無料Zoom相談無料Zoom相談
資料請求資料請求
メールでのお問い合わせはこちらご相談・お問い合わせ
ホームページ制作とシステム開発の特徴とは?

ホームページ制作とシステム開発の違いと外注について

ホームページ制作は初心者にも可能だがシステム開発は簡単ではない
ホームページ制作は初心者でも可能ですが、システム開発となるとそうはいきません。ただ、初心者の方のなかには、そもそもホームページ制作もシステム開発もどこが違うのかわからないというケースもあるはずです。ですので、まず基本をチェックしておきましょう。

ホームページ制作とは、文字通りホームページを作ることです。今ではWordPressなど便利なソフトウェアが無料で利用できるため、詳しい知識や経験がない人でもそれなりのレベルのホームページを作れます。もちろんスキルが高いほど実現できることも高度になりますが、簡単なものならゼロから始めてその日のうちに形にすることが可能です。

システム開発の場合、ホームページ制作ほど簡単ではありません。プログラムによって動作するシステムを開発することですので、プログラミングなど専門的な知識を必要とします。

もっと大まかに言うと、仕組みづくりのことと思ってもらってもかまいません。単にプログラミングするだけでなく、企業が抱える問題を解決するための仕組みを、コンピューターのシステムやホームページなどを活用して作り上げることです。

システム開発が必要なら専門業者への外注がおすすめ
社内でシステム開発が必要との結論に達したのなら、自社でなんとかしようとするより、専門業者に外注するのがおすすめです。作ることだけなら可能かもしれませんが、作った後、トラブルが発生した時に専門的な知識がないと対応できないことがあります。その点、システム開発に強い専門業者なら、開発から運用までしっかり対応してくれますので、いざという時にも力になってくれます。

ホームページ制作の外注もそうですが、システム開発の場合、もっと長期的な視点に立って業者を選ぶことが大切です。時には10年以上の長い付き合いになることもありますので、それだけの期間しっかり運用してもらえるだけの業者なのかどうか見極めるようにしましょう。

スタッフブログ|2022年04月28日

ホームページ制作で知っておきたいポータルサイトとは?

ホームページ制作で知っておきたいポータルサイトのこと
たとえばYahoo!のトップページのような、さまざまな情報が掲載されており、ユーザーがここを入り口に多くのホームページにアクセスできるサイトのことを「ポータルサイト」と呼びます。

Yahoo!以外の検索エンジンのトップページもポータルサイトのところが多いですし、企業ホームページのなかにも少なくありません。このようなサイトを一般的に総合型ポータルサイトと呼びます。検索エンジン、ニュース、天気予報、エリア情報など多種多様な情報が総合的に詰め込まれているからです。

一方、Googleのように検索機能を中心にしたポータルサイトもあります。ユーザーのカスタマイズで表示できる情報を調整できますが、あくまでメイン機能は検索エンジンという特化型のサイトと言えるでしょう。そのほか、天気予報やグルメ、観光スポットなどローカル情報に特化した地域型のサイトもあります。

自社ホームページ制作においてポータルサイトの考え方
上記のようにポータルサイトは便利な存在ですが、企業のホームページがすべてそうあらねばならないわけではありません。これに限らず、企業ホームページは目的に合わせて最適なページを作る必要があるのです。商品販売だけを目的にするなら、それに特化したホームページで何の問題もありません。

もちろん熟考のうえでポータルサイトが良いと判断したのなら、その方向でホームページ制作を考えていけばよいでしょう。ただし、一般的なホームページに比べて制作の難度が高まることは注意しておかなければなりません。社内にそれが可能な人材がいるのならよいですが、そうでない場合は外注を検討した方が賢明です。

また、ホームページ制作だけでなく、制作後の運用についても考慮しておく必要があります。作りが複雑になるだけに、細かいメンテナンスが必要になると予想されますので、制作会社に依頼する場合は運用のことも踏まえて依頼先を決めるようにしましょう。

スタッフブログ|2022年04月27日

理想のデザインを実現するためのホームページ制作会社選び

最適なデザインを求めるならホームページ制作会社に依頼
ホームページ制作で重要なのがそのデザインです。

ホームページのデザインには流行がありますが、それ以上にターゲットに合わせたデザインを採用することを意識してください。たとえば、年配の男性をターゲットにしたホームページと、ファッションやコスメなどをテーマにした若い女性向けのホームページでは、自ずとデザインが違うことが理解いただけるはずです。

ただ、デザインを変えた方がよいとは理解できても、実際にそれを実現するのは簡単なことではありません。社内にホームページ制作経験を持つ人がいるならよいですが、そうでないのに無理して自社制作を試みても、時間と労力ばかり無駄にかかったという結果になることも考えられるでしょう。

そのような無駄を省き、なるべく効率的に理想のデザインのホームページを求めるのであれば、最初からホームページ制作会社に依頼することをおすすめします。

ホームページ制作会社に依頼する時の流れ
ホームページ制作会社に依頼することを決めても、依頼の前に社内で決めておくべきことがあります。ホームページの目的、そのターゲット、納期、それに予算です。依頼時にはこれらを制作会社に伝える必要がありますので、あらかじめ考えておいてください。

制作会社は数ありますが、選ぶポイントはその会社の実績です。サイト掲載の実績を見て、自社のホームページのイメージに合っていそうな会社を選びましょう。

実際に制作会社に依頼したら、見積もりや提案へと進みます。この時にしっかり自分の希望を伝えておくことが大切です。上記の4点は最低でも固めておき、可能ならより具体的なイメージを伝えるようにしましょう。具体的になるほど仕上がりの精度も高くなります。

もう一点、確認しておきたいのが、デザインの修正や変更などの対応可否です。修正や変更に応じてくれないということはなくても、その都度追加料金を請求する会社もあります。事前に対応可否と料金の有無をチェックしておきましょう。

スタッフブログ|2022年04月26日

ホームページ制作後に役立つコンサルティングサービス

ホームページ制作後はコンサルティングがおすすめ
企業の場合、ホームページ制作の目的は、自社の認知度アップや売上アップなどが多いのではないでしょうか。また、ショップがホームページを運用する場合、そのページで直接ユーザーに購入などのアクションを起こしてもらいたいと考えるものです。そういった目標が達成できていないということは、現在のホームページになにがしかの問題があると考えられます。

自社でのホームページ制作の場合、何をどうすれば今よりも成果が出るようになるかわからないこともあるでしょう。社内に知識や経験が豊富な人がいればよいですが、皆手探り状態でスタートする会社もあるはずです。そういう例に当てはまるなら、ホームページの制作や運用についてコンサルティングサービスを受けてみてはいかがでしょうか。

インターネットやホームページに詳しくない方の場合、コンサルティングで何をしてくれるのかイメージが湧かないこともあるはずです。「本当に意味があるの?」と懐疑的な方もいるのではないでしょうか。ところが、実際、専門のコンサルタントに依頼することで、一般の人が作ったホームページは見違えるように変化します。

一見、デザイン、コンテンツ、キーワードなど、どれも問題ないように見えても、ホームページの目的によって選ぶ基準が変わるのは当然です。一般の人だとなかなかその基準がわからないものですが、知識と経験が豊富なコンサルタントならそれがわかります。それゆえ、ホームページの中身を劇的に変えたわけではないのに、コンサルティングを受けるだけで目に見えた成果が上がったということもあるのです。

長く付き合えるコンサルティング業者を見つけよう
ホームページの運用でお悩みなら、ぜひコンサルティングを受けてみてください。ただし、ホームページのコンサル業者は多数あり、サービスや料金などはさまざまです。また、長期間の利用が基本となりますので、業者を選ぶ際は、最低数か月は付き合えそうな業者かどうかをよく考えるようにしましょう。

スタッフブログ|2022年04月25日

具体的な成果をイメージしたホームページ制作

最初から成果を考えたホームページ制作が大切
見栄えの良いホームページ、良質なコンテンツが充実したホームページなど、優れたホームページは多数ありますが、そのすべてが制作者の期待するほどの成果を上げているとは限りません。ホームページ制作が自己満足ならそれでもかまいませんが、企業や店舗が売上アップのためにホームページを運営するのであれば、ホームページの見た目や中身以上に確かな成果を生み出せるようにすることこそが急務です。

といっても、すでに作ってしまったホームページに手を加えて、成果を出せるようにするのは簡単なことではありません。むしろ、最初の段階から成果を出すことにターゲットを絞った考え方をしなければならないでしょう。

では、どんな考え方なのかと気になりますが、まず成果の出ないホームページというものを考えてみましょう。そうすることで、自ずとどうすればよいかが見えてきます。

成果として具体的なイメージを思い描いていること
見た目も内容も良いのに期待通りにいかないホームページの場合、何を目的としたホームページなのかという最初のイメージが、十分でないことが考えられます。具体的にこのホームページで何を達成したいのかを思い描くことが大切です。

また、あれもこれもと欲張っても、期待したほどの成果は上げられません。売上アップなのか、自社の認知度アップなのか、どれか一つにターゲットを絞った方がよいでしょう。それによって軸が定まると、その後の展開もしやすくなります。

ユーザー目線でのホームページ制作
また、ホームページは誰のためのものかを常にしっかり認識しておくことも大切です。誰に見てもらいたいのか、具体的なターゲットのイメージを固めましょう。それが固まったら、その想定したユーザーの目線でホームページの制作を考えてみればよいのです。

もし自社のみでそれが難しいというのなら、実績のあるホームページ制作会社への外注を検討してみてはいかがでしょうか。デザインやレイアウトはもちろん、SEO対策やターゲッティングまで考えたホームページ作りが可能です。

スタッフブログ|2022年04月22日

ホームページ制作で考えておきたい流行の変化

ホームページ制作時には流行も要チェック
ネットが普及して20年以上経過し、ネット上には無数のホームページが氾濫するようになりました。その結果、なかには長年放置されたままのホームページも生まれています。何かの拍子にアクセスして、古臭く感じるようなページはそういう放置されたページでしょう。

たかが10年や20年でそこまで古さを感じるのは、ホームページのデザイン等には流行が非常に大きく影響しているからです。古い印象を与えるホームページは、ユーザーにネガティブな印象を与えます。したがって、これからホームページ制作を考えるのであれば、最新の流行をしっかり押さえておくことが大切です。

なお、ホームページがすぐに古く見えるようになってしまうのは、それだけホームページの流行の変化が激しいからです。ですので、現時点での最新流行を取り入れてホームページを作ったとしても、3年後や5年後には古くなっている可能性も考慮に入れておく必要があります。

とはいえ、数年先の流行まで見越してホームページをデザインすることは難しいですから、実際的な対策としては、内容だけでなくデザインやレイアウトなども頻繁に更新して、常に新しく見えるように調整していくことが挙げられるでしょう。

ホームページ制作での流行の変化
以前のホームページは、少ないペースに可能な限り情報を掲載するというスタイルが多かったです。今ではそういうホームページはあまり見かけなくなり、代わりにヘッダーを固定し、縦に内容をスクロールして閲覧するスタイルが増えています。

ただ、最近の流行というより、今後のホームページ制作では不可欠になったと言える変化に、動画やアニメーションなど動的要素の活用が挙げられます。動画を活用したホームページはユーザビリティにもメリットがありますが、どのように作ればよいかわからない方も多いことでしょう。そういう場合は、最初からホームページ制作会社に依頼することをおすすめします。動的要素も活用しつつ、流行を押さえたホームページが実現可能です。

スタッフブログ|2022年04月21日

ホームページ制作時に検索対策も講じておくことが大切

ホームページ制作後に必要な検索対策
どんなに凝った作りのホームページでも、見る人がいなければ意味がありません。個人のホームページでもそうですが、企業やお店のホームページとなるとなおさらでしょう。そこで、ホームページ制作で考えなければならないのが、検索対策です。

ネット上には無数のホームページがあります。目当てのホームページに直接アクセスすることもありますが、関心のあるワードで検索してヒットしたページを見るという使い方をするユーザーも多数です。ホームページ制作では、そういうユーザーをいかに呼び込むかを考えなければなりません。その対策が検索対策なのですが、要は、特定のキーワードで検索された時に自社のホームページをなるべく上位に表示させるようにすることを言います。

有効な検索対策とは
どのようにユーザー検索への対策を講じるのかについて、いろいろな考え方がありますが、いずれにせよホームページ制作時にすでに念頭に置いて対策を進めることが大切です。どのような内容のホームページにするかによって、そのコンテンツもそこに含まれるキーワードも変わってきます。

なお、どんなワードでも良いわけではなく、検索によく使用される人気のキーワードを選ぶことが大切です。つまり、検索されやすいキーワードを効果的に使ってホームページを制作することが、上位表示を狙いやすい効果的な対策と言えるでしょう。

ホームページに掲載するコンテンツは完成後もどんどん追加できますし、既存の記事をリライトすることも可能です。しかし、後からキーワードだけ調整しようとしても、かける時間と労力ほどの効果はなかなか得られるものではありません。根本から作り直さなければ、ホームページの質を保ったまま検索されやすくするのは難しいからです。したがって、ホームページ制作の企画段階から、検索対策を講じることをおすすめします。

こういう対策をSEO対策と言いますが、SEO対策は専門的な知識も必要なので、初心者の方だと難しい場合もあります。そういう場合は、SEO対策にも強いホームページ制作会社に外注してみてはいかがでしょうか。

スタッフブログ|2022年04月20日

ホームページ制作が終わりではない!運用の重要性

ホームページ制作後の運用こそが大切
今ではかなり多くの企業や店舗が自社のホームページを持っています。そのため、まだ自社のホームページがないという場合、「我が社も早急にホームページを作らねば」と焦りを感じているのではないでしょうか。しかし、注意しておかなければならないのが、ホームページ制作が終わりではないこと、制作後の運用こそが大切だということです。

どんなに見栄えが良くても、ホームページ制作後に放置していては、売上アップなど見込めません。なまじ放置されたホームページがあることで、かえって「自社ホームページも運用できない企業」という悪いイメージを与えてしまうことがあるのです。

ホームページの運用とは
では、制作したホームページはどのように運用していけばよいのでしょうか。さまざまな方法が考えられますが、何より大切なのが更新頻度です。たとえ有益な情報を掲載していたとしても、最終更新日が10年前だとしたらユーザーはどう感じるでしょうか。やはり、放置されたホームページとしてネガティブなイメージを抱いてしまいます。内容の質も大切ですが、なるべく頻繁に更新して最新の情報をユーザーに提供することを第一に考えてください。

これは、内容自体に変更がなくてもできることです。削除やリライトだけでも更新になります。たとえば時間が経って古い印象を与える表現がある場合など、その部分を削除したり別の表現に置き換えたりして、ホームページは常に整備するようにします。

ホームページの運用には、トラブル時の対応も含まれます。制作当初は問題がなくても、時間が経つと閲覧できない事態が生じるなどということはよくあるものです。商品ページなどにもし不具合が生じると、その影響は売上に直結します。トラブルの予防策を立てるとともに、常に監視下に置いてトラブル時に即座に対応できるようにしておきましょう。

ホームページ制作会社に運用を任せられる
とはいえ、初めてのホームページではわからないことも多いはずです。社内に詳しい人がいないこともあるでしょう。そういう場合は、専門のホームページ制作会社に運用も含めて依頼してはいかがでしょうか。

スタッフブログ|2022年04月19日

ホームページ制作とシステム開発は同じ業者へ外注するのがオススメ

ホームページ制作とシステム開発は異なる作業
ホームページ制作とシステム開発について、違いがよく分からないという人は少なくありません。ホームページ制作とは、一般的にWeb上でユーザーが閲覧するホームページのデザインやコンテンツの作成を主に行うもので、プログラミングのスキルや知識に関しては、それほど高いレベルが求められません。

一方のシステム開発においては、ユーザーに与える印象などは優先度は高くなく、それよりもシステムの外部・内部設計をしたり、プログラミングによって全体的なシステムを構築するという作業を行います。デザイン的な要素は少なく、高いプログラミングが求められますし、システム開発が正常に機能しなければ、いくら高品質のホームページ制作をしても、ユーザーの目に留まることはありません。

どちらも外注は可能
これからホームページ制作をしようと考えている企業にとっては、ホームページ制作だけではなくシステム開発についても構築が必要となるケースは多いものです。その場合には、ホームページ制作とシステム開発をまとめて依頼できる外注先を探すのがおすすめです。その理由は、ワンストップで対応してくれる業者の方が、運用の際には窓口が一つとなるので便利だからです。特に社内にITに関する専門知識を持つ人材がいない場合には、不具合が起こってもシステムの問題なのかWeb関連の問題なのか判別できなかったり、どこへ連絡すれば良いかが分からずに手間取ってしまう可能性が考えられます。窓口が一つなら、そこへ連絡すればすべて対応してもらえるという安心感があるでしょう。

システム開発を外注するなら長期運用が前提
もしもシステム開発を外注する場合には、5年から10年という長期スパンで運用を任せられる業者を選ぶのが賢明です。システム開発においては、使っているうちに機能を拡張したいなどの希望が出てくることは多いものです。そうしたリクエストにも対応してもらうためには、ただ初期のシステム開発を外注するだけでなく、その運用も含めて任せられる業者が安心です。

スタッフブログ|2022年03月31日

ホームページ制作ではポータルサイトは必要?

ポータルサイトとは?
ポータルサイトとは、ユーザーにとってはホームページの入り口という位置づけで利用されます。大手企業や検索エンジンのランディングページはポータルサイトになっていることが多く、自社情報に加えて天気やローカルマップなど、幅広い情報を提供している点が特徴です。

ポータルサイトには、いくつかの種類があります。検索エンジンのように多種多様な情報を掲載してワンストップで多くの情報が得られるものは、総合型と呼ばれています。その他にも、Web検索をメインとした検索タイプや、ローカルなエリアの情報や天気などをフリーペーパー的に紹介している地域型などがあります。

ポータルサイトはホームページ制作で必要か?
ホームページ制作においては、ポータルサイトは必ずしも必要な存在ではありません。どのようなランディングページを作りたいかによっては、盛り込んだ方がプラスの効果が期待できることはありますが、ホームページ制作の目的や最終的なゴールによっては採用しない方が良いケースもあります。

ただし、一つのホームページ上に多くの情報が掲載されているポータルサイトは、検索エンジンから多くのユーザーが流入する効果が期待できます。そのため、集客を目的としたホームページ制作では、専門分野に関する情報をポータルとして紹介するサイトも多くあります。

ポータルサイトは運用が難しいって本当?
ポータルのサイトと言っても、どんな情報をどのぐらい掲載するかによって、ホームページ制作や運用の難易度は高くなります。自社内にITに関する専門知識を持つ人材がいれば、社内での運用も視野に入れられるでしょう。しかしそうでない場合には、社内での運用は難度が高くなるだけでなく、工数も多くかかります。そのため、ホームページ制作も含めて専門の業者へ外注する方法がおすすめです。

ポータルのサイトを作成する際には、レイアウトやデザインなど細かい部分を緻密に計算した上でホームページ制作をする必要があります。ユーザーの動線をシミュレーションするなど、ユーザーにとって使いやすいサイトの構築が大切です。

スタッフブログ|2022年03月30日

ARCHIVE

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP