牧の牧場 Macky Farm

ランディングページの活用について

ランディングページをご存知でしょうか?
たまに略してLPなどとも呼ばれています。

ホームページでお問合せを増やしたい対象が明確な場合は効果があります。

例えば、下記のようなページになります。
http://koutsujikopro.com/strength/

1ページ内に内容を組み込んで、すぐにお問合せをさせるようなページ構成になります。
お問合せを増やすために、ページデザイン、キャッチコピー、ページ全体の構成が
とても重要になります。

そのため通常のホームページのようにカタログ的に掲載しても意味がありません。

ランディングページを制作するコツは主に以下のようになります。

・このサイトを見た方がドキッとするようなキャッチコピー、場合によっては恐怖心をあおるような内容にします。
・自社の売りを明確に紹介する。具体的な数字があると分かりやすい。
・客観的な数字データ、第三者のお客様の声を紹介する。
・すぐにお問合せできるように電話番号やお問合せフォームはページ内の各所に掲載する。

等々のポイントはあります。

また、せっかくランディングページを作成しても、見てもらわないと効果がありません。
1ページ内には情報が詰まっていますが、複数ページがある訳ではないので、
SEO対策として不利になります。

そのためにネット広告のリスティング広告を行います。
キーワード単位で検索した際に上位表示させる方法です。

リスティング広告は表示されただけでは費用はかかりません。
クリックしたら、1クリックいくらかの費用が必要になります。
1クリックの単価が高い方が上位表示されます。

設定はリアルタイムで行うことができ、月間の予算も決めることができますので
金額範囲内で収まり、それ以上の広告費がかかることもありません。

ランディングページはリスティング広告、場合によっては facebook広告も連動して
表示させるとよいかと思います。

最近ではこのようなホームページから効果をあげるために、どうすれば良いのか
いろいろなお問合せを頂いております。

業種によって、ホームページから効果をあげる手法は異なります。
まずはお気軽にお問合せください。

社長ブログ | 2018年04月11日

効果的なSEO対策とは

ヤフーやグーグルで特定のキーワードで上位表示させるための対策が
SEO対策と言われています。

検索結果の上部のネット広告枠は、広告費を払えば表示されますが、
毎年、広告費が高騰しています。
「不動産」「英会話」など1クリック3,000円以上のキーワードもあります。

それよりも広告枠の下の自然検索で上位化すればコストもかかりません。

SEO対策の重要性の調査結果として

・自然検索の上位3位まではアクセスした方の約40%を超えるクリック率があり、
 1位はアクセスした19.35%がクリックすると言われています。

逆に

・2ページ目以降のクリックは1~2%
 3ページ目以降はなんと1%以下・・・。

そのため、少なくも1ページ目に表示されなければ、
ホームページとしての存在価値はないに等しくなります。

では自然検索で上位化するにはどうすればよいのでしょうか。
3つの根拠があると言われています。

1)内部対策

・ホームページの制作の方法。ヤフーやグーグルから検索されやすい
 ようなホームページの組み方にあわせる。画像とテキストのバランス等々
 
・テキストを増やし、ページ記事としての質、テーマ性があっている

・ある程度のページボリュームが必要。10ページでは少ない。
 100ページ、1000ページとボリュームがあるホームページは
 良いサイトとしてヤフーやグーグルに認識されやすい

2)外部対策

・外部からそのホームページにリンクされている数

・ブックマークされている数

・SNSでの記事投稿、リンク数

・プレスリリースされているか 等々

3)ドメインの年齢

・ドメインを取得した年数が古い方がよいホームページとして認識される

この中で、最近の傾向として1)の内部対策が重要視されています。

特にページ数がある程度ないと、SEO対策として不十分です。
ブログの記事を書くだけでも効果があります。

日々、コツコツと書き続けるか、外部のライターに依頼するか、
ページを増やしていくことは効果があります。

弊社のサイトも毎週、誰かしら更新することで、特定のキーワードでは
上位表示しております。日々のページ更新は重要なことです。

ページの追加方法など分からない方はお気軽にお問合せください。

社長ブログ | 2018年03月10日

アンガーマネジメント研修

先日、アンガーマネジメントの研修を受けてきました。
名前を聞いたことのある方もいるかと思います。

最近では仕事が忙しかったり、グローバル化や雇用形態も多種多様に
なっておりストレスが溜まりやすい世の中になっています。
自分でも気が付かないうちにストレスは溜まっているそうです。

アンガーとは日本語だと「怒り」です。
怒りをうまくマネジメントしましょうという趣旨のセミナーでした。

ただ、怒らないことを推奨するのではなく、
怒る必要があることは上手に怒り、
怒る必要のないことは怒らないようにするコントロールしましょう
ということでした。

怒りは人間にとっては必要なことで、
喜怒哀楽にあるように「怒」も人間にとっては必要な感情表現の1つです。
また、怒ることで相手に伝わりやすくなったりします。逆もまたしかりです。
そして怒ることは自分の身を守るための防衛感情だそうです。

問題になる怒りの種類としては、

①一度怒ると止まらない。強く怒りすぎる
②根に持つ。思い出して怒る
③頻度が高く、しょっちゅうイライラ、怒る
④他人を傷つけたり、自分も傷つける。ものにあたる

このような怒りはダメですね。

そのためには問題なるような怒りをしないように自分を改善する。
つまりは怒りをためないように自分自身をリラックスさせたり、
ストレス発散のために趣味に没頭することも良いそうです。

怒りが起こった場合に下記のように対策すると良いそうです。

①怒りの感情でカッとなるピークは6秒ぐらい。それまでじっとしている。
②今までの人生で一番怒れたことを10とするとどのぐらいか。
 普通のイライラは1~3程度の怒りぐらいで収まるそうです。

また、そもそもの怒る理由ですが、
自分の中にある「べき」ということが問題のようです。
いわゆる現実と理想のギャップです。

この「べき」をなくすために、自分の人間としての器を大きくしていくこと。
あまり自分のこり固まった判断だけでなく、相手の気持ちも考えて認めることも
重要だと感じました。日々日常で活かしていければと思います。

社長ブログ | 2018年02月22日

ホームページに集客するためには

先日のブログで、ホームページからの反応が少ない場合、
まずは今のアクセス状況を調べることが大事であると書かせて頂きました。

自社ホームページの課題を明確して、競合サイトの分析をしっかり行い、
顧客ニーズをしっかり分析する。なかなか自社だけでは、見つかりづらい部分に
なりますので、外部に委託することもよいかと思います。

上記の分析が終わってから、ホームページにアクセスをいかに集めるかが
集客対策となります。特にどのような検索キーワードで集客するのかが大事です。

キーワードが確定したら、主に下記の集客対策をご検討ください。

1)SEO対策 ※Yahoo!やGoogleで検索して上位に表示される

 <メリット>
 ・無料で宣伝できる
 ・検索で上位化されれば、費用対効果は絶大

 <デメリット>
 ・複数のキーワードので上位化は難しい
 ・確実に上位表示させることができない
 ・上位化まで時間がかかることが多い

2)リスティング広告 ※Yahoo!やGoogleで検索して上位の広告枠に表示

 <メリット>
 ・1クリックの単価を上げれば、表示されやすい
 ・複数のキーワードでも表示される
 ・月額の上限費用を決めて始めることもできる

 <デメリット>
 ・人気のあるキーワードでの上位化は1クリックの単価が高い
 ・年々費用が高くなる傾向にある
 ・管理が複雑である

3)ディスプレイ広告 ※Yahoo!やGoogleと提携しているサイトにバナー表示

 <メリット>
 ・幅広い顧客に宣伝することができる
 ・一度、アクセスした方にも再度、宣伝することができる

 <デメリット>
 ・かなり幅広く表示されるため、すぐに効果が出るとはいえない
 
4)Facebook広告 

 <メリット>
 ・ターゲットをかなり細かく指定できる(例 愛知県在住の20代、男性で車に興味あり)
 ・月額の上限費用を決めて始めることもできる

 <デメリット>
 ・対象がFacebook広告内に絞られる。
 ・登録している年齢層が高め。
 
どのようなキーワードや対象によって広告先もよくよく検討する必要があります。
ホームページも集客しないと全く意味がありません。

この機会にホームページの集客についても一度、ご検討してみてはいかがでしょうか?

社長ブログ | 2018年02月09日

ホームページで成果を上げるには

ホームページで成果を上げるためにはどうするのかと
聞かれるケースが増えてきました。

単純にアクセス数を増やせばよいと考えている方も多いようですが、
今のホームページのままアクセス数を増やしても効果がでるとは限りません。

まずはしっかりと自社ホームページを分析する必要があります。
その際には下記の3つが重要だと言われています。

1)自社ホームページの分析

グーグルアナリティクスで、現状のホームページがどのように
アクセスされているのか詳細に調べてみてください。
場合によっては、Page Analytics等もインストールして
TOPページからの導線を調べてみてください。
どのメニュー、どのバナーがよくクリックされているのかわかります。

また、離脱率も重要です。
一般的には40%以下であれば、業種によりますが優秀なサイトです。
ホームページに来てすぐに別ページに移動してしまう場合、来ているキーワードと
マッチしていないのが原因かもしれません。何が原因かよくよく調査してください。

2)競合ホームページの分析

競合サイトを調査することも大事です。
ネット上では、会社の規模も大事ですが、ホームページ上の表現だけで
お問合せや売上が大きく変わります。
他社がちょっと値段下げただけでも、50%も売上が下がってしまうケースもあります。

他社のホームページの見せ方や内容、価格帯までよくよくチェックしてください。
客観的に見て、これなら自社から購入してくれると自信を持って言えるような
内容に変更してください。

3)世の中の顧客ニーズの分析

テレビや雑誌などの世の中のニーズを分析をするのも大事ですが、
ネット上でどのようなキーワードがよく検索されているのか調べることも重要です。

下記のサイトで、検索した関連キーワードやグーグルやヤフーでの検索件数が分かります。
aramakijake.jp

例えば、マンションであれば少し前までは「リフォーム」の検索キーワードが多かったですが、
最近では「リノベーション」というキーワードも増えています。

よく検索されているキーワードの内容によっては、ホームページの内容も変更することも
必要になってきます。

ホームページからのお問合せがまだまだ少ない方は、何か問題なのかご提案できる
ケースも多々あります。まずは、お気軽にラクーの無料出張コンサルティングをご利用くださいませ。

社長ブログ | 2018年01月25日

シリコンバレーに行ってきました。

12月中旬にシリコンバレーに行ってきまいた。
サンフランシスコにあるシリコンバレーには、Apple、Google、Facebookなどの
IT企業の本社が多く存在します。

そのせいか物価が異常に高く、普通の1LDKのマンションの1ヵ月の家賃が30万程度
かかるそうです。サンフランシスコ内で大きな会議があるとホテルの宿泊費が高騰して、
普通のシングルルームでも1泊10万円にもなるそうです。。。

日本で年収1000万もあれば、高所得者になるでしょうが、サンフランシスコでは低所得層に
なってしまうそうです。上記の大手IT企業の年収が3000万近くあり、物価が高くても払える構図が
できあがっているようです。

いろいろと回ってきましたが、Appleの新社屋はまだ完成しておりませんでしたが、
総工費50億ドル(日本円で約5,600億円)で宇宙船のような外観でした。
周りにビルなどはなく、突如して現れたような感じです。
1213〜14San Francisc_171222_0060

2キロ程の近くに現在のAppleの本社があり、1回にAppleショップもありました。
ここでしか売っていない限定品のマグカップやペンが売られておりました。

1213〜14San Francisc_171222_00591213〜14San Francisc_171222_0058

また、アメリカの移動はウーバーかリフトのアプリでタクシーを呼びましたが非常に便利でした。
アプリ上で行先を指定すれば、あとはタクシーが来てくれます。マップ上で今どこにいるのかもわかります。
支払いは最初のタクシーを呼ぶ段階で確定しており、カード決済で処理されるので、ほとんど会話する必要も
ありません。英語が苦手な人には良いですね。ウーバーもサンフランシスコが拠点の会社です。
日本での導入はまだまだ難しいでしょうが、台湾やタイでも利用できるとのことで、これからの
移動に使ってみたいと思いました。

近くにはオックスフォード大学もあり、行ってきました。
日本の大学と違い本当に広大な敷地でした。建物にも歴史があります。
アメリカの大学は日本と違って入学はしやすいが、卒業するのが大変といわれます。
ただ、このような自然豊かな環境でのびのびと勉強をすることで、豊かな発想が身について
シリコンバレーのIT企業が生まれれたように感じました。

1213〜14San Francisc_171222_00231213〜14San Francisc_171222_0015

1213〜14San Francisc_171222_00011213〜14San Francisc_171222_0020

日本にだけいるとどうしても頭が固くなってしまいます。
シリコンバレーでは日夜いろいろなサービスが立ち上がっては消えているそうです。
ただ、そのようなチャレンジ精神がなければ、新しいサービスも生まれません。
いろいろと刺激を受けた研修になりました。

社長ブログ | 2017年12月22日

企業ブランディングとは

ホームページを制作する際に、既存のパンフレットや他社を参考に
なんとなく資料を集めて制作しても、効果的なホームページになるとは言えません。

まずは、ホームページを制作する目的を明確にすることから始めます。
その際に、本当に売上アップだけが目的なのか、中長期的に本当はどうしたいのか
明確にすると良いでしょう。

なかなか自社を客観的に分析することはできません。
現状の課題を分析し、理想的な会社にするためにはどうするのか、場合によっては
外部のコンサルタントを入れて協議することも必要です。

自社の強みを明確にし、社会から何を求められているのか。
場合によっては社員も巻き込むことで、経営陣の想いを現場に浸透させるツールにもなります。
社員にとっても自社を深く考えるきっかけとなり、会社の方向性を一致させることで
両者の歯車もかみ合ってきます。

会社としてのビジョンや目的を明確にし、それらを社員に伝えるためのクレド(理念)を
明確にするとよいでしょう。会社の理念や存在意義を踏まえて、会社のロゴやパンフレット、
ホームページへ展開した方が、より社会にメッセージとして伝わります。
それらがブレがなく、一直線につながっていることが大事なことになります。

ラクーではそのようなお手伝いもしております。提携しているブランドコンサルタントもいます。
まずはお気軽にご相談くださいませ。

社長ブログ | 2017年12月08日

Web&デジタルマーケティングEXPOに行ってきました。

1

東京での打ち合わせの帰りに、幕張メッセで開催されていました
Web&デジタルマーケティングEXPOに行ってきました。
今年の5月にも東京ビックサイトで開かれており、毎年見に行くようにしております。

2 5

Webを活用したマーケティングということで、最近話題のAIやビックデータ、
IoTなど今話題のトレンドを使った出展もいろいろとありました。
ざっと周るだけでも、現在のトレンドが少し理解できるように思います。
実用段階のサービスもありましたが、まだまだこれからといった感じです。
一般消費者向けへのサービスにはまだ少し時間がかかりそうです。

3 6

50言語以上に対応している双方向翻訳機もあり、ドラえもんのほんやくコンニャクの
ようなサービスもあり、このようなアプリが実現されれば外国語を学ぶ必要もなくなり
国際化がもっと進むように思いました。

Webを活用したいろいろなサービスの中で、成果報酬型のサービスもいくつかあり、
取り組みやすく効果的なサービスは随時ご紹介していきたいと思います。
ホームページとこのようなWebサービスをうまく活用して、企業の売上アップ、
ブランドイメージのアップ、業務効率化に貢献ができれば幸いです。

社長ブログ | 2017年11月10日

企業(BtoB)向けホームページの活用方法について

企業向けのホームページを立ち上げる目的はいくつかあると思います。

新規の会社設立であれば、ひとまずはホームページぐらいはなくてはいけない、
パンフレット代わりのホームページもあります。

また、既存の取引先があるからホームページからお客様を獲得する必要はありませんが、
リクルート対策で制作するケースも増えています。

上記以外では、やはりホームページから企業の取引先を増やすことが一番の目的に
考えられているケースも多いように思います。

その際に簡単に見込み客を増やす施策を2つご紹介します。

★ お問合せ方法をいくつか用意する

ホームページからお問合せをさせるために、お問合せフォームや資料請求フォーム等を
設置するは一般的な方法です。

その際に1つのフォームしか設置してはいないでしょうか?

弊社のラクーのホームページでは、3つのフォームを設置しております。

・資料請求フォーム
・お問合せフォーム
・無料出張コンサルのフォーム

最近、無料出張コンサルのお問合せフォームを新しく設置しました。
それにより、すぐにでも相談したいお客様を取り込んでおります。

また、全てのフォームにご要望もお聞きする項目も追加して、どのような目的でお問合せを
しているか把握できるようにしました。電話や打ち合わせの際にスムーズに本題にいける
ようになりました。ちょっとしたことですが、フォームの内容も見直すことで、
ネットからの反響やその後対応もスムーズにいくようになります。

近い将来、資料請求は郵送で送付するのではなく、その場ですぐに目的の資料を
ダウンロードできる形式に変更する予定です。ネットの場合、その場ですぐに詳細を
確認されたいお客様も見えます。よりお問合せが増える施策になります。

業種によって、いろいろな種類のフォームがご用意できるかと思います。
なるべく多くのお問合せフォームをご用意ください。

★ 企業(BtoB)向けのアクセス解析を設置

ホームページをオープン後、どの企業からアクセスがあるのか気になるものです。
実際にどの企業からのアクセスがあるのか分かるサービスもあります。

それが Bow Now(バウナウ) のサービスになります。
https://bow-now.jp/lp/

上記のサービスを使うと約17万社以上の企業のIP情報が登録されておりますので、
主要な企業からのアクセスした企業名が随時把握できます。
そしてその企業からアクセスした方が、どんなページを見ているのかまで、
詳細に把握することが可能なシステムです。

また、メールマガジンを配信している企業であれば、送り先のメールが開封されているのか、
そのメールからどの記事のアドレスをクリックしているのかまで分かります。
見込み客がどのような情報に興味をもっているのか一目瞭然で把握することができます。
顧客情報も一覧で管理できるため、見込み客情報を一元管理することも可能です。

以前はこのようなシステムを導入するとなると初期で数千万円のコストが必要でした。
最近は数千円から利用できます。こちらのサービスは1ヵ月間だけのログをとるサービス
であれば無償でご利用できます。
試しに導入してみてはいかがでしょうか?

プロの目から見て、最近のホームページの状況や話題のITサービスなどを
業種別にご提案をさせて頂いております。

何かご質問等がございましたら、ラクーまでお気軽にお問合せください。

社長ブログ | 2017年10月30日

事務仕事を数値化し、業務の効率化を達成!

日の中日新聞の記事で、トヨタ系プレス部品メーカーの豊田鉄工さんが
事務営業部門にある約8,000ある業務を時間に換算し、これを下げることで
残業時間が平均2割ほど短縮されたそうです。

製造関連のお仕事ではないですが、事務作業の時間管理を徹底していることは
新しい取り組みだと思います。

営業会議の書類作成は1回60分以内で行う、
電話の取次ぎは1回30秒、メール確認は2分と徹底しているそうです。
メールの返信時間等もしっかり管理されています。

豊田鉄工さんは事務作業をしている600人全員がこの対象になっているそうで、
その効果は目に見えているそうです。

普段何気なく意識していないと時間はドンドンと過ぎていきます。
なかなか中小企業でここまでの対策は難しいですが、普段行っている業務で
無駄な作業は極力減らしていきたいものです。

そのために各種ITツールを導入するも効果的です。
こんなことで困っている、こんなことはできないかなぁといったレベルでも
大丈夫です。お気軽にご相談くださいませ。

社長ブログ | 2017年10月11日

ホームページ運用相談作成依頼はこちらから

0120-982-419

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP