メールでのお問い合わせはこちらご相談・お問い合わせ
牧の牧場 Macky Farm

デザイン経営とは?

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

今年は元号も「平成」から変わることもあり、何か新しいことにチャレンジしよう
と思っている方が例年より多いように思います。

最近の経営キーワードで「デザイン経営」があります。

経済産業省・特許庁が、国内企業の経営者向けに、これからの時代の経営に対する
デザインの重要性を説くことを政策提言として発表しています。

詳細は下記のアドレスにてご確認ください。
http://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180523002/20180523002-1.pdf

つまりは「ブランド力向上+イノベーション力向上」させることが
「企業競争力の向上」に繋がります。

この肝は、ブランド力とイノベーション力の両方を同時に向上させることが
重要だと言われています。

上記の提言の中に、日本が人口・労働力が減少になることが目に見えていて、
一時は良かった大手企業も世界のメイン市場からの地位を失っている。
さらに第4次産業革命により、あらゆる産業が新技術の荒波を受けています。

そこで生き残るためには、顧客から真に必要とされる存在にならなくてならない。
そのような中、規模の大小を問わずに、世界の有力企業が戦略の中心にしているのが
デザインだそうです。

一方、日本では経営者がデザインを有効な経営手段と認識しておらず、
グローバル競争環境での弱みになっているそうです。

ここでいうデザインは、企業が大切にしている価値や、それを実現しようとする
営みだそうです。個々の製品の外見を好感度に高いものにするだけではなく、
顧客が企業と接点を持つあらゆる体験に、その価値や意志を徹底させていくこと。
それが一貫したメッセージとして伝わることで、他の企業では替わることができないと
顧客が思うことがその企業の「ブランド価値」が生まれることになります。

更にデザインはイノベーションを実現する力にもなります。
このようなデザインを活用した経営手法を「デザイン経営」と呼ぶそうです。

ラクーとしても、年を明けて企業ホームページを全面リニューアルしました。
http://racoo.co.jp/

以前のホームページは、どちらかと言うとかっこいいデザイン重視のホームページでしたが、
社内で2~3ヵ月程しっかり揉んで、会社としてのミッションや理念等を明確に打ち出した
ホームページに差し替えました。

ホームページのデザインテイストも分かり易さを大事に、シンプルなものにしております。

今後、会社としてより成長するために何名か採用する予定です。
リクルートの際にも企業ホームページからのメッセージがしっかりしていると
求職者にもその企業が何を求めるいるのか明確に分かります。
企業理念にあうような方が集まりやすいかと思います。

今年はラクーとしてもデザイン経営を元に各種提案を行っていければと
思っております。今後ともどうぞよろしくお願いします。

社長ブログ | 2019年01月16日

新たなコンセプトのリアル店舗「Amazon 4-star」

先週1週間程、アメリカ研修に行ってきました。

ニューヨークに出来た「Amazon 4-star」も見てきました。
まだ、オープンしたばかりでこれからというところです。

Amazon.comの顧客評価で星4つ以上の高評価を獲得した商品やベストセラー、
話題になっている新商品を取りそろえたのがこの店舗です。

正直、日本人の感覚からするとこれが売れているのと思う商品ばかりでした。
アメリカの小売業はAmazonの一人勝ちで、国土も広いこともありますが、
近くのショッピングセンターに行くよりも、ネットで頼んで配達までしてくれる
Amazonの方が便利で支持されています。

そのためアメリカのショッピングモールは激減しており、今後もこの流れが
続くようです。

日本でも小売店自体が見直されています。
確かにアマゾンで評価の高い商品ばかりが並んでいるお店は、それだけで魅力的です。

アメリカで成功すれば日本にも導入されるでしょう。
小売店にとっては脅威だと思います。
Amazonはいろいろなサービスを展開しており、今後の動向をよくよく見なくては
いけない企業の一つですね。

社長ブログ | 2018年12月26日

3兆円売ったアリババ「独身の日」裏にAIデザイナー

先日、日経電子版で衝撃の記事がありました。
『3兆円売ったアリババ「独身の日」裏にAIデザイナー』
出典:日本経済新聞電子版

デザインもAIで作成できる時代になりました。

正直、デザインはAIでは難しいと思っていましたが、
いろんなデザインを作成して、その中から反響が良いものだけを
残すことはAIでの処理が得意とすることです。

日経の概要は以下の通りです。一部を抜粋しています。

・バナー・ポスターなどを自動的に作成するAIデザイナーが存在
・1秒間で8000件のデザインを完遂可能。独身の日に4.1億件を作成
・デザインに必要なパーツ・スタイル・サイズなどを入力するだけ
・深層学習・強化学習を繰り返し成果を上げていく

また、今年の夏にアリババが「AIコピーライター」も開発済みとのこと。
1秒間に2万行の広告フレーズ(キャッチコピー)を生成できます。

これからのAIデザイナー、AIコピーライターを活用すれば、
ネット広告での効果が上がってくるでしょう。

ただ、AIも流石に0から1を創るようなコンテンツを考えることは、
まだまだ難しいように思います。

できたものをどう効果的に見せるかの領域は、今後はAI化が進んでくるでしょうね。
AIをうまく活用できる領域は、AIをうまく活用すれば良いと思います。

ただ、全員が全員、AIを使うと同じようなコピーライトやデザインが
溢れてしまい、それはそれで微妙でしょうね。。。

社長ブログ | 2018年12月14日

WordPressの活用について

ラクーのホームページ制作は基本的にWordPressを設置しております。
WordPressを設置することで、多くのメリットがあります。

WordPressのセキュリティの脆弱性を気にされる方がいますが、
弊社で1,000社以上のホームページを作成させて頂いて、セキュリティで何か問題に
なったことは今のところありません。

そもそも「WordPressとは何か」って疑問からですが、
WordPressは世界一、使われているCMS(コンテンツマネージメントシステム)です。
ホームページを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、
サイトを構築したり編集したりするソフトのことです。

有名な企業のサイトでは、クックパッド、The Japan Times、東京大学、博報堂などの
ホームページでも使われております。

では、WordPressのメリット・デメリットは何でしょうか?

<メリット>

・自社で更新ができる
・テンプレートが豊富
・SEO対策に優れている
・デザインのカスタマイズが自由にできる
・プラグインが豊富で簡単なプログラムを知識なく実装できる

<デメリット>

・WordPressのセキュリティの脆弱性がある場合ある
※バージョンアップで回避できる
・ページのボリュームがかなり多い場合、表示が遅くなる場合もある

デメリットよりもメリットのが多くあります。

特にラクーでは、WordPressを活用したWebシステム構築を多数手がけております。
通常はPHP等で1から構築しますが、WordPressを活用することで工数が少なくなり、
比較的安価にWebシステムを構築することができます。

ポータルサイトのようなホームページもWordPressの機能を使って構築できます。
お気軽にお問合せください。

社長ブログ | 2018年12月04日

情報発信の重要性について

アクセスして頂きありがとうございます。ラクーの牧です。

弊社のお客様に対して、ブログで情報発信をしていきましょうとご提案しながら、
なかなか自分のブログでの情報発信が億劫になっていました。

以前のように少しづつ復活していきたいと思います。
ブログでの情報発信は、サイトのSEO対策の一環でもあります。
ブログを書くことでサイトとしてのページ数増えていきます。

よくアメブロ等で情報発信をされている方もいますが、自社サイトと同じ
アドレス(URL)で発信しないとサイトのSEO対策としては効果がありません。

同じアドレスだからこそ、プログで発信するとページ数も増えていきます。
グーグル等の検索エンジンが上位にあげる基準の一つして、サイトのボリュームがあります。
ある程度のページ数のボリュームがないと、なかなか上位表示されません。

単純にSEO対策目的であれば、外注でゴーストライターに記事を格安に
依頼できる会社もたくさんあります。ご検討してみてはどうでしょうか?

また、それ以外に他社との差別化、リクルート対策の一環として、
ブログで情報発信することも重要になっています。

プログを発信してマイナスなことを危惧される方もいらっしゃるかもしれませんが、
サイバーエージェントの藤田社長は、炎上してもSNSでの配信をやめないことの記事を書かれています。

https://news.line.me/list/oa-president/3edb75c2d073/cdcc2b373cd5?utm_source=OA_digest_oa-president&utm_medium=201810201204&utm_campaign=none

その中で、藤田社長は、
「発信をしないと影響力を持てない。それはもう間違いないので、基本的には若い経営者や、
これから名を上げたい人は、どんどん発信をしないといけないと思います」

と書かれています。

確かに数年前に自分の社長のブログを頻繁に更新していたときは、
打ち合わせ先で話題になったり、共感したことなど言われたりしました。

発信しないと影響を持てないというのは、こちらから与えることをしないと
相手からも与えられないことと一緒のように思います。

特に士業やコンサルタント的なことをやる職種はこれからは必須です。
情報発信をしていかないと死活問題になるように感じます。

Facebookやツイッター、LINEなどのSNSで情報を気軽に発信できる時代になりました。
うまく活用して頂ければと思います。
お読み頂きありがとうございました。

社長ブログ | 2018年11月27日

ランディングページの活用について

ランディングページをご存知でしょうか?
たまに略してLPなどとも呼ばれています。

ホームページでお問合せを増やしたい対象が明確な場合は効果があります。

例えば、下記のようなページになります。
http://koutsujikopro.com/strength/

1ページ内に内容を組み込んで、すぐにお問合せをさせるようなページ構成になります。
お問合せを増やすために、ページデザイン、キャッチコピー、ページ全体の構成が
とても重要になります。

そのため通常のホームページのようにカタログ的に掲載しても意味がありません。

ランディングページを制作するコツは主に以下のようになります。

・このサイトを見た方がドキッとするようなキャッチコピー、場合によっては恐怖心をあおるような内容にします。
・自社の売りを明確に紹介する。具体的な数字があると分かりやすい。
・客観的な数字データ、第三者のお客様の声を紹介する。
・すぐにお問合せできるように電話番号やお問合せフォームはページ内の各所に掲載する。

等々のポイントはあります。

また、せっかくランディングページを作成しても、見てもらわないと効果がありません。
1ページ内には情報が詰まっていますが、複数ページがある訳ではないので、
SEO対策として不利になります。

そのためにネット広告のリスティング広告を行います。
キーワード単位で検索した際に上位表示させる方法です。

リスティング広告は表示されただけでは費用はかかりません。
クリックしたら、1クリックいくらかの費用が必要になります。
1クリックの単価が高い方が上位表示されます。

設定はリアルタイムで行うことができ、月間の予算も決めることができますので
金額範囲内で収まり、それ以上の広告費がかかることもありません。

ランディングページはリスティング広告、場合によっては facebook広告も連動して
表示させるとよいかと思います。

最近ではこのようなホームページから効果をあげるために、どうすれば良いのか
いろいろなお問合せを頂いております。

業種によって、ホームページから効果をあげる手法は異なります。
まずはお気軽にお問合せください。

社長ブログ | 2018年04月11日

効果的なSEO対策とは

ヤフーやグーグルで特定のキーワードで上位表示させるための対策が
SEO対策と言われています。

検索結果の上部のネット広告枠は、広告費を払えば表示されますが、
毎年、広告費が高騰しています。
「不動産」「英会話」など1クリック3,000円以上のキーワードもあります。

それよりも広告枠の下の自然検索で上位化すればコストもかかりません。

SEO対策の重要性の調査結果として

・自然検索の上位3位まではアクセスした方の約40%を超えるクリック率があり、
 1位はアクセスした19.35%がクリックすると言われています。

逆に

・2ページ目以降のクリックは1~2%
 3ページ目以降はなんと1%以下・・・。

そのため、少なくも1ページ目に表示されなければ、
ホームページとしての存在価値はないに等しくなります。

では自然検索で上位化するにはどうすればよいのでしょうか。
3つの根拠があると言われています。

1)内部対策

・ホームページの制作の方法。ヤフーやグーグルから検索されやすい
 ようなホームページの組み方にあわせる。画像とテキストのバランス等々
 
・テキストを増やし、ページ記事としての質、テーマ性があっている

・ある程度のページボリュームが必要。10ページでは少ない。
 100ページ、1000ページとボリュームがあるホームページは
 良いサイトとしてヤフーやグーグルに認識されやすい

2)外部対策

・外部からそのホームページにリンクされている数

・ブックマークされている数

・SNSでの記事投稿、リンク数

・プレスリリースされているか 等々

3)ドメインの年齢

・ドメインを取得した年数が古い方がよいホームページとして認識される

この中で、最近の傾向として1)の内部対策が重要視されています。

特にページ数がある程度ないと、SEO対策として不十分です。
ブログの記事を書くだけでも効果があります。

日々、コツコツと書き続けるか、外部のライターに依頼するか、
ページを増やしていくことは効果があります。

弊社のサイトも毎週、誰かしら更新することで、特定のキーワードでは
上位表示しております。日々のページ更新は重要なことです。

ページの追加方法など分からない方はお気軽にお問合せください。

社長ブログ | 2018年03月10日

アンガーマネジメント研修

先日、アンガーマネジメントの研修を受けてきました。
名前を聞いたことのある方もいるかと思います。

最近では仕事が忙しかったり、グローバル化や雇用形態も多種多様に
なっておりストレスが溜まりやすい世の中になっています。
自分でも気が付かないうちにストレスは溜まっているそうです。

アンガーとは日本語だと「怒り」です。
怒りをうまくマネジメントしましょうという趣旨のセミナーでした。

ただ、怒らないことを推奨するのではなく、
怒る必要があることは上手に怒り、
怒る必要のないことは怒らないようにするコントロールしましょう
ということでした。

怒りは人間にとっては必要なことで、
喜怒哀楽にあるように「怒」も人間にとっては必要な感情表現の1つです。
また、怒ることで相手に伝わりやすくなったりします。逆もまたしかりです。
そして怒ることは自分の身を守るための防衛感情だそうです。

問題になる怒りの種類としては、

①一度怒ると止まらない。強く怒りすぎる
②根に持つ。思い出して怒る
③頻度が高く、しょっちゅうイライラ、怒る
④他人を傷つけたり、自分も傷つける。ものにあたる

このような怒りはダメですね。

そのためには問題なるような怒りをしないように自分を改善する。
つまりは怒りをためないように自分自身をリラックスさせたり、
ストレス発散のために趣味に没頭することも良いそうです。

怒りが起こった場合に下記のように対策すると良いそうです。

①怒りの感情でカッとなるピークは6秒ぐらい。それまでじっとしている。
②今までの人生で一番怒れたことを10とするとどのぐらいか。
 普通のイライラは1~3程度の怒りぐらいで収まるそうです。

また、そもそもの怒る理由ですが、
自分の中にある「べき」ということが問題のようです。
いわゆる現実と理想のギャップです。

この「べき」をなくすために、自分の人間としての器を大きくしていくこと。
あまり自分のこり固まった判断だけでなく、相手の気持ちも考えて認めることも
重要だと感じました。日々日常で活かしていければと思います。

社長ブログ | 2018年02月22日

ホームページに集客するためには

先日のブログで、ホームページからの反応が少ない場合、
まずは今のアクセス状況を調べることが大事であると書かせて頂きました。

自社ホームページの課題を明確して、競合サイトの分析をしっかり行い、
顧客ニーズをしっかり分析する。なかなか自社だけでは、見つかりづらい部分に
なりますので、外部に委託することもよいかと思います。

上記の分析が終わってから、ホームページにアクセスをいかに集めるかが
集客対策となります。特にどのような検索キーワードで集客するのかが大事です。

キーワードが確定したら、主に下記の集客対策をご検討ください。

1)SEO対策 ※Yahoo!やGoogleで検索して上位に表示される

 <メリット>
 ・無料で宣伝できる
 ・検索で上位化されれば、費用対効果は絶大

 <デメリット>
 ・複数のキーワードので上位化は難しい
 ・確実に上位表示させることができない
 ・上位化まで時間がかかることが多い

2)リスティング広告 ※Yahoo!やGoogleで検索して上位の広告枠に表示

 <メリット>
 ・1クリックの単価を上げれば、表示されやすい
 ・複数のキーワードでも表示される
 ・月額の上限費用を決めて始めることもできる

 <デメリット>
 ・人気のあるキーワードでの上位化は1クリックの単価が高い
 ・年々費用が高くなる傾向にある
 ・管理が複雑である

3)ディスプレイ広告 ※Yahoo!やGoogleと提携しているサイトにバナー表示

 <メリット>
 ・幅広い顧客に宣伝することができる
 ・一度、アクセスした方にも再度、宣伝することができる

 <デメリット>
 ・かなり幅広く表示されるため、すぐに効果が出るとはいえない
 
4)Facebook広告 

 <メリット>
 ・ターゲットをかなり細かく指定できる(例 愛知県在住の20代、男性で車に興味あり)
 ・月額の上限費用を決めて始めることもできる

 <デメリット>
 ・対象がFacebook広告内に絞られる。
 ・登録している年齢層が高め。
 
どのようなキーワードや対象によって広告先もよくよく検討する必要があります。
ホームページも集客しないと全く意味がありません。

この機会にホームページの集客についても一度、ご検討してみてはいかがでしょうか?

社長ブログ | 2018年02月09日

ホームページで成果を上げるには

ホームページで成果を上げるためにはどうするのかと
聞かれるケースが増えてきました。

単純にアクセス数を増やせばよいと考えている方も多いようですが、
今のホームページのままアクセス数を増やしても効果がでるとは限りません。

まずはしっかりと自社ホームページを分析する必要があります。
その際には下記の3つが重要だと言われています。

1)自社ホームページの分析

グーグルアナリティクスで、現状のホームページがどのように
アクセスされているのか詳細に調べてみてください。
場合によっては、Page Analytics等もインストールして
TOPページからの導線を調べてみてください。
どのメニュー、どのバナーがよくクリックされているのかわかります。

また、離脱率も重要です。
一般的には40%以下であれば、業種によりますが優秀なサイトです。
ホームページに来てすぐに別ページに移動してしまう場合、来ているキーワードと
マッチしていないのが原因かもしれません。何が原因かよくよく調査してください。

2)競合ホームページの分析

競合サイトを調査することも大事です。
ネット上では、会社の規模も大事ですが、ホームページ上の表現だけで
お問合せや売上が大きく変わります。
他社がちょっと値段下げただけでも、50%も売上が下がってしまうケースもあります。

他社のホームページの見せ方や内容、価格帯までよくよくチェックしてください。
客観的に見て、これなら自社から購入してくれると自信を持って言えるような
内容に変更してください。

3)世の中の顧客ニーズの分析

テレビや雑誌などの世の中のニーズを分析をするのも大事ですが、
ネット上でどのようなキーワードがよく検索されているのか調べることも重要です。

下記のサイトで、検索した関連キーワードやグーグルやヤフーでの検索件数が分かります。
aramakijake.jp

例えば、マンションであれば少し前までは「リフォーム」の検索キーワードが多かったですが、
最近では「リノベーション」というキーワードも増えています。

よく検索されているキーワードの内容によっては、ホームページの内容も変更することも
必要になってきます。

ホームページからのお問合せがまだまだ少ない方は、何か問題なのかご提案できる
ケースも多々あります。まずは、お気軽にラクーの無料出張コンサルティングをご利用くださいませ。

社長ブログ | 2018年01月25日

ホームページ運用相談作成依頼はこちらから

0120-982-419

メールマガジン会員募集- E-mail magazine -

ラクーからのメールマガジンの会員を募集しております。
ホームページに関する最新情報や、IT業界の先進事例などを定期的に送信いたします。
ご登録は下記のフォームにメールアドレスを入力して送信するだけとなります。


PAGE TOP