホームページで集客など成果を出すことができているページと残念ながら成果を出すことができていないページに分かれてしまいます。何が両者の違いを生むのでしょうか。

まず一つは、ホームページ制作を始める段階で、そのホームページを作成する目的が、集客をしたいのか、問い合わせを増やしたいのか、あるいは人材採用の応募を増やしたいのか、その役割を明確に決める必要があります。そこがぼやけてしまうと、集客もしたい、問い合わせも増やしたい、そしてあわよくば採用の応募も増やしたいという状態になり、掲載する記事やコンテンツの内容に一貫性がなく、ホームページから発するメッセージがせっかく訪問してくれたユーザーに伝わりません。まずはホームページの役割を明確にすることで、その役割に沿った自社の魅力を洗い出してみましょう。その上で、自社の魅力を伝える記事やコンテンツを作成、掲載することで、サイト訪問者へ強いメッセージを伝えることができるようになります。

そしてもう一つが、ホームページ制作すること自体が目的になってしまっているケースです。ホームページは完成して終わりではありません。ホームページは完成したけれど、その後一切更新がされていないという状態では、鮮度の落ちた魚と同じで、せっかくページにアクセスしてくれたユーザーを逃してしまいます。ホームページはページの訪問者へメッセージを発するためのスタートです。日々最新の情報を更新し、鮮度の良い状態を保ち、活気のあるホームページだと思ってもらえるようにしていきましょう。

ラクーのホームページ制作は、お客様ご自身で簡単に最新の情報をブログのように更新できるWordPressという仕組みを使っておりますので、リアルタイムで最新情報を更新していただくことができます。成果を出すためのホームページ制作やリニューアルをご検討であれば、お客様のホームページに対する目的からしっかりとヒアリングし、目的の達成までしっかりとサポートさせていただきますので、お気軽にお問合せください。

スタッフブログ | 2019年06月14日

ホームページ制作時に忘れてはいけない集客の戦略

ホームページで効率的な集客をするために
せっかくホームページを作っても、作っただけでは、砂漠の中にお店を立てたようなもので、誰もホームページを見に来てはくれません。どのように作ったホームページを見に来てもらえるように露出させていくのか、ホームページ制作をする時点でしっかり戦略を立てておきましょう。

集客といえば一般的には、検索対策、広告、SNSなどを使って集客することになります。また広告と一言で言っても様々な種類の広告があります。そして種類だけでなく、その料金体系も様々です。料金で分けてみると、広告がユーザーに表示される度に課金されるもの、クリックされる度に課金されるもの、購入など成果が発生した時点で課金されるものなどがあります。そして、それぞれの中にまた様々な特徴を持った広告があります。検索の結果で表示されるリスティング広告や検索関係なくぺージの広告枠に自動的にランダムに表示されるバナー広告、そしてユーザーのWEB上での行動履歴を追跡して表示されるリターゲティング広告など、本当に様々な種類の広告があり、それぞれに特徴や料金や予算も異なってきます。

また、SNSもFacebookやInstagramやTwitter、YouTubeなどそれぞれにユーザー層や投稿の内容などを始め様々な特徴があり、用途も変わってきます。特にSNSではちょっとしたことから炎上騒動に発展することもあり、しっかりとした投稿の戦略をあらかじめ考えておく必要があります。しかし、広告やSNSについて、その全ての特徴やメリット、デメリットなどを把握してから始めていては大きなロスに繋がってしまいます。

ラクーでは、お客様のホームページ制作の目的をおうかがいし、ホームページを作成して終わりではなく、これまでの豊富な実績に基づき、ホームページ作成後の運用や集客のサポートまで末永くお付き合いをさせていただいております。ホームページ制作だけでなく、集客に関するお悩みやご相談はお気軽にお問合せください。

スタッフブログ | 2019年06月13日

ホームページ制作時に考えておくべき検索対策とは

ホームページ制作時に考えておくべき検索対策とは

検索対策の本質を理解する
ホームページ制作時には検索対策についても考えておく必要があります。一般的にはSEO対策とも呼ばれているものです。日本では検索エンジンといえば主にYahoo!とGoogleの2つですが、実はYahoo!の検索エンジンはGoogleの検索エンジンを使っているため、実質的に検索対策とはGoogle対策と言っても過言ではありません。そこで、検索対策をするためにはGoogleがどのようなサイトを上位表示させるのかを理解する必要があります。Googleの表示に関するアルゴリズムは年に数回大きなアップデートがされますが、実際には小さなアップデートは毎日行われ、アルゴリズムの公表を行ってはいないのですが、Googleの公式サイトでヒントになる情報は公開されています。まずは相手を知らないことには対策もできません。せっかくGoogleが公表してくれているのですから、そういった公表されている情報を積極的に活かし、ホームページ制作の際に取り入れていくようにしましょう。

まずはGoogleが公表している最も重要な点がユーザーファースト、つまりユーザーにとって有益な情報を記載しているサイトが上位に表示されます。そして、2016年に発表されたモバイルファーストです。ユーザーファーストを掲げるGoogleが、ユーザーがウェブにアクセスする際に最も使用されているモバイル端末で快適に表示される必要があります。

ただし、検索対策はどれだけしようとも絶対はありません。年に数回のアルゴリズムの大きな変更の際に検索の順位が大きく入れ替わってきています。ですので、大事なのは自社目線ではなく、常にユーザー目線になってユーザーにとって有益なサイト作り、コンテンツ作りをしていくことが求められています。また、Googleの検索エンジン開発の技術責任者がWordPressが検索対策に効果があると公言しています。

ラクーのホームページ制作では、Googleの責任者が検索対策に効果があると公言するWordPressという仕組みで作成していますので、ホームページ制作やリニューアルをご検討の際はお気軽にお問合せください(2019年現在)。

スタッフブログ | 2019年06月12日

ホームページ制作時に忘れがちな運用の戦略

効果的な運用方法
ホームページ制作をする際に覚えておいていただきたいのは、ホームページは作ったらそれで完成、終わりではないということです。ホームページの完成はあくまで会社がユーザーに対して情報発信をするためのスタート地点に立った、始まりに過ぎません。その後、どのように運用していくのかが非常に大事になります。常に内容を更新し、最新の状態にしていく必要があります。

というのも、ご自身で想像していただくとわかりやすいのですが、ネット上でたまたま見つけた商品が気になり、その商品のホームページにアクセスしたところ、最終の更新日が1年前、2年前だったとしたら、その商品はまだ売っているのか、会社はまだあるのか、ちゃんと運営されている会社なのか、多くの方は疑問を抱きます。そのようないらぬ心配をユーザーにさせないためにも、定期的な更新をすることをイメージしてホームページ制作をしていただきたいと思います。そして、運用していくにあたって、どのような情報、どのようなコンテンツを発信していくのか、事前に考えておく必要があります。よく見かける新着情報という欄にお客様向けのお知らせ記事を随時更新していったり、社長や社員、スタッフなどのブログなどを定期的に更新したりなど、様々な内容が考えられます。また、商品の使い方や作り方などをわかりやすく動画を撮影し、動画をホームページにアップしていくこともあるでしょう。

大事なのはホームページを作ることではなく、その後定期的にしっかりと最新情報を更新していくということを忘れないでいただきたいと思います。では、大事な更新作業をするためには、ホームページ制作会社に連絡をして更新してもらっていたら、リアルタイムで更新できずに時間のロスになってしまいますので、自社で随時更新していくようにしましょう。

ラクーでは、WordPressという仕組みを使ってホームページ制作し、お客様には管理画面をお渡しし、ブログ感覚で簡単に写真や文章を更新できるようになっておりますので、お客様ご自身で簡単に運用ができるようになっておりますので、お気軽にご相談ください。

スタッフブログ | 2019年06月11日

ホームページ制作後の業者によるサポートの種類

ホームページのコンテンツやレイアウトの変更・追加

ホームページ制作後の代表的なサポートの1つ、それはコンテンツやレイアウトの変更・追加です。WordPressなどを使用して作られたホームページであれば、自社でコンテンツやレイアウトの追加や変更、また修正などを行うことができます。しかし、ホームページの種類の中には特別な知識がなければレイアウトの変更などを行うことができないものもあるのです。そのような場合には、業者からのサポートに頼る必要があります。ちなみに自社でコンテンツの追加などが行える場合でも、より質の高いコンテンツ制作のためにあえて業者のコンテンツ作成サポートを依頼するケースもあります。

ホームページ制作後のSEO対策

ホームページ制作をした後、SEO対策を施していくのも1つのサポートです。例えば、日々のアクセス解析を行い、その結果をベースにしてキーワードを決定、そのキーワードに対してSEO対策などを行うといったことを行います。ちなみに業者によってはコンテンツの追加などをこのSEO対策のサポートに含めているケースもあります。

ホームページのリスティング広告代行

ホームページに多くの人を集めるための広告の1つにリスティングと呼ばれる広告があります。この広告は設定したキーワードに応じて、検索結果の上位にページを表示させることができる広告でクリックごとに課金される特徴があります。そのリスティング広告は、設定するキーワードの選択や変更などが非常に重要なポイントですが、専門的な知識や経験、また労力を必要とします。そんなリスティング広告に関することを代行してもらうのが、このリスティング広告代行というサポートです。

この他にもA/Bテストやキービジュアルの更新、日々の監視メンテナンス、ライバル会社の傾向や自社との違いの調査、SNS活用などに関するサポートなどもあります。もし現在自社だけでは解決出来ない問題などがあり、専門的なサポートが必要なのであれば、ぜひ一度株式会社ラクーへお問い合せください。

スタッフブログ | 2019年06月10日

ホームページ制作でWordPressを使うメリットとデメリットを解説

WordPressを使ってホームページ制作をするメリット

WordPressを使い、ホームページを作る代表的なメリットは3つあります。1つ目のメリットは自社でコンテンツなどの管理や更新が簡単に行えることです。WordPressは、一般的なブログのように専門的な知識が無くても、文字の入力や画像の貼り付けを行うことができます。そのためコンテンツの修正や追加などを行う時にホームページ制作業者にわざわざ依頼する必要がないのです。2つ目のメリットはSEO対策にも強いことです。SEO対策はコンテンツの質なども関係してきますが、単純にサイトとしての構造だけでみれば、WordPressは非常にSEO対策に向いているのです。実際にGoogleのマット・カッツ氏もWordPressの使用を推奨しているほどです。そして残る3つ目のメリットはホームページの管理や引き継ぎが容易であることです。WordPressはコンテンツの管理も簡単ですが、ホームページそのもの管理者の設定や変更なども容易に行うことができます。また作業内容ごとに担当者を分担することなども出来るのです。

WordPressを使ってホームページ制作をするデメリット

WordPressでホームページを制作するのにはデメリットもあります。例えば、ページの読み込み速度が低下する傾向にあることです。WordPressには、HTMLとは違って動的にページを作成しています。この動的なページの作成方法を採用することで作業は簡単になりますが、データを読み込んで表示させるまでに時間がかかってしまうのです。またその他にも定期的にWordPressの更新やバックアップなどを行う必要があったり、読み込み速度をカバーするサーバーは有料であることなどのデメリットがあります。

現在、ホームページ制作でWordPressを使うべきかどうかお悩みの場合や、WordPressを使うとしたらどのようなホームページを作るべきかお悩みの場合にはぜひ一度お問い合せください。

スタッフブログ | 2019年06月07日

ホームページ運用相談作成依頼はこちらから

0120-982-419

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP