無料出張相談無料出張相談
資料請求資料請求
メールでのお問い合わせはこちらご相談・お問い合わせ
間接照明  –  jiwari  –

Webシステム開発はホームページ制作会社におまかせ

Webシステムとは
ホームページには、さまざまなWebシステムが組み込まれています。普段使っている中では中々気づきにくく、Webシステムを使っているという認識を持っていない方が多いのも事実です。

例えば会員登録制のサイトや、一部の人しかアクセスできないようなサイトには、ユーザーIDやパスワードでログインする仕組みがありますが、これにはログイン認証システムが活用されています。

ショッピングサイトでは、商品を選択してカートに入れ、各種情報と支払情報を入れて注文を行いますが、これはショッピングシステムが活用されています。

また、企業内のホームページ上で会議室や社有車の予約が出来るページがある会社もありますが、これには予約システムが活用されています。

このように、私たちの普段の生活の中や仕事現場では様々なWebシステムが稼働しており、ビジネスを行う上では必要不可欠となっています。

Webシステム開発の依頼と流れ
Webシステム開発は、Webシステム開発会社はもちろんですが、ホームページ制作会社が取り扱っていることも多くなっています。Webシステムはホームページと一体となって稼働しているため、ホームページ制作とWebシステム開発をセットでワンストップサービスとして提供しているケースが多いです。

依頼する側としても、ホームページ制作とWebシステム開発の両方が出来る会社に依頼した方が簡単ですので、これから会社を選ぶ場合にはどちらにも対応している会社を選定しましょう。

Webシステム開発の依頼の流れとしては、ホームページ制作とほとんど変わりません。はじめにどのようなシステムを開発して欲しいかという要望と納期を伝えると、費用を含めた見積もりをしてもらえます。その見積もりが問題無ければ実際に契約し開発に進みます。

開発を進めながら細かな仕様のすり合わせを行い最終形に持っていき、完成すればシステムのリリースとホームページへの実装という流れとなります。

スタッフブログ|2020年02月28日

ホームページ制作はビジネスチャンスがあるポータルサイトがおすすめ

ポータルサイトのメリット
ポータルサイトとは、インターネットにアクセスする際の最初のサイトを指します。具体的にはGoogleのように検索に特化したような検索特化型サイトもあれば、Yahoo!やBIGLOBEなどのようにニュースや天気、エンタメなど様々な情報が集約されている情報集約型サイトもあります。それぞれメリットはありますが、実際に運営する側に立って考えると、情報集約型サイトの運営が魅力的です。

「ポータル」とは玄関という意味がある通り、サイト自体は入り口です。様々なページへのリンクがあるため、ポータルサイトを使うユーザーからすれば使いやすいですし、ホームページを運営している人からすればポータルサイトにリンクを貼ることが出来ればアクセスアップが見込めますので、いわばユーザーと運営者をつなげる窓口なのです。またポータルサイトはテナント形式のため、サイトを運営すればテナント料の確保が見込めます。

このように、ポータルサイトは使うユーザー、ホームページ運営者、ポータルサイト運営者それぞれにメリットがあり、相互にwin-winの関係になりえるという点が大きなメリットと言えます。

ホームページ制作会社が制作する
ポータルサイトだからと言ってホームページ制作や運営が特別かというとそんなことはありません。通常のホームページ制作と同じように、ホームページ設計、制作、公開、運用という手順で制作していきます。この手順にサイトにテナントとしてリンクを貼ってもらうホームページ運営者を見つけることが加わるようなイメージとなります。

実際にテナントを見つけるにあたり、サイトのイメージに合うホームページ運営者を見つける必要がありますが、ホームページ制作会社が一緒にサービスとして提供しているところも多くなっています。

また実際の運営についても、ホームページ制作会社がオプションとして提供しているところが多いため、大きな手間もなく運営することも可能です。

スタッフブログ|2020年02月25日

ホームページ制作、デザインの重要性と制作依頼の流れ

ホームページデザインの重要性
ホームページにおいて、デザインは非常に重要な役割を持っています。人は何かを目にした際に、5秒程度で好き嫌いが決まってしまいます。従って、初めてホームページに訪問した際、最初の5秒でその後ホームページを見てもらえるかが決まってきます。

ホームページを初めて目にした際に、瞬時に良い印象を与えられるかどうかは、ホームページのデザインで決まると言っても過言ではありません。タイトルやイメージカラーはもちろん、フォントや図形、写真など多くのファクターがあり、それらを見た多くの訪問者に好印象を与えることが出来れば、必然的にアクセス数は多くなりますし、再訪問率も高くなっていきます。ホームページ制作においてデザインは最重要ポイントであり、ホームページ制作における制作者の腕の見せ所なのです。

ホームページ制作依頼の流れとデザインを決めるタイミング
ホームページ制作を依頼する場合、一般的には以下のような流れとなります。
①制作会社へコンタクトをとる
②制作会社との打ち合わせによりホームページのイメージを伝える
③打ち合わせを受けて見積もりを作ってもらう
④契約後、具体的なイメージを具現化していく
⑤ホームページの制作に取り掛かる
⑥制作したホームページとイメージのすり合わせを行い完成させていく
⑦ホームページを公開、運営する

ホームページ制作の中で、デザインは契約後すぐ具体的に決めていきます。ここで決めるデザインがホームページのコンセプトとなり、ホームページの骨子となります。

ただし、ホームページのデザインは一度決めて、以降ずっと同じままかというとそうでもありません。あまり頻繁に変えるのは良くありませんが、定期的に変えるのも一手です。実際に公開してから変更する場合もあります。公開して長い時間が経っているホームページの印象を変えたり、流行を取り入れ親しみを持ってもらうなどの狙いがあり、ホームページを見る側にも新鮮な印象を持ってもらうといった効果が期待できます。

スタッフブログ|2020年02月21日

ホームページ制作・運営はコンサルティングを活用しよう

WEBコンサルティングの重要性
ホームページ制作を行う場合、ただ単純に制作を行うだけではありません。ホームページ制作の目的やゴールをしっかりとイメージし、さまざまなプロセスを踏みながら制作していきます。商品を販売したい、求人募集をしたい、会社に親しみを持ってもらいたいなど目的はホームページによって色々あり、それぞれの目的にあったホームページ制作を進めていく必要があります。

そこで重要なのが、ホームページのコンサルティングです。目的に合ったホームページの設計、制作、公開、運営までトータルで最適な方法を提案し、最大の利益を得られるようにしていくことを目的としています。

ホームページは制作、公開して終わりではなく、むしろ公開後の方が重要です。公開後に絶えず多くの人にホームページを見てもらい続けるために、どのような手法を取り入れればよいかは非常に大切です。

WEBコンサルティングの流れ
ホームページ制作にあたって、まずどのような人に何を伝えたいのかをきちんとイメージし、それを実現するためにどうすべきかを考えていきます。まずはホームページ構成やデザイン、イメージカラー、コンテンツなどをどのようにするかを具体的にイメージしていく「ホームページ設計」を行います。

次にホームページ設計のイメージを具現化する「ホームページ制作」を進めます。ここではホームページの形だけでなく、SEO対策や各種システムの導入なども含めて対応していき、公開前にはさまざまなテストをしながら最終的な形に作り上げていきます。

そして形が出来れば実際に「公開」し、「運営」していきます。公開後も集客状況や世の中のトレンドなどを鑑みながら、コンテンツを充実させていきます。

WEBコンサルティングにより、ホームページの目的をはっきりさせ、目的を達成するためにどうすべきかをきちんと考えて制作していくことで、最も効率的で効果的なホームページを目指していきます。

スタッフブログ|2020年02月18日

成果を挙げるために必要なホームページ制作

ホームページの成果とは?
ホームページにおける成果とは、たくさんの人に見てもらい、利益を享受することです。利益はホームページの種類によってさまざまあり、例えば商品販売のECサイトである場合はホームページを通して販売した売り上げにあたりますし、求人ホームページであればホームページを通じて優秀な人材を採用できるなどになります。ホームページは何らかの目的をもって制作されており、その目的を達成できて初めて利益を享受できた、成果を挙げられたということになります。成果を挙げられるかどうかはホームページ制作者の腕の見せ所です。

成果を挙げられるホームページとは?
成果を挙げられるホームページにするには、ホームページ制作段階からさまざまな手を講じていく必要があります。最初に必要なのが良い第一印象を植え付けることです。一般的にはホームページを開いてから約5秒でそのホームページの印象が決まるとされています。ここで清潔感があったり、惹きつけるメッセージ性があるなど良い印象を与えられれば、5秒経過後も引き続き見てもらえる可能性が高くなります。反対に、ごちゃごちゃしているとか、怪しいなどといったマイナスな印象を与えてしまうと、その方はホームページから立ち去ってしまい、更にはそれ以降そのホームページに来てくれる可能性も低くなってしまいます。

このように、ホームページにおいて第一印象は非常に重要な意味を持っており、その第一印象を与えるページはホームページの顔ともいえるトップページになります。そのため、トップページの構成やイメージはホームページ制作段階においても最も重要な部分となります。

また、同じく重要なのがホームページの操作性、応答性です。ホームページにスクリプトなどが多く入っていたり、広告が多く配置されているなどでホームページを開くときに時間がかかってしまうと、ホームページを見る人はストレスを感じてしまいます。その結果として閲覧時間が延びなかったり、再訪問率が低くなってしまうといったマイナス要因となってしまうのです。

スタッフブログ|2020年02月14日

無料採用ツール「engage(エンゲージ)」はどうなの?

2月に入りいかがお過ごしでしょうか?
新型コロナウィルスの影響がじわりじわり日本経済に影響を及ぼしそうです。
とあるホテル様は、コロナウィルスの影響で、500件程予約がキャンセルに
なったそうです。。。

ようやく中国でも10日から、感染が深刻な湖北省などを除く多くの地域で、
新型コロナウィルスの影響で止まっていた企業活動が再開されるそうです。
早くもとの状態に戻ってくれることを期待します。

また、最近ホームページのお問合せフォームから大量に英語だけのメールが
届いて困っているというお問合せが増えております。
ホームページからそのようなスパムメールが少なくなる対策も可能です。
お困りの方は、一度弊社までお問合せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ● 無料採用ツール「engage(エンゲージ)」はどうなの?
─────────────────────────────────

最近、テレビCMなどでもよく見かける「engage(エンゲージ)」ですが
名前ぐらいは聞いたことがあるという方が多くいらっしゃると思います。

ですが、まだまだ周りで活用されている会社は少ないように思います。
簡単にこの無料採用ツール「engage(エンゲージ)」をご紹介します。

★engage(エンゲージ)の概要

https://en-gage.net/

エン・ジャパンが提供する国内NO.1採用支援ツールです。
2016年8月にリリースして以来、導入企業数は21万社を突破しています。

0円から使えるオプションサービスも充実しています。
無料で『Indeed』や『Google しごと検索』と自動連携しており、LINEキャリアへの
連携もできます。

★基本的には無料で利用でき、3分でオープン可能!

写真、gif動画なども使え、指定したテンプレートに画像類を配置して、
テキストを入力するだけで、手の込んだHPができてしまいます。

下記がその機能一覧です。

・下記のような採用ページが作成できます。一通りの情報は掲載できます。
【1】メッセージ【2】会社のこと    【3】事業内容
【4】働く環境 【5】一緒に働くメンバー【6】福利厚生

・エン転職へのスカウト送信が無料
・応募者の選考・対応管理もできる
・『Indeed』や『Google しごと検索』に対応!

※有料サービスもありますが、こちらは必ず使わないとダメというわけでありません。
 基本的には無料サービスだけで十分だと思います。

★効果があるの?

弊社も以前に採用時にengage(エンゲージ)を利用しておりましたが、
ちょくちょくお問合せがありました。弊社のお客様でも、業種によっては
反響があるようです。

engage(エンゲージ)に登録して必ず反響があるとは限りませんが、無料のため
やらないよりやった方が、自社の求人が見られる可能性が増えます。
ただし、他社との差別化をするために、掲載内容は吟味することをおススメします。

また、あくまで自社の採用HPのため、公開するだけではなかなか人目にはつきません。
SNS等で拡散したり、求人広告、求人票に、URLを表示させるなど、人目につくための
施策は必要になります。

どちらにして無料で簡単に採用ページが作成できますので、この機会に
engage(エンゲージ)に登録してみてはいかがでしょうか?

ご不明点、ご相談がありましたら、
お気軽にご連絡を頂ければと思います。

社長ブログ|2020年02月12日

ホームページ制作の重要性

ホームページとは
そもそもホームページとは、インターネット上にあるページのことを指します。本来はインターネットブラウザを開いた際に最初に開くページをホームページと呼んでいましたが、時代の流れとともにホームページは非常に広い意味で使われるようになりました。ウェブサイトとも呼びますが、現在ではどちらで呼んでも同じことを指すことが多くなっています。

そして今やホームページは大企業だけでなく、中小企業や個人でも手軽に持つことが出来るようになり、またユーザー側としてもパソコンだけでなくスマートフォンなどの普及によって、誰でも手軽にホームページを見たり編集したりすることが出来るようになりました。その結果として、ホームページを起点として流行を作り出すようなこともしばしばあります。

ホームページ制作の重要性
誰でも簡単にホームページを見られる時代だからこそ、素人や少し知識を持った人が中途半端にホームページ制作を行っても、ホームページ訪問者の目にはとまりません。多くの人が多くのホームページを見慣れているため、目の肥えた現代人に思いを伝えられるホームページ制作が必要不可欠です。

そのようなホームページを制作するにはホームページ制作会社に依頼するのが確実です。ホームページ制作会社では、単にホームページを制作するだけではなく、どのような目的のホームページにするか、訪問者に何を伝えたいのかをきちんと酌み、その内容に沿ったコンセプトの作成、イメージカラーの決定などのホームページの設計を行った上で制作します。加えてアクセス解析や各種ツールの開発・組み込みなども行います。

また制作後においても、情報の更新や新たな技術の取り込みなどの運用面のサポートも充実しており、成果を挙げるためのホームページのトータルコンサルティングを行っています。

見積もり等は簡単にできますので、これからホームページの制作を考えておられる方は、まずは気軽にホームページ制作会社に問い合わせしてみることをお勧めします

スタッフブログ|2020年02月10日

ホームページ制作で重要な検索対策はアクセス数を左右する

検索対策がホームページのアクセス数を決める
ホームページ制作において重要なファクターとなるのが検索対策です。検索対策とはSEO(Search Engine Optimization)対策とも呼ばれ、GoogleやYahoo!などの検索サイトの検索結果の中で上位に表示されるための対策をいろいろ講じることを指します。せっかくホームページを作っても、アクセスしてくれる人がいなければホームページの意味がありません。ホームページは多くの人に見てもらうことで真価を発揮するツールですので、検索サイトに上位表示されるかどうかがホームページへのアクセス数を左右し、アクセス数が会社の業績を左右するという重要なファクターにもなりえます。

ホームページ制作の段階から考えておくことが重要
検索対策は、ホームページ制作の段階から構想を考え、織り込んでおくことも重要です。検索対策についてはいくつかの方法がありますが、検索サイトで上位表示されるためには、そのホームページが検索サイトから良い評価を貰う必要があります。

・コンテンツの充実とサイトマップの実装
言うまでも無く、ホームページ内のコンテンツを充実させることが非常に重要です。ホームページの枠組みだけ作成して検索サイトに登録しても、中身が無いホームページということで低評価になってしまいます。多くの有益な情報を充実させることがアクセス数アップの大前提です。そのうえで、サイトマップと呼ばれるホームページ上の案内板のようなものを実装します。そうすることでホームページの評価を行う検索サイトロボットがホームページ内を巡回しやすくなり、良い評価につながったり、検索に引っ掛かりやすくなります。

・オリジナル性の保持
他のホームページをまねて同じような文言のページを設置しても、他のホームページのコピーと判断されてしまい評価が低くなってしまいます。重要なのはいかに有益で、かつオリジナル性が高いかとなります。

・Web標準に準拠したソースへの調整
ホームページのソース情報はW3Cと呼ばれるWeb標準に準拠させることで検索に引っ掛かりやすくなります。

スタッフブログ|2020年02月07日

ホームページ制作だけじゃない!運用の重要性と運用例

ホームページの運用の重要性
ホームページは作成して終わりでは無く、その後の運用も非常に重要です。運用とはその名の通りホームページを維持管理していくことを指します。ホームページ制作も重要ですが、継続的なビジネスの活用には運用が欠かせません。ホームページのタイプに応じてその内容もかなり変わるため、一つ一つのホームページに合わせて運用として行う項目も変わってきます。

運用の具体的な例
実際に行う具体例としては以下のような項目が挙げられます。これらはホームページ制作後に行っていくものですが、ホームページ制作時から運用しやすいように制作しておくことも大切です。

・ホームページのコンテンツ更新
ホームページは鮮度が重要です。常に最新の情報やアナウンスを更新し、いつ見られてもきちんと伝えたい情報を伝えられるようにしておかなければなりません。ホームページを見た時にしばらく更新されていないと認識されてしまうと、その後の再訪問率はかなり低くなってしまいます。

・継続的なSEO対策
多くの人にホームページを見てもらう為には、検索サイトなどで上位表示されることが大変効果的です。そのためにはホームページのSEO対策を継続的に行っていく事が重要です。

・定期的な広告の見直し
広告を表示している場合、広告のリンク切れ等が発生することがありますので、それらの対応をする必要があります。

・販売商品ページの追加
ECサイトなどの商品販売系ホームページの場合は、新たに取り扱いを始めた商品などを随時追加していく必要があります。

・ブログの更新/メールマガジン発信
ホームページを通して会社に親しみを持ってもらったり、様々な旬の情報を発信するにはブログの活用が効果的です。ブログは見る方へ情報が伝わりやすいというメリットがあります。また、同様にメールマガジンも効果的です。わざわざホームページにアクセスせずともメールから情報を確認してもらえ、そのメールを足掛かりとしてホームページにアクセスしてもらえるというメリットがあります。

スタッフブログ|2020年02月04日

Webシステム開発はホームページ制作会社におまかせ

Webシステムとは
ホームページには、さまざまなWebシステムが組み込まれています。普段使っている中では中々気づきにくく、Webシステムを使っているという認識を持っていない方が多いのも事実です。

例えば会員登録制のサイトや、一部の人しかアクセスできないようなサイトには、ユーザーIDやパスワードでログインする仕組みがありますが、これにはログイン認証システムが活用されています。

ショッピングサイトでは、商品を選択してカートに入れ、各種情報と支払情報を入れて注文を行いますが、これはショッピングシステムが活用されています。

また、企業内のホームページ上で会議室や社有車の予約が出来るページがある会社もありますが、これには予約システムが活用されています。

このように、私たちの普段の生活の中や仕事現場では様々なWebシステムが稼働しており、ビジネスを行う上では必要不可欠となっています。

Webシステム開発の依頼と流れ
Webシステム開発は、Webシステム開発会社はもちろんですが、ホームページ制作会社が取り扱っていることも多くなっています。Webシステムはホームページと一体となって稼働しているため、ホームページ制作とWebシステム開発をセットでワンストップサービスとして提供しているケースが多いです。

依頼する側としても、ホームページ制作とWebシステム開発の両方が出来る会社に依頼した方が簡単ですので、これから会社を選ぶ場合にはどちらにも対応している会社を選定しましょう。

Webシステム開発の依頼の流れとしては、ホームページ制作とほとんど変わりません。はじめにどのようなシステムを開発して欲しいかという要望と納期を伝えると、費用を含めた見積もりをしてもらえます。その見積もりが問題無ければ実際に契約し開発に進みます。

開発を進めながら細かな仕様のすり合わせを行い最終形に持っていき、完成すればシステムのリリースとホームページへの実装という流れとなります。

スタッフブログ|2020年01月31日

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP